« 試合錬成 低学年の部 | トップページ | 辛くて楽しい長野遠征 »

2014年8月11日 (月)

試合錬成高学年の部

東京日本武道館での試合錬成高学年の部。

高学年は初戦から強敵との戦いとなりました。

相手はあの有名な国士舘!!

Dsc08854


この大会で3年前、初戦でこの国士舘jrさんと対戦させて頂き1-0という接戦で敗れてしまったという悔しい過去があります。

またこうして戦えるチャンスを頂けました。

3年前のリベンジマッチ。

初戦から楽しみな戦いとなりました。

その先鋒戦、今回のポイントゲッターのひとりユウタの登場です。最近、立技、寝技ともに充実の内容で急成長を見せてくれているユウタが、先鋒戦でさっそく見せてくれました。相手は女子選手でしたが、組み手が厳しく寝技もできる印象の好選手!!そんな相手からもつれたところをうまくコントロールして有効勝ち!!今までは引き分けていたであろう相手からポイントを奪ってきてくれました。
次鋒のカツキは、開始早々、相手の大内を切り替えし技ありを奪いましたが、その後相手の激しい攻撃に有効、技ありを奪い返され優勢負け。まだまだ組み手に課題が残る一戦でした。
1-1の内容で逆転されてしまった中堅戦、ライキが豪快な一本勝ちでチームの流れを引き戻してくれました。今まではどちらかというとこういう場面で力を発揮できないタイプでしたがこの試合では、課題としていた部分がしっかり修正された試合内容できっちり勝ってきてくれました。
Dsc08852


副将戦キャプテンのトライが完全に試合を支配しこれまた豪快に1本勝ち。ここで勝負を決めてきました。
大将ケイシが無難に引き分け3-1で見事リベンジ!!

2回戦へと駒を進めることができました。

2回戦は、茨城県の舞鶴さんとの戦い。このチームの一回戦を見させていただくとしっかりと組んで柔道をするスタイルでうちのスタイルと非常にかみ合うという印象を持っていました。
先鋒戦、絶好調のユウタは開始早々内股で豪快に一本勝ち。
Dsc08863


この大舞台で本当に体が動いていました。
Dsc08864


次鋒戦は先ほどの反省を活かし、組み手で下がることなく先に技を仕掛けていきます。相手の素早い攻撃に後手後手になりつつも、要所要所をきっちりさばき自分の技へつなげようと奮闘していました。先ほどよりも良い試合内容で引き分け。
Dsc08867


中堅のライキは、この試合でも組み手で相手を制し大外から抑え込み一本勝ち。やはりいつもと違う・・・・coldsweats01
副将戦も足技で相手を何度も倒すもポイントを奪えず引き分け。
大将ケイシも常に攻勢に出ながらも引き分け。
Dsc08873


2-0で2回戦も勝ち上がりました。

続く3回戦!!

神奈川県の上溝さんとの対戦です。今回の武道錬成大会はしっかり組んでくるストロングスタイルの柔道チームとの対戦ばかりでした。

Dsc08874


まず先鋒戦、序盤からいろんな攻め方で相手を攻め込み圧倒しつつもポイントを奪えず引き分け。先鋒でとりたかったのですが、ちょっとから回ったような試合をしてしまいました。
次鋒のカツキも攻め込みますが今一つ相手を崩すことができず引き分け。後半に強敵が控えている相手の布陣を考えると、先鋒・次鋒と取り切れず悪い流れのように思っていました。
ここで、今大会絶好調男のライキがこの試合でも豪快に大外で一本勝ちを収めてくれました。

Dsc08877


この試合で流れを呼び込むことに成功!!
Dsc08879


副将も、大外を決めて勝ちを決めることができました。
大将のケイシは強敵相手に堂々と試合をし引き分け。2-0で3回戦も勝利し、ブロックの準々決勝へと駒を進めることができました。

次の戦いが最大の山場。青森県の剛柔館さんとの戦いになりました。全国的にも有名なチームでなんといっても子供たちの体格が素晴らしい!!先鋒から50kgを超えており大将の子なんかは堂々の106kg!!

ケイシがちいさくみえます(;゚Д゚)

その先鋒戦、ユウタは果敢に攻め込みます。長身の相手を気迫で下げさせ、ユウタらしい攻撃的な柔道ができていました。ところがここでアクシデントが・・・

ユウタが大内をかけたとき、長身の相手の歯がユウタの頭にshock

頭から出血してしまい無念の棄権負け・・・

その後、ユウタについて救護室に行っていたのでその後の試合は見ることができなかったが、その敗戦でみんなの士気が落ちてしまい、あえなく全敗してしまいました。

日本武道館でチーム力を発揮し勝ち上がっていただけにケガをしてしまうという残念な結果となってしまいました。

幸い傷のほうも出血の割にはそこまで深くなく、大事には至りませんでした。

こうして、今年の東京の試合が終了しました。今回の試合では、成長の形がはっきりと確認できた試合でした。積み重ねてきたものが一つ形になったことで子供たち自身の大きな自信となったことでしょう。

ただ、全国の強豪との実力差も見せつけられてしまいました。この高い壁を新たな目標としてこれからも頑張ってもらいたい。


|

« 試合錬成 低学年の部 | トップページ | 辛くて楽しい長野遠征 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でしたhappy01
チームにとってライキの覚醒は大きいですよねsign01
今までは少し消極的な面も見られ、大舞台ではあまり目立ちませんでしたが、彼が自信を持つと、中堅という大事な位置で大きな戦力になると思います。
秋の大会ラッシュが楽しみですねhappy02

投稿: クリリン会長 | 2014年8月19日 (火) 09時40分

クリリン会長コメントありがとうございます。
本当にライキの成長がチームに大きな貢献をしてくれました。
なかなかできていなかった技術がこの大会にてできるようになっていました。
この大会は本当に子供達を大きく成長させてくれる不思議な大会です。
この調子でどんどん成長していってもらいたいですね。

投稿: 赤ペン先生 | 2014年8月19日 (火) 13時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/57055013

この記事へのトラックバック一覧です: 試合錬成高学年の部:

« 試合錬成 低学年の部 | トップページ | 辛くて楽しい長野遠征 »