« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

福井県夏季少年強化練習会

平成26年7月27日(日)に福井県立武道館において夏季少年強化練習会が行われました。

今回の強化練習会に、お隣石川県から、松任さん、小松さん、中能登さん、能美さんが参加してくださいました。

さて今回の強化練習会で自分は、低学年、初心者の部の指導を担当することになりました。

そこで今回の低学年の練習会のときに、礼法や受け身などの基本的な練習を行いたいと、お願いし、本来『強化』が目的の練習会ではありましたが、あえて初心者を対象とした”基本”の強化練習会を行いました。

今回このような練習会を行ったのには、自分なりに少年指導で思うところがありそのことを何とかしたいという思いがました。

最近、少年柔道界は本当に盛んになり、競技レベルが驚くほど高くなってきていると感じます。

子どもたちの意識、指導者の情熱、保護者の協力により、全国的に競技レベルが向上し全国大会では、本当に驚くほど技術の高い子供たちが試合を行っているように思います。

でも競技レベルが高くなっているのに対して、柔道人口のほうは著しく減ってきてしまっている現状があります。

この原因として、大きなものに昨今の柔道暴力、事故問題があり、柔道に対するイメージがたいへん悪くなってしまっていると思います。また、次のようなことがあるのではないかと考えています。

柔道をしている者の評価が試合の勝ち負けにだけに偏っているように感じます。試合の結果を求めるため、いろいろと省略した駆け足の指導となってしまい、試合に勝つために必要な技術ばかりを詰め込むことが優先されてしまっているように思います。

少年の試合を勝ち負けだけで見てしまうと、身体の成長が早い子が有利になってしまい、そういう選手に勝つためには、反則ギリギリの膝をつく背負い投げや、組み際にぶら下がるように技に入りかけ数で勝利しようとする柔道スタイルが生まれてきてしまいます。そうすると体の大きな子はなかなか組むことができず組めないので組み際の技ばかり掛けるようになってしまいます。

このような技をかけあうと、お互いに不十分な姿勢からぶら下がったり体を浴びせたりで大きなケガにつながる・・・・

そうなったら、『柔道=危険』というイメージを助長してしまう結果となり、柔道の魅力を伝えることができなくなってしまいます。

とはいえ、試合がある以上子供たちは勝たなくては面白くありません。指導者からも親からも勝つことを求められます。

そうなれば益々、駆け足の指導という形になり、柔道をじっくり作り上げる時間が省かれていき、試合テクニックに優れた選手が急ピッチに育てられてしまいます。

これでは、試合に勝つ者だけが楽しい柔道という形になり、入門して間もないものや成長の遅い子がせっかく柔道に興味を持ってくれても、すぐに楽しくなくなってしまいます。

柔道とは本来、自分を高め、周りに感謝する気持ちを持つものであり、柔術という危険な術から危険なものを排除した教育を目的としている『道』なのです。

ヨーロッパでは、教育に素晴らしいものとして柔道はたいへん盛んであり、特にフランスでは、日本より人口が少ないにもかかわらず日本の3倍の登録人数がおり、とりあえず子供のうちは柔道を習わせようという流れがあるそうです。それだけ柔道というものに魅力があり、その指導は、各レベルに合わせた段階的な指導がなされています。

その段階的な指導というものを習い、柔道を始めて間もない選手、ある程度慣れてきた選手、競技で一生懸命やりたい選手と段階的に必要な指導を行っていけば、各ステージで思い切り柔道を楽しむことができると思います。

この部分の格差があるまま、柔道の魅力を伝えようとしても、どうしても勝つ者が楽しいという形になり、底辺の拡大に繋がらないのではないか?そういう疑問があったため、今回、県の強化練習会という場所にて、競技の強化を望むものは大道場、柔道に興味を持ち習いたての子達には小道場にて柔道の魅力を伝える練習会と大きく2つのステージを設けることをしたいと思いました。

小道場での練習では、午前中に返事の練習や、礼法、受け身、寝技の基本動作、午後からは、瞬発力と反射神経のトレーニングと構え方、組み方、身体のさばき方、打込み、乱取り、などを行いました。

特に時間を割いたのが、礼法や受け身です。

まず、なぜ礼法が大事なのか?この部分をしっかり伝えていきたかったのでじっくりと子供たちに話をしました。

柔道は一人では強くなれません。練習をしてくれる人、教えてくれる人、送り迎えをしてくれる人、応援をしてくれる人、人だけでなく練習をする場所、環境が必要となってきます。

このような他人や環境に感謝する気持ちを持つことで、様々な調和が生まれ自分を取り巻く環境がどんどん良くなっていきます。

この感謝する気持ちを体で表現するものこそが、柔道で大事にされている『礼法』なのです。

子供達には少し難しい話だったかもしれませんが、柔道をやるうえでこの気持ちだけは根底に持っていてもらいたいものであり、この気持ちがあれば、自然と柔道の魅力を子供たち自身が伝えていってくれると信じています。

受け身も、大事な技術で柔道の重要な技だと思っています。受け身の練習とは、はっきり言って負ける練習です。受け身をとったら負けちゃいますから。

でもそれでも柔道を習った子はみんなまず受け身を練習します。これは、負ける練習ですが、大事なのはそのあとすぐに立ち上がる練習でもあるのです。

受け身を上手に取れればケガをしない、ケガをしないとわかれば怖くない、怖くなければ姿勢がよくなる、姿勢がよくなれば技がかかる、と受け身が上達することで強くなれるということをいかに子供たちに伝えられるか非常に苦労しましたが、負けて終わりでないのが柔道。負けたらどうしたら次勝てるかを考え、工夫し努力するということ、これも上手な受け身です。体でとる受け身と、心でとる受け身・・・

この両方をしっかりと練習してもらいたいものですね。

この後も、いろいろと勉強した指導方法を使い、子供達と柔道を楽しみました。

最後に乱取りをしてみましたが、この練習になった途端急に消極的になってしまう子供達。まだ、柔道の魅力を伝えるまでには至らなかったようです

最後に、余った時間を楽しいトレーニングで子供達と楽しみました。笑顔で喜んでトレーニングしている子供達。このような積極的な動きで乱取りをしたらきっと柔道が楽しくなるはず!

子供達みんなが、柔道を楽しいと思って積極的に取り組めるような意識つくりをしていけるよう頑張っていきたいと思います。

最後になりましたが、暑い中福井県まで足を運んでいただいた県外のチームの皆様そして、指導してくださった先生方、何より柔道練習を頑張った子供達本当にありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月19日 (土)

ケガをさせない、ケガをしない

え~突然ですが、わたくし赤ペンが、先日行われた近畿地区ジュニア柔道大会におきましてAライセンス柔道審判資格の試験を受験いたしまして・・・・

見事合格することができました(v^ー゜)ヤッタネ!!

Dsc08808Aライセンスエンブレムと研修会資料の写真


光栄なことに、自分のような若輩者にAライセンス受験のお話をいただきまして、日頃さまざまな先生方にご教授頂いていることもあり、そのおかげで筆記試験、実技試験ともに無事合格!!

晴れてAライセンスを取得することができました。

これから、Aライセンス柔道審判員としてとして、柔道の発展の一躍を担えるよう頑張っていきたいと思います。

さて、その試験の前に行われたAライセンス審判員研修会の時に、審判委員長であられる西田先生から見出しにもある『柔道は、ケガをさせない、ケガをしない競技である』という言葉をお聞きしました。

それとともに、大変危険な技の入り方のビデオを見させていただきました。

変則の肩車からぐるぐる回って手首を極め寝技に移行する技・・・・

最初は何が起こっているのか理解できませんでした。

結果は、技を受けた選手の棄権負け。どうやら、手首の骨折があったようです。

冷静にビデオを見直せば、ひじ関節以外の関節を極めているので反則負けにすることができるでしょうが、初めて見たら・・・・的確に判断できたかは自信がありません( ̄◆ ̄;)

研修会では、『このような危険な技の場合、素早く審判のほうでまてをかける、もしくは反則負けにしてしまってもかまわないと思う』と厳しい判断を下すことも重要であると説明を受けました。

『柔道はケガをしやすいというイメージを持たれてしまっているが、本来はケガをしない、ケガをさせない競技である。勝ち負けにこだわり、相手に危害を加えてまでも勝利しようという流れにあるが、こういう流れを断ち切ることを目標としている。審判員としても最悪の状況になる前にどう判断できるかが重要である』

このような、お話をしていただきました。

自分も少年柔道の指導者としてたいへん危険な場面を多数みてきました。実際ケガをしてしまった子もいます。

こういう場面を目の当たりにして、何が危険だったのか、どうなったからケガをしたのか(けがをしそうになったのか)をしっかり理解し、審判をしている際未然にけがを防げるような審判を心がけていきたいと思います。

また、指導のほうでも、ケガをしないような体作り、受け身、柔軟性の向上を目標に指導していけるようにしたいです。

でも、この部分は少しずつ効果が出てきているかも!!先日行われた小学生錬成石川大会で、Bチームの子が、技をかけられた際、大変危険な角度で倒されました。

その瞬間を見たとき、大怪我をしたと思いましたが、試合後その子の状態を見てみると大したことない・・・

少し筋肉を傷めた程度で済みました。

今日の練習では、もう道着を着てガンガン練習していました。

あんな危険な倒され方をしたのに、ケガにはつながらない。ケガをしにくい身体が作られているようです。

柔道をやる以上、みんな勝ちたいと思います。でも、指導者は、まずこの『けがをさせない、ケガをしない』を徹底して指導し、そのうえで競技に力を注いでもらいたいです。

そうすれば、あのような危険な技が生まれるということがないでしょう。

審判として、指導者として、このことを忘れずこれからも頑張っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月16日 (水)

団体戦での強さ

先週行われた小学生柔道錬成石川大会。この大会に今年は川口道場Aチーム、Bチームの2チームで参加してきました。

この大会は、1・2回戦で負けたら3部、3回戦に負けたら2部、ベスト8以上は1部という試合経験をたくさんできるありがたい大会でした。

試合は、A・B両チームとも1回戦は5-0で勝てましたが、Bチームは2回戦で敗れてしまいました。しかも、6年生のリョウがあわや大怪我!!と思わせるような危ない倒れ方をしてしまい棄権。その後3部へと回されましたが、4人だけのチームで次々と勝ち上がり3位入賞となりました。

Bチームは、どの試合もギリギリの戦いが多かったですが、勝負を分ける試合で寝技がよく決まっていたと思います。ちょっとずつ力がついてきたようなそんな印象があります。ただ、やはり団体戦での強さのようなものがまだなく、敗れた試合では、もっと精神的な強さがあれば結果は逆になっていたのではないかと思うような内容でした。

チャンスはつくりだせるが、どうしても経験が少ないこともあり、フリーズしちゃう子、慌てて順序を飛ばしてしまう子、手を放してしまう子等々、普段の練習ではできていることができなくなっている子が多かったと思います。

こういう場面でいつも通りできるためには、もっとこの場面場面を意識しイメージした練習と徹底した反復練習で体に覚えこませなくてはなりません。

Bチームの子達にはまだこの部分が足りていなかったと思います。とは言え、4人で3部といえど3位入賞することができたということは評価できます。このことを自信にして頑張ってこれからの稽古に励んでもらいたい。

Aチームのほうは、順調に勝ち星を重ねていき、安定した内容で1部トーナメントへと進んでいきました。

準々決勝では、マルちゃん杯で敗れた石川県の坂田道場さんと対戦。先鋒が有効で敗れ、次鋒、中堅が一本勝ちで2点取り返しというシーソーゲームでの接戦!!勝負の分かれ目である副将戦、最近好調ノユウタが苦手としているF田君と戦い、試合後半に背負いで有効を奪われる厳しい展開・・・だがその直後終了間際に大内で有効を取り返し引き分け!!これで勝負が決まりました。大将は一本負けで2-2の内容で接戦をものにしました。

準決勝では、長野県の強豪であり、川口道場の盟友でもある開示塾さんとの対決となりました。いつもお世話になっているチームであり、川口道場と志が同じのたいへんきれいな柔道を目指しているチームです。

先鋒戦から激しい戦いが繰り広げられました。先鋒があと8秒というところで有効を奪われ抑え込まれて一本負け。続く次鋒も有効を奪われ2敗と大変厳しい立ち上がりでした。

しかし中堅のケイシが豪快に一本勝ちすると、副将のユウタが内股で技ありを奪い寝技で抑え込んで一本勝ち2-2の内容で逆転。勝負は大将戦にもつれ込みました。相手は今大会ナンバーワン選手の呼び声も高いk田選手。試合はあっけなく一本負け。

最近調子を上げているトライでしたが、まだまだ力及ばず3-2で敗れてしまいました。

前半で2失点が大きく響いた試合でした。しかし、後半で取り返そうとするチーム力は以前にはなかった強さです。とくにユウタがよくなってきました。立ち技、寝技ともに勝負所に強くなったイメージがあります。以前まではこういう展開で力を発揮することができなかったユウタ。しかし、今回の試合では、勝負どころのワンチャンスの時に集中力があるように感じました。

この変化の背景には、チーム内での交友関係に大きくかかわりがあるように思います。この学年は本当に仲の良い子たちがそろっていていつも一緒にいるように思います。練習前に早く集まり道場で遊んでいたり、休みの日も一緒に行動しているようです。この仲間意識が、ここぞというときに集中力を高めているような気がします。

団体戦での強さを身につけつつある川口道場。それと同時に人生において一番大事なものを手に入れている・・・・・

そう感じる今日この頃の赤ペンですwink

20140713_144630_3


Aチーム・Bチームともに1部、3部で3位ともう少しが足りない川口道場。この少しをしっかりみんなで仲良く克服していきたいと思います。

それと・・・・

余談ではありますが、大会後、道場へ戻り2階の多目的ホールにてビデオ研究をしている際、保護者の方々から、サプライズイベントがsign03

そう、この日7月13日は、わたくしの誕生日なのであります。

びっくりするほど大きなホールケーキbirthday

1405259440212


カットフルーツが山盛りのケーキに、そしてお母さま方の美声によるバースデーソングに心の底から驚かされましたモヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!。

サプライズ大成功ですねcoldsweats01

皆様方のお心遣いに感謝感激でございます。

みんなで食べたバースデーケーキは、忘れることのできないほどおいしいケーキでした。

本当にありがとうございました。この場を借りまして心よりお礼申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月15日 (火)

第9回小学生柔道錬成石川大会

平成26年7月13日(日)に石川県立武道館において第9回小学生柔道錬成石川大会が行われました。

この大会は、石川県のチームと長野、富山、福井から優秀チームとして何チームかの招待チームにて争われる4・5・5・6・6年生の団体戦で、川口道場から2チーム参加しました。

結果は次の通りです。

1部

優勝 津沢柔道スポーツ少年団(富山) 2位 開示塾(長野)

3位 窪田柔道倶楽部(石川) 3位 川口道場A(福井)

2部

優勝 柔整会柔道教室A(福井) 2位 内灘町少年柔道教室A

3位 雄志館(石川) 3位 緑・石野正武塾(石川)

3部

優勝 鶴来道場(石川) 2位 加賀聖武館(石川)

3位 高岡西条スポーツ少年団(富山) 3位 川口道場B(福井)

という結果でした。

入賞者のみなさんおめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

悲願の初優勝!!

昨日行われた福井県柔道整復師会会長杯少年柔道大会兼福井県少年柔道大会。

この大会は、川口道場にとって歴史的な大会となりました。

午前中は、全国大会の選手を選出するための個人戦が行われました。

福井県は4年生の部、5年生の部、6年生の部に分かれ個人戦を行い、四年生は優勝者が、5年生、6年生はファイナリストたちがそれぞれ県の代表となり5人の団体戦のチームとなる選抜式の方法をとっています。

この個人戦で、5年生の部をケイシが見事優勝!!去年に引き続き今年も日整の代表となりました。ほかの選手も健闘しましたがあと少しというところで敗れてしまいました。

そんな残念な結果を切り替えて、午後に行われた団体戦に挑みます。

この団体戦は、4・4・5・5・6・6・6年生で構成される7人制の団体戦です。この試合は県主催で行われる団体戦最後の大会。

今年のチームは、本当に実力も気力も充実しているメンバーだったためなんとしても優勝をしてもらいたかった。

団体戦の試合は、予選から充実した内容で勝ち上がり、決勝トーナメントも順調に勝ち上がりついに決勝戦へ・・・

決勝の相手はいつもお世話になっている柔整会柔道教室さん。

3月の全国大会予選の時に1-1の内容という僅差で敗れた相手!!

またこうやって決勝の舞台で戦うということは2度とないチャンス。子供たちはこの時を迎えるために厳しい練習を乗り越えてきました。

Img_12574627388607


Img_12663978128715


試合は、いきなり先鋒・次鋒が有効、一本でそれぞれ敗れ、2点を追いかけるという大変厳しい展開・・・すでに敗戦ムードが漂ってきそうな展開ですshock

Img_12649056932319


続くカツキ引き分け

Img_12636258061573


ポイントゲッターのケイシが、一点一本で取り返すものの、ここからは実力伯仲の相手ばかりでした。『このまま敗れてしまうのか』そんなことが頭をよぎるそんな流れを変えた救世主の登場!

Img_12623857451167


6年生のユウタが、大内から目の覚めるような内またで見事一本勝ち。この内股は、実は前回敗れた後、自ら練習に取り掛かった技でした。今までは背負いを中心に練習していましたが、軽量級相手で背負いのみでは足りないと感じたためか誰に言われるわけでなく、自分で研究練習していた技でした。その後も、練習を繰り返したもののケガなどで思うように練習ができず苦しんでいたユウタですが、この決勝の大舞台で見事に決めてくれました!!

Img_12610247989854


Img_12593238101255_2


この試合の後、副将、大将が何とか相手の猛攻をしのぎ切り2-2の内容、というぎりぎりの好勝負の中、優勝をもぎ取ってきてくれました。

この決勝戦は、本当に感動する素晴らしい戦いだった・・・・・・

らしいですsign02

というのも、この日自分は、福井県から推薦していただき、兵庫県のほうで柔道審判Aライセンスの試験を受験しておりました。

なのでこの感動的な決勝戦、子供たちの手に汗握る熱戦の数々を

見ておりませんo(;△;)o

大会後、うれしい報告が続々と自分の携帯のほうにやってきました。

20140706_153805_3


20140706_155011_2


川口道場が設立されて今年の12月で10年目を迎えることになります。いろんなこだわりを持って柔道を指導し、時にはそんなこだわりが足かせとなってしまった時もありました。それでも、信念を貫き迎えた10年目。

そんな節目の年にこうやって子供たちの努力が一つ形になったということを心から喜びたいと思います。

指導者・保護者・子供達、この三位一体がうまく機能したことが今回の勝因といえるでしょう。

しかし、川口先生からのお電話では、『最後の場面で、逃げるような動作があった。あれは指導をとられても文句の言いようがない動作だった。こんな柔道ではまだまだダメだ。また明日から鍛えなおさなくては・・・・』とまだ優勝したことで満足していない様子でした。

これからも、ますますの発展をしていけるよう子供達と一緒に頑張っていきたいと思います。

1404720625926


最後にみんなで集合写真!!この中に自分が入れなかったことが本当に残念です。

しかし、今思えば、川口道場が団体で初優勝した児玉杯の時も、YU先輩・Jun先輩・Nao先輩が全中に出場することを決めたときも、自分は会場にいなかったような気が・・・・

自分がいないほうが勝のか?

気のせい・・・・・だよな( ̄○ ̄;)!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

福井県日整少年柔道大会

平成26年7月6日(日)に福井県立武道館において福井県日整少年柔道大会が行われました。

午前中に全国大会の福井県選抜選手を決定する個人戦が行われ、午後からは4・4・5・5・6・6・6年生で構成される7人制の団体戦が行われました。

結果は次の通りです。

4年生の部

優勝 岡田 ゆうき(総斗会) 2位 上口 彪覇(實心館) 3位 上田 健斗(金井) 3位 ??

5年生の部 

優勝 川口 敬志(川口) 2位 平本 大空(柔整) 3位 石本 晶也(大野) 3位 林 空音(實心館)

6年生の部

優勝 坂口 千桜(柔整) 2位 五十嵐 翔也(金井) 3位 宗広 杜頼(川口) 3位 後藤 陸(煌輝)

団体戦

優勝 川口道場 2位 柔整会柔道教室 3位 實心館 3位 大野柔道スポーツ少年団

という結果でした。

個人戦の4年生の優勝者、5年生優勝者、準優勝者、6年生優勝者、準優勝者の5人が福井県の代表選手として10月13日に行われる全国少年柔道大会に出場します。

20140706_155011


また午後から行われた団体戦では、川口道場が初の優勝を飾ることができました!

入賞者のみなさんおめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »