« 川口道場の全国挑戦!! | トップページ | 第5回福井県柔道整復師会会長杯少年柔道大会 »

2015年5月23日 (土)

全国小学生学年別予選を振り返って

ずいぶん更新が遅れてしまいましたが・・・・

5月10日に福井県立武道館で行われた、小学生学年別柔道大会福井県予選を振り返ってみたいと思います。

Dsc_0465


今年の、学年別予選。

川口道場から、6年生男子3人 女子1人 5年生男子5人が参加しました。

この大会は6年生男子は50kgで分かれる2階級、女子は45kg、5年生男子45kg女子40kgでそれぞれ分かれての体重別の大会となっております。

川口道場の子供達の中に、この体重で丁度境界線上に体重がある子が2人いました。

一応、子供達に階級を聞いてみると、2人とも、『上の階級で出たいです!!』

と、言ってきました。

この大会は原則的に減量はしてはならないとなっております。

この子たちの場合、少し食事を控えれば、下の階級で戦うことが可能でした。でも、2人とも上の階級での戦いを希望してきました。

上の階級で出るということは多分、重量級の中で一番軽い体重となると思いますが、それでも上の階級を希望したというチャレンジャー精神がとてもかっこいいと感じました。(ただ、食事制限が嫌なだけだったかもしれないが・・・・coldsweats01

まあ、結果は6年生重量級でケイシが優勝、軽量級でカツキが準優勝、女子重量級でリョウカが3位、5年生重量級でタイガが3位という結果でした。

ケイシは、2連覇を達成しましたが、決勝戦の動きがすごく硬かったです。連戦の疲れもあるのかもしれませんが、今一つ攻めきれませんでした。ライバルのH本君が急激に力をつけてきているということもあるのも間違いありません。

これからの戦いが厳しくなることが予想されますね。

他の子達の戦いも、どこか動きが悪く感じてしまいましたが、そんな中で5年重量級のタイガの戦いが目を引きました。

重量級の中で、たぶん最も小さい選手だったと思います。でも、大きな相手としっかり組合勝負するスタイルはなかなか良いものを感じました。

中でも、敗れた準決勝の戦いは、大柄の選手と組合、技を掛け合うとても面白い試合だったと思います。結果は判定2-1で惜しくも敗れてしまいましたが、今後が期待できるなっとくの内容だったと思います。

以前までは組み手だけの選手というイメージがありましたが、徐々に投げ切ろうとする力がついてきているように思います。あともう一息・・・

理想の柔道を志して頑張ってもらいたい。

こうして、けが人もなく無事大会終了。

全国大会への切符は結局、去年同様ケイシの一人だけでしたが、この大会を目標として努力してきた成果はある程度出ているように思いました。

Dsc_04711


全国大会へ出場するケイシには、皆の模範となるような練習と私生活の態度を期待したいです。

全国大会でもガンバレケイシ!!

この日、北信越ブロックの強化指定選手の発表がありました。光栄なことに川口道場から3名の選手が選ばれました(v^ー゜)ヤッタネ!

Dsc_0466

福井県の代表として、みんなの見本となる行動がとれる柔道家になってもらいたいです。

最後になりましたが、今大会を企画運営してくださった福井県柔道連盟の先生方並びにお手伝いいただいた保護者の皆様本当にありがとうございました。

|

« 川口道場の全国挑戦!! | トップページ | 第5回福井県柔道整復師会会長杯少年柔道大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/60104178

この記事へのトラックバック一覧です: 全国小学生学年別予選を振り返って:

« 川口道場の全国挑戦!! | トップページ | 第5回福井県柔道整復師会会長杯少年柔道大会 »