« TV撮影 | トップページ | 全日本柔道形競技大会 »

2014年11月19日 (水)

緊張を力に!!

平成26年11月16日に富山県アルビス小杉総合体育センターにおいてひのまるキッズ柔道大会北信越大会が行われました。

結果はこちらをご覧ください。

今大会は、親子の絆を深めることをコンセプトとした大会で、試合のセコンドに保護者の方も座り選手のそばで見守りながら試合を行うという試合です。

小学生の学年別、体重別で行われる個人戦で、保護者の部という試合もあります。それだけではなく、受け身コンテストや打ち込みコンテスト、絞り、エビレースなど試合だけでなく柔道のイベントが数多く行われる柔道のお祭りのような大会です。

Dsc_1871


この大会に川口道場から10名の選手がエントリー!!

一日、柔道を満喫いたしました。

全体の感想を言わせてもらうと、最近3分の試合に慣れていたこともあるのでしょうが、出だしがゆったりとした試合運びをしてしまい後半追い上げようとしたところで、試合が終了してしまうという試合が多くありました。

この1分の違いが大きいですね。まだまだ、試合運びという面では未熟さが出てしまいました。

でも、そんな中4年生のタイガが力のある選手に対して組み手でうまく間合いを取れるようになっており練習の成果を確認させてくれました。

そして、5年生無差別級では、ケイシが久しぶりの優勝!!

Dsc_1881


1年生の時、優勝。2年生の時は、前日にケガをして決勝で敗れ2位、3年の時は不可解な判定で敗れ3位と順位を落としていました。去年は参加しておらず、久しぶりの参加で、見事優勝に返り咲きました。

今回の試合・・・・というか最近の試合では、ケイシが緊張を覚えて、異常というくらい緊張している姿を見てきていました。そのせいで力を発揮できない場面の多々ありましたが、今回の試合ではその緊張を力に変えて、安定した試合運びができていたと思います。

特に吉田道場さんの選手と対戦させて頂いたときに、巧みな組手で手こずるかと思いきや、工夫した組み方から自分の組手を作るなど、冷静で落ち着いた試合を行い一本勝ちを収めているのを見ると成長の跡が見れました。

でも試合の合間合間の表情を見るとどこか緊張が表情に表れていたので、『緊張を覚えたんだな~』と思ってみていました。

決勝でも愛知県の選手に対して足技と寝技で一本勝ち。全試合一本という最高の結果で優勝を飾っていました。

Dsc_1877


試合後、やっと緊張が解けた表情になっていたケイシ。

緊張を力に変えることが出来るようになったことを喜びたいです。

また、試合の結果だけでなく、同じ5年生のカツキがなんと、礼法が素晴らしい選手に贈られるマナー賞を受賞!!

試合の結果以上にこういう賞を頂けるということがたいへんうれしく思います。この賞は、同級生のリョウカも受賞したこともあり、とても名誉ある賞を2人もいただけたとこちらもうれしくおもいます。

こういう良い連鎖をこれからも産んでいってもらいたいものですね。

Dsc_1885


試合後みんなで記念撮影。

色々な成長が見れた今大会!!こういう試合があると本当に楽しくなりますね。

まずは柔道を楽しんでもらい今後に生かしていけるように精進してい行ってもらいたい。

|

« TV撮影 | トップページ | 全日本柔道形競技大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/58031813

この記事へのトラックバック一覧です: 緊張を力に!!:

« TV撮影 | トップページ | 全日本柔道形競技大会 »