« ふれんずTV | トップページ | 謹賀新年 »

2014年12月31日 (水)

一年を振り返って

もう数時間で新年を迎えようとしています。

今年で10年目の節目となったこの年。

この年の暮れに、今年一年を振り返ってみたいと思います。

今年は衝撃的な敗戦から始まったような気がします。

初の全国出場を目指し、努力を重ねてきた子供達。試合では順調に勝ち上がり迎えた決勝戦。結果は、ポイントゲッターのケイシが一本を取られて負けるという衝撃的な結末でした。

この結果には、子供達も指導者も信じられないという気持ちでいっぱいでした。

しかし、この敗戦で子供達がより一生懸命練習に取り組むようになりました。

やらされる練習ではなく、自分で考えて練習を行うようになり、日に日にたくましくなっていきました。

5月に行われた全国小学生学年別柔道大会予選では出場した5階級すべてで決勝戦進出!!飛躍的な成長をしてくれていました。

しかし、この決勝で勝てたのは1人のみ・・・

決勝で勝ち抜けないという、大きな壁にぶち当たりました。

指導者としての力不足を感じ、どうしていいか悩んだりもしましたが、次の練習の時には、敗戦を反省し、修正するような練習をスタートさせていた子供達。この姿に大いに感動させられました。

そして、『子供達を信じて見守ろう』と腹をくくり、基本的な練習を愚直に繰り返していきました。

そして迎えた7月の福井県柔道整復師会長杯少年柔道大会で、順調に決勝まで勝ちあがり3月の試合で敗れた柔整会さんとの決勝戦を迎えました。

この戦いでは、先鋒、次鋒と立て続けに敗れてしまい『また決勝で敗れてしまうのか…』という考えもよぎる展開でしたが、そのご2人が一本勝ちをして見事逆転勝利!!

6年のユウタが芸術的な内股を決めてくれて川口道場の初優勝が決まりました。

この試合から自信をつけた子供達は、坂井市少年柔道大会、金井学園理事長杯少年柔道大会と立て続けに優勝を決めてくれて、今月23日に行われた川口道場10周年記念大会で、またしても柔整会さんとの決勝戦を争い、見事優勝を勝ち取ってくれました。

この決勝戦では、堂々と組合技を競い合うといった川口道場が10年間目指し続けてきたたいへんスリリングでいて面白い柔道を行ってくれていました。もちろん相手が同じ志を持った柔整会さんだったからこそなしえた試合だったと思います。

こうして、1年を振り返ってみると、子供達の可能性というのは無限にあるのだと感じます。子供達が過ごしてきた1日1日の重みをこうやって振り返っていくことでさらに感じることが出来ました。

Dsc_2076


川口道場10年目にしてこのような子供達に巡り合えたということ、そして、10年間の子供たちが築いてきた伝統がこういう形で結果となって証明されたということが非常にうれしい1年でした。

是非とも来年もこの志を引き継ぎ、頑張っていってもらいたいと思います。

最後になりましたが、今年一年も大変お世話になりました。いつまでたってもうまく文章をまとめることが出来ずたいへん読みずらいブログではありますが、来年もまた宜しくお願い致します。

今年一年本当にありがとうございました。

Dsc_2033


それではよいお年を!!

|

« ふれんずTV | トップページ | 謹賀新年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/58434595

この記事へのトラックバック一覧です: 一年を振り返って:

« ふれんずTV | トップページ | 謹賀新年 »