« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月28日 (水)

伝わる言葉

先日行われた丸岡町少年柔道交流大会!!

この大会では、幼年・1年生合同のルーキーの部で幼年のユズハが初優勝!!2年生の部でカンタが3位、3年の部でコウタロウ、ナツが3位、4年の部でショウセイが2位、カナトが3位、5年生の部で、ケイシが優勝、カツキが3位、6年の部でトライが優勝、ユウタが2位と沢山の子供達が入賞してくれました。

今回の試合には、ある目標をもって参加させて頂きました。

Dsc_0029それは、指導者講習会にて受講したペップトークというコミュニケーションスキルを使って指導を行うということ。

ペップトークとは短い激励のメッセージのことで、特徴として肯定的な言葉で、短くわかりやすくシンプルにまとめて、選手とイメージを供給できるような声掛けをするというテクニックのことで、この講習会を聞いたときに、自分の指導を振り返って非常に足りていなかった部分だと痛感したテクニックでした。

人間の脳は、あまり複雑な言葉はイメージできないようになっているそうです。なので、やってほしくないことを伝えてしまうと、そのやってほしくないイメージが脳に反映してしまい、力を発揮できない場合が多いそうです。

緊張しいの子に、『緊張するなよ!!』とアドバイスを送ると、脳は『緊張』というワードを認識してしまい、余計緊張してしまうそうです。

この部分は良く、受験生などに、滑る、落ちるとかを言わないようにするとか、結婚式にて分かれるとか切れるというワードを使わないようにするということに通じるところだと思います。

自分は、よくやってほしくないことほどよく目につきそのことを伝えるようになっていたと思います。

そのようなことを一新すべく今回は指導者として良い部分を見つけ肯定的に簡潔に伝えようと心掛けていました・・・・・がこれがなかなか難しい!!

単純✋わかりやすい言葉を使おうと思うと『行け!!やれ!!いいぞ』っていう単純な言葉になりすぎて何を伝えたいのかがよく分からなくなるし、やってほしくないことを伝えないように気を付けていたら、何もアドバイスができなくなってしまいまったく役立たずの指導者となってしまいました。

そんな中、子供達は、子供同士で声を掛け合いとても良い雰囲気を作り試合に臨んでいました。

それが今回の結果へとつながったのでしょう。

今回の試合では、子供達の能力を高める声掛けができていませんでしたが、今後の練習のなかでこういう声掛けを心がけペップトークスキルを磨いていきたいと思います。

最後になりましたが、今回大会を企画運営してくださいました、丸岡町柔道協会の先生方また、お手伝いいただいた中学生の皆様保護者の皆様そして大会に参加していた選手の皆様本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

第17回丸岡町少年柔道交流大会

平成27年1月24日(土)に丸岡町武道館において第17回丸岡町少年柔道交流大会が行われました。

旧坂井地区で柔道を行っている少年少女に加え、今回、敦賀柔道スポーツ少年団さん、総斗会さんが参加して6団体による個人戦の大会が行われました。

結果は次の通りです。

ルーキーの部(幼年・1年)

優勝 堀 柚葉(川口) 2位 渡辺 鉄平(総斗) 

3位 矢野 一晃(坂井) 3位 田嶋 涼矢(春江)

2年の部

優勝 斉藤 莉央(坂井) 2位 矢野 連太郎(敦賀)

3位 黒川 加恵(春江) 3位 川口 寛太(川口)

3年の部

優勝 斉藤 奨大(坂井) 2位 黒川 真弥(丸岡)

3位 北得 洸大朗(川口) 3位 板取 和都(川口)

4年の部 

優勝 岡田 ゆうき(総斗) 2位 板取 将生(川口)

3位 伊藤 叶人(川口) 3位 橋本 茉弥(総斗)

5年の部

優勝 川口 敬志(川口) 2位 田中 陸晴(丸岡)

3位 尾島 夏光(総斗) 3位 林 克樹(川口)

6年の部

優勝 宗広 杜頼(川口) 2位 荒谷 優太(川口)

3位 半田 智花(坂井) 3位 東 遥翔(丸岡)

ベスト一本賞 髙橋 大地(丸岡)

礼法賞 渡辺鉄平 (総斗) 中嶋大輝(敦賀) 宗広杜頼(川口)

という結果でした。

入賞者のみなさんおめでとうございます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

充実した三連休

平成も27年となり新年早々、成人の日を絡めた10・11・12日の3連休!

川口道場にとって、とっても充実した3日間を過ごすことが出来ました。

まず10日の土曜日には、丸岡町の鏡開きが行われ、丸岡町で柔道を行っている選手たちが丸岡町武道館に集まり新年の初稽古を行いました。

寒い日でしたが、子供たちの熱気のある練習によりあっという間に道場は温かくなっていきました。

練習後には保護者の方が作っていただいたトン汁を皆でいただき大満足の子供達、低学年の子でも3杯は食べていましたね!!

鏡開きが終わったらそのまま県立武道館に移動して、次の日から行われる川口道場主催の合同練習試合会の準備に向かいます。

この日、いつも夏にお世話になっている長野県の旭日柔道場さん・丸北輪心塾さんが合宿に来て下さるので、お出迎えに向かいます。

長野という遠いところから毎年福井まで練習に来ていただけるということは大変ありがたいことです。

長野県の選手達は、到着するとすぐに練習を開始!!気合が違います。

長旅の疲れを見せることなくがっつりトレーニングで追い込んでいたようです。

11日

この日は、8:30から、長野県、富山県、石川県そして地元福井県の総勢13チームによる練習試合会が行われました。

Dsc_0022


1チームと50分間色々な試合ができ、個人の技術力アップと、チーム力アップができる経験を積むことが出来ました。

今回の練習試合会では、新チームの力をはかるということと、経験の浅い子たちに試合経験を積ませるという2つの目的がありました。

新チームの方は、いろんな成長が確認できて年始の練習として十分すぎる手ごたえを感じることが出来ました。

ところが、試合経験の浅い子たちにとってはつらい練習試合となっていましたね!!

いつもの練習相手と違う相手になると、どうしても相手に合わせてしまい力を発揮する前に敗れてしまう・・・・・

でも今回は、そんな子たちにも甘い顔は一切なし!!厳しく指導し、自分でその壁を乗り越えてもらえるように指導しました。

柔道が嫌いにならないかハラハラドキドキですcoldsweats01

でもここは、自分の力で乗り越えてもらわないといけない部分ですので、怖い相手に立ち向かう勇気を持ってもらいたいと思い、最後まで手を抜かず一人前の選手として扱いました。

この日は、午前3チーム午後3チームと試合を行い、多い子だと30試合近く練習試合を行いました。

試合練習の後、少し乱取り練習を行ってこの日の練習会は終了!!

川口道場にとっては厳しい結果の試合内容となっていましたが、子供達の目は死んではいませんでした!!その子供達の表情に期待をしてこの日は解散。

その後、長野県、富山県の選手たちを合宿所へ案内し、夕食をとりました。今回、沢山の参加人数がいたため川口道場の子達は宿泊施設に宿泊できませんでした。道場の子達も宿泊したかったみたいですが、今回は我慢してもらいました。

合宿所では、子供達が元気よく夕食をとり大きなお風呂でゆっくりと疲れをいやしておりました。練習では、厳しい表情で真剣に取り組んでいる子供達も、合宿所の中では子供らしい笑顔で過ごしていました。夜食として差し入れのおにぎりを持って行った時も、『よっしゃ~』と言っておにぎりを取り合う姿が・・・・

Dsc_0018


やはり強豪チームは食欲から違います!!

指導者の方も、お互いの県の練習状況や環境状況の意見交換や大会や選手の情報などなど大変勉強になる指導者会議ができ充実した夜を送ることができました。

そして次の日になる12日。

この日も、午前午後と練習試合会が行われました。昨日戦うことのできなかったチームと試合練習を行いました。

2日目ということもあり、子供達も試合慣れがしてきたからか少しずつ試合で自分の試合ができるように変化をしてきました。

そんな中一人の子に劇的な変化が・・・

Dsc_0017


最近の練習で、いいものがあるな~と感じることが出来てはいたのですが、この日は、その最近の練習以上の素晴らしい動きで勝ち星を量産していました。今までは受けがしぶとくなってきたというイメージのほうが強かったのですが、この日は攻撃的な豪快な柔道スタイルへと変化していました。

色々なチームの特色ある柔道を見たり体感することで、攻撃的な感覚をつかんだのでしょうか?この2日間で本当に別人のような柔道ができるようになってきました。少年柔道ではこのような目に見えて劇的に変わる瞬間があります。

久しぶりに、劇的な変化を目の当たりにして今回の合同練習会の手ごたえを感じることが出来ました。

この変化に、道場内のライバルたちは、目の色が変わったように思います。良い刺激を周りにも与えてくれました。

道場内のライバル争いに、起爆剤を投入してくれました。今後の練習が非常に期待できます。

この日も試合をみっちり行い、最後に練習をして時間いっぱい練習を行いました。

こうして、3日間みっちりの柔道イベントが終了。指導者も子供達も疲労困憊でしたが、確実な手応えを得ることのできた3日間でした。

長野県の先生がおっしゃっていたことですが、『この福井の冬合宿は非常にうちの子達と相性のいい合宿で、必ず誰かが大きく成長してくれるありがたい合宿なんだ。本当にありがたい』

と言っていただけました。

それはこちらも同じことが言えます。毎年お邪魔させて頂いている長野合宿は、子供達の中で一番つらいイベントでもありますが、一番楽しいイベントでもあるという答えが返ってきます。それだけ充実した合宿であるということです。

こうやって、普段会うことのできないチーム同士が交流することで、普段ではありえないような成長を促がしてくれる。

まさに自他共栄なんですね~。

これからも、交流を深めていきながら自他ともに栄えていけるよう親睦を深めていきたいと思います。

最後になりましたが、今回、お忙しい中、またお足もとが悪いなか、川口道場合同練習試合会にご参加いただいたチームの皆様、また合宿のお手伝いをしていただいた保護者の皆様本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

今年は去年以上の成長を促がしていきたいと思います。

Ihituji233


今年も福井県柔道 川口道場・志ノートをよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »