« 第11回全国小学生学年別柔道大会福井県予選 | トップページ | 居残り練習 »

2014年5月19日 (月)

成長と課題

最近私事でなにかと忙しく更新できていませんでしたが、少しずつ落ち着いて来ましたのでまた更新していきたいと思います。皆さまどうぞヨロシクお願いいたします!!

さて、今回は先日行われた全国学年別福井予選!!

全国大会への切符を手にするため、子供たちは本当に一生懸命練習していました。

3月に行われた全国少年柔道大会予選の決勝での悪夢・・・・

この悔しさをばねにして、子供たち自身が意識の高い練習に取り組んでいたと思います。

今回は団体戦ではなく個人戦。

個々の、能力、意識が試される試合です。

試合前、子供たちの中に何人かの故障者も出てきました。試合前にまったく練習できなかった子もいます。

不安要素はそれなりにありましたが、それでも子供たちの練習の取り組み方と仲間達とかわす言葉の節々に、非常に良い雰囲気が作られている事が確認できていましたので楽しみにしてこの大会を迎えられました。

この大会も、国際柔道試合審判規定・新ルールの採用となりましたので、審判監督会議でしっかりとルールの確認を行い試合に臨みました。

試合のほうは、初戦からみんな期待通りのよい試合をしてくれました。残念ながら試合に敗れてしまった子でも、今までにない試合展開を作れるようになっていて手応え十分!!

そんな中、参加することのできた5階級すべてでまさかの決勝進出。練習での成果を発揮してくれました。

ただ、残念ながら決勝では、ケイシが一本勝ちで優勝を決めたものの、ほかの階級では、ことごとく敗れて、優勝はケイシのみとなってしまいました。

決勝の舞台で、力を発揮できずに敗れたもの、経験不足でもつれたところで敗れたもの・・・

もったいない敗戦が多かったと思います。

ある先生にお聞きした言葉で、『初戦と、決勝戦で敗れるのは指導者の責任』という言葉があります。

指導者の声掛けにより、子供たちの力を引き出す、またはいつもどおりの精神状態、自然体で試合に望むことができる・・・

今回の決勝戦ではそこまでの声掛けができなかったように思います。子供たちの努力のおかげで5階級決勝進出という好成績を得られたもののあと一つを勝たせてあげれなかったことにとても悔しさを覚えました。

でもこの経験が、きっと子供たちをもう一回り大きくさせてくれることでしょう。前回の試合でも決勝で敗れ、その後大きく意識が向上しました。

子供たちには悔しさを力に変える力があります。

26 これからの成長に期待したいです。

最後になりましたが、大会運営をしてくださいました福井県柔道連盟の先生方をはじめ審判係員の皆様本当にありがとうございました。

|

« 第11回全国小学生学年別柔道大会福井県予選 | トップページ | 居残り練習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

赤ペン先生、お久しぶりです!

お忙しい毎日、お疲れ様です。もろもろのお祝いも言えずにすみませんでした。この度はマイホームに独立、おめでとうございました(*^^*)

これからますます大変になると思いますが頑張って下さい!

自分もみねで赤ペン先生にアドバイスを頂き、自分なりにお世話になったみなさんにご迷惑をかけない形で、またブログを続ける決心をしました(^^)ありがとうございました。

落ち着きましたらまたゆっくり語りましょう!

泉弥の練習も是非受け入れて下さい(*^^*)

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2014年5月19日 (月) 17時23分

裕さんコメントありがとうございます。
皆さんのおかげでマイホームと開業をすることができました。
なかなか時間が取れず更新が遅れてしまったことをこの場を借りてお詫び申し上げます。
裕さんも大変だとは思いますが、丸岡柔道愛を全面に出したブログを楽しみにしております。

また、ホルヒネ会で楽しみましょう!!
泉弥ちゃんの練習も楽しみです。自分も練習しなくてはならないので一緒に頑張ろうとお伝えください。

投稿: 赤ペン先生 | 2014年5月20日 (火) 15時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/56234159

この記事へのトラックバック一覧です: 成長と課題:

« 第11回全国小学生学年別柔道大会福井県予選 | トップページ | 居残り練習 »