« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月13日 (金)

6年生最後の大会

先日行われた福井県オープン少年柔道錬成大会。

Dsc_0090


福井県のみならず、富山県、石川県、滋賀県、岐阜県などから沢山の選手が参加してくださり約520人の選手たちが熱い戦いを繰り広げました。

Dsc_0088


この大会は、6年生最後の大会でもあります。今回で最後だと思うとちょっと寂しい気がしますね。

結果は、園児の部でユズハが2位、4年生の部でタイガが2位、5年生の部でケイシが優勝、5・6年女子の部で5年生のリョウカが3位という結果でした。

Dsc_0107


残念ながら6年生の子達は誰も入賞できませんでしたが、最後の大会をしっかりやりきっていましたね!!

今年の6年生は、みんな仲が良く練習以外でも一緒に遊びに行っていたりといつも一緒にいるイメージがあります。

そんな仲の良さが、道場の良い雰囲気に繋がり、厳しい練習でも笑顔で乗り切れていました。

6年生のみんなお疲れ様でした。

そんな6年生がよい雰囲気を作ってくれたおかげで、後輩たちは今大会面白いような成長を見せてくれていました。

4年生のタイガは、小さい身体ながら、大きな相手を組み手で制し勝ち上がっていきました。

決勝では見事にやられてしまいましたが、もう少し攻撃力がついてくるともっと面白い柔道ができると思います。また、敗れはしましたがショウセイが今までにない試合運びを見せてくれてこれまた面白い成長を見せてくれました。

また5年生のケイシはこれで6年連続オール一本勝ちで優勝と安定の試合を見せてくれていました。今回は、
Dsc_0110


今までのように自分から仕掛けてバランスを崩すということがなくなっており、ケンケンで追うこともできていたので大きな成長を感じました。

このような短期間での成長には、6年生のみんなが意識の高い練習をしてくれたからだと思っています。

最後によい結果をあげれませんでしたが、6年生が築き上げてくれた雰囲気は最高だと思います。

皆ありがとう!!

柔道を通じて、本当に色んなことを伝えることが出来ます。伝えるだけでなく学ぶこともとても多いです。

子供達を指導していて、子供達から学ぶことが今でもたくさんあります。

今年度は、特にそういう部分が大きかった年だったと感じました。

そんな子供達に感謝したいです。

今回の試合で感じたことを胸にこれからの練習をビシバシ頑張りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

第8回福井県オープン少年柔道錬成大会

平成27年2月11日(祝水)に福井県立武道館において第8回福井県オープン少年柔道錬成大会が行われました。

園児から6年生まで(男子5年・6年は軽量、重量の二階級、女子は5・6年合同で軽量、重量の二階級)の個人戦の大会で、県内外から約520名の参加者が集まりました。

結果は次の通りです。

園児の部
優勝 石畠 彰人(津沢) 2位 堀 柚葉(川口)
3位 坂井 悠人(坂田) 3位 野川 殊希(柔整)

1年生の部
優勝 松井 叶望(西条) 2位 野川 楓生(柔整)
3位 堀 紗羅葉(坂田) 3位 加藤 理人(県武)

2年生の部
優勝 林 夏生(實心館) 2位 村 一刀斎(窪田)
3位 土合 紫真(柔整) 3位 河崎 蒼(窪田)

3年生の部
優勝 古川 雅人(柔整) 2位 鈴木 魁人(瑞浪) 
3位 倉又 龍心(坂田) 3位 松川 想良(窪田)

4年生の部
優勝 石畠 大誠(津沢) 2位 宗広 泰河(川口)
3位 花澤 真輝(金井) 3位 岡田 ゆうき(総斗会)

5年生軽量の部
優勝 松井 優侍(西条) 2位 伊藤 碩哉(松任)
3位 野中 海斗(坂田) 3位 尾島 俊太(総斗会)

5年生重量の部
優勝 川口 敬志(川口) 2位 北川 剛己(青空)
3位 原田 モリヒロ(越前) 3位 平本 大空(柔整)

6年生軽量の部
優勝 本田 優真(田中) 2位 林 滉輝(實心館)
3位 渕田 基矢(坂田) 3位 大塚 遥人(中能登)

6年生重量の部
優勝 松永 蓮太郎(津沢) 2位 橋高 義人(窪田) 
3位 五十嵐 翔也(金井) 3位 上田 成希(松任)

5・6年女子軽量の部
優勝 中橋 優香(實心館) 2位 橋本 亜香里(金井)
3位 宮本 春菜(松任) 3位 田邉 涼香(川口)

5・6年女子重量の部
優勝 坂口 千桜(柔整) 2位 松井 栄華(西条)
3位 坂田 彩里(坂田) 3位 服部 杏奈(坂井)

という結果でした。

入賞者のみなさんおめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

福井新聞に!!

先日、2月3日の福井新聞に川口道場が紹介されていました。

Dsc_0071


昨年12月に行われた川口道場10周年記念柔道大会で優勝した際撮られた写真です。

みんな良い顔をしていますね。

この新聞を見て柔道をやりたいという子が増えることを期待したいです。

柔道をやってみたいという方はこちらまでご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 4日 (水)

先日行われた、羽咋市少年柔道親善大会。

Dsc_0059_2


この大会に、川口道場から高学年(5・6年)・中学年(3・4年)の2チームで参加してきました。

チームは、

高学年

先鋒 リョウカ 次鋒 カツキ 中堅 ケイシ 副将 ユウタ 大将 トライ

中学年

先鋒 コウタロウ 次鋒 ジュンヤ 中堅 タイガ 副将 ショウセイ 大将 カナト

この大会は、6年生にとって最後の団体戦ということもあり子供達の士気も高い状態で大会を迎えることが出来ました。

ところが当日、会場に行きその組み合わせを見ると・・・・

優勝候補筆頭のいつもお世話になっている松任さんと同じ予選リーグではありませんか!!

しかも、松任さんとの直接対決のない変則リーグという厳しい予選リーグとなってしまいました。

中学年の方も、石川県の強豪坂田さんと同じリーグということもあり両チームとも大変厳しい組み合わせとなっていました。

まず最初に低学年から試合が始まります。

Dsc_0060


この坂田さんとの戦い、先鋒が鍵だと思っていましたが、その先鋒戦。寝技で優勢に攻めていたのですが、途中でミスを犯してしまい逆に抑え込まれてしまっての一本負け・・・攻めに行って負けてしまったので攻めれませんが、痛い負けでした。次鋒で取り返したかったのですが、次鋒も敗れてしまい最悪の展開。

中堅で流れを変えたかったのですが、最近の悪い癖が出てしまい自爆の有効負け。ここで勝負が決まってしまいました。

副将も一本負けで、大将が一本勝ちをおさめるものの4-1の大敗・・・・苦手な相手と言えどもこのような試合運びになってしまうとは、予想外の大敗でした。

続く予選2試合目では、全員一本勝ちの5-0で勝利するも予選敗退。獲得点数では60点と予選リーグの中でトップの点数を取っていましたが、悔しい予選落ちとなってしまいました。

続く高学年の試合

初戦石川県の強豪北陸総合警備さんとは、みんな好調な滑り出しで全員が一本勝ちで勝利!!

Dsc_0062


特に、6年生のユウタは、体重差50kgの大きな相手に、最近練習している大外刈りで一本勝ち!!小さい身体ながらなかなか大胆な柔道をするようになってきました。

大将のトライも足技から相手の攻撃を誘い入ってきた所を透かしながら極めて一本勝ち。

Dsc_0063


とても良い試合をしてくれました。

そして続く2試合目。

長野の強豪チームの誠心館さんBチームとの対戦でした。この戦いで先鋒のリョウカが立ち技寝技ともに積極的に攻めますが、取り切れず引き分け。次鋒のカツキがセンス抜群のSさんに挑みますが、技の戻り際に大外を合わされて一本負け・・・中堅ケイシが豪快に一本勝ち、副将ユウタも一本勝ちで大将トライも一本勝ちという形でしめくくり3-1で勝利するも、直接対決のない松任さんとの点数差が85対80で5点差で敗れてしまいこちらも予選で敗れてしまいました。

2試合勝利しても負けてしまうという少し消化不良の大会となってしまいましたが、取りきることのできなかった攻撃力のなさが今回の敗因としてあります。5年生の2人にはこれからもっと攻撃力をつけて勝負できる技を身につけていってもらいたいと思います。

こうして今回の羽咋少年柔道親善大会は終了しました。

高学年は、予選で敗れた松任さんが、坂田道場さんとの熾烈な決勝戦を制し見事優勝!!

中学年は長野の誠心館さんが、小さい選手たちの素晴らしい技を見せつけて、見事優勝!!

松任さん、誠心館さんおめでとうございます。

両チームともしっかりと取ってくる技がありますね!!

川口道場もこの両チームを見習いしっかりとした技で勝ちきれるようなチームを目指していきたいと思います。

今回の試合では6年生に花を持たせることが出来ませんでしたが、6年生の2人は後輩たちにとても良い見本となる柔道を見せてくれたと思います。この意志を継いでこれからの川口道場を盛り上げていってもらいたいですね。

さあ今日も練習です。気合を入れてがんばろう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »