« 居残り練習 | トップページ | 第16回北信越柔道『形』競技大会 »

2014年6月 4日 (水)

マルちゃん中部大会

今年も、マルちゃん杯中部大会に参加してきました。

 

今年は岐阜県で大会が行われ、車1台に選手たちを乗せ会場であるヒマラヤアリーナ(旧岐阜アリーナ)へrvcar

 

会場はすでに、中部地区の強豪たちが集まり大賑わい!!

 

でも、子供たちはだんだんたくましくなってきたからかこのような大きな会場でも過剰に緊張することなくリラックスした状態で、試合を迎えることができていました。

 

初戦は、いつも合同練習等でお世話になっている富山県の強豪高岡西条さん。

 

身体は小さいが非常に鍛えられているチームであり、うちが苦手としている柔道スタイルの相手でした。

 

試合は、先鋒引き分け、次鋒も有効を取り合い引き分け、と苦しい立ち上がり。

 

中堅で、ライキがポイントを奪い勝利し、副将キャプテントライがしぶとい相手から足技で一本を奪い勝利を決めました。大将のケイシ引き分けで何とか初戦を2-0で勝利し続く二回戦へ。

二回戦の相手は、静岡県の伊豆長岡さん。今年の全少静岡代表チームです。初戦の勝ち上がりを見せてもらうと先鋒から大将までしっかり鍛えられている・・・・

でも、このような強豪チームと戦うためにこの大会に参加しています。

川口道場の挑戦が始まりました。

先鋒は、激しい組み手争いの中からユウタが徐々に組勝つようになってきて試合の終盤に組み際の大内刈りで見事な一本を奪い勝利。

続くカツキは、小柄な相手に翻弄されなかなか自分の形を作ることができず何とか引き分け。

中堅ライキは危ないシーンが何回もありましたが、ワンチャンスをものにして勝利。

副将トライは、一進一退の互角の好勝負!!試合の終盤に、トライが技を仕掛けたところ相手が勝負に来て、もつれて場外へ・・・そこで審判から合議の合図。

どうやら、もつれた際、すくい投げのようになってしまったようで、トライの反則勝ち。

ここで勝負が決まりました。大将のケイシは力強い攻撃に対し、小外で勝負に出るなどなかなか見ごたえのある好勝負をして引き分け!!

強豪相手から3-0で勝利することができました。

ここまで、失点なしのまずまずの試合ができていましたが、続く3回戦では、石川の強豪坂田道場さんに、先鋒技あり負け、次鋒指導2負け、中堅有効負けと前半3つ取られてしまい敗れてしまいました。

ただ、勝負が決まった副将戦で今まで勝ったことのないN川君からトライが豪快に一本勝ちを収め成長の兆しを見せてくれました。

大将のケイシも一本勝ちを収め3-2で、接戦を落としてしまいました。

先鋒は勝負に出ての敗戦なので、まあ仕方ないかと思いますが、次鋒、中堅はもっと勝負に出てもよかったと思います。

次鋒は慎重に試合をしすぎて、いらぬ指導をもらいそれで敗れてしまいました。中堅は、取りに行かなくてはいけないところでしたが、単調な攻めになってしまい逆に有効を奪われてしまいました。

これからの練習で、何が足りなかったのかをしっかり見直してもらいたい。

一生懸命練習はしている・・・・でも、こういう場面を想定しての練習まではできていなかったように思います。

ただ練習をするのではなく『何を』練習するのかをもっとはっきりさせればこういう敗戦がなくなっていくのではないかと思います。

とは言え、全体的に成長を感じる試合をしてくれました。

今回の試合で足りないと感じた部分の強化にあたりたいと思います。

最後になりましたが、観客席の場所取りをしてくださった丸岡スポ少の皆様ありがとうございました。おかげさまで保護者の方もゆっくり試合観戦ができましたお礼申し上げます。

|

« 居残り練習 | トップページ | 第16回北信越柔道『形』競技大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/56397405

この記事へのトラックバック一覧です: マルちゃん中部大会:

« 居残り練習 | トップページ | 第16回北信越柔道『形』競技大会 »