« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月27日 (月)

一本柔道の祭典

Cimg0184 先日行われた丸岡町少年柔道交流大会。

この大会に参加して感じたことを一言で言い表すとすると見出しにあるように

Cimg0218 『一本柔道の祭典』

という言葉が当てはまると思います。

Cimg0189 この大会の全試合中6割が一本決着率!!

審判をしていても、取るか取られるかのスリリングな展開に非常に気を張る試合ばかりでした。

一番驚いたのが、各部門の予選を勝ち抜いた各部門の決勝トーナメントの決勝戦がすべて一本決着。

こういう大会も珍しいのではないでしょうか?

なぜこのような一本決着の多い試合となったのか?ちょっと考えてみました。

今回、このような大会になった要因として大きく3つのことがあげられると思います。

1.各団体の柔道スタイルがよく似ていた。

今回参加していたのは、旧坂井地区の4団体。どのチームも、しっかり組合一本を狙うスタイルを目指していますので、お互いに守るというより攻めるというスタンスで勝負をしていた事が第一にあげられると思います。余分な組み手争いがない分、短い時間の中でも一本決着の確率が上がったと考えられます。

2.一本決着になりやすいルール、ネガティブ柔道に厳しい審判

次に、審判員の方針が統一されていたという事があげられます。坂井地区では、『子供達が頑張って練習をしているのだから、その試合を裁く審判員も勉強が必要』という理念の元、審判勉強会を行っています。なので、ネガティブ柔道に対しては厳しく指導の反則が与えられます。さらに、大会申し合わせ事項としていきなり膝を付く技に対しては片膝であっても指導の反則を与える。というルールを採用していますので、膝を付いて逃げることもできず組み合っての技の攻防時間が自然と増えたことが2つ目にあげられます。

3.一本の価値を高める大会方針

最後に、この部分が一番大きな要素を含んでいるのではないかと感じているのですが、

『一本勝ちに対しての付加価値をつけて素晴らしい一本を評価するsign03

という大会の方針が、子供達の心をくすぐり、今回の大会を盛り上げてくれたのではないかと考えております。
去年より採用された、『素晴らしい一本勝ちをした選手を表彰する』『一本を狙い果敢に技を仕掛ける者を表彰する』という2つの部門の賞状を用意し表彰したことが、今回、子供達の技を仕掛けようとする心に勇気を与えてくれていたのではないでしょうか?
現に、一本決着の中には、技を仕掛けることで返されてしまい一本負をしている子がたくさんいました。でも、今この時期は、負けないために技をかけないより、勝つために技を仕掛けるという姿勢のほうが、より魅力的な柔道家を育てると思います。
そう考えると、今回負けてしまった子でも、試合を通じて収穫はあったのではないでしょうか?『負けるのが怖い』、と思って試合するよりも、『勝ちたい、一本を取りたい』というポジティブな感情で試合をするほうが楽しいのではないかと思います。
今回の大会では、みんなベスト一本賞、ベストチャレンジ賞を狙い熱い戦いを繰り広げてくれたと思います。試合を見ていてどの試合もとても魅力的に感じました。

このような3つの要素のおかげで、川口道場の子供達も活き活きと試合をしていたように思います。

Cimg0187 今回試合前に子供達へ出した課題を意識した試合運びができていたと思います。最近、子供達の自主性が大きく育ってきていると感じました。

Cimg0221 特に、仲間が戦っているときに会場のいろんなとこから、応援と技術的なアドバイスが送られていた事でその部分が感じられました。仲間と共に戦っている・・・・そんなイメージがする雰囲気に大満足。こういうチームとしての一体感が出てきてくれたということが一番の収穫でしたね(*^ー゚)bグッジョブ!!

そして、もう一つうれしかったことは、礼法優秀賞を2名も受賞できたこと!!

試合で優勝すること同様にこういう部分でも評価してもらえたということは大変喜ばしいことですね。

こうして無事大会を終えて、たくさんの入賞をしてくれた子供達。日に日にたくましく成長してくれている姿を見せてくれる子供達に感謝ですね。

最後になりましたが、今回大会を企画運営してくださった丸岡町柔道スポ少の先生方、そしてお手伝いいただいた保護者の皆様本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

丸岡町少年柔道交流大会

平成26年1月25日(土)に丸岡武道館において、丸岡町少年柔道交流大会が行われました。

丸岡町柔道スポーツ少年団、坂井町柔道教室、春江町柔道スポーツ少年団、川口道場野4チームで1~4年の学年別、5・6年は合同で重量級、軽量級の2階級の全6部門で熱戦が繰り広げられました。

結果は次のとおりです。

一年の部

優勝 齊藤 莉央(坂井) 2位 北 賢司(川口) 3位 川口 寛太(川口)

2年の部

優勝 北得 洸大朗(川口) 2位 齊藤 将大(坂井) 3位 黒川 真弥(丸岡)

3年の部

優勝 宗広 泰河(川口) 2位 板取 将生(川口) 3位 黒川 真之介(丸岡) 3位 豊岡 祐一郎(春江)

4年の部

優勝 川口 敬志(川口) 2位 林 克樹(川口) 3位 廣瀬 芽衣(丸岡) 3位 田邉 涼香(川口)

5・6年軽量級

優勝 荒谷 優太(川口) 2位 宮谷 銀河(坂井) 3位長谷川 翔(丸岡) 3位 高山 湧成(丸岡)

5・6年重量級

優勝 高島 歩(丸岡) 2位 田中 泉弥(丸岡) 3位 宗広 杜頼(川口) 3位 川口 真穂(川口)

優秀礼法賞

林 克樹(川口) 宗広 杜頼(川口) 藤堂 大貴(坂井)

ベスト一本賞

宮谷 銀河(坂井) 板取 将生(川口)

ベストチャレンジ賞

小林 叶人(丸岡)

という結果でした。

入賞者の皆さんおめでとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

年明け一発目の合同練習

平成26年になりまず最初の合同練習が、先日の3連休で行われました。

まず、11日の土曜日には、丸岡地区の鏡開き式が行われ丸岡地区で柔道をしている少年少女と中学生達による年初めの稽古が行われました。

Dsc_1290 丸岡柔道スポ少と川口道場、そして丸岡中学校と丸岡南中学校で柔道をしている子供達が元気に汗を流していました。

川口道場の子供達は、果敢に中学生へ挑んでいました。それでまた結構いい勝負ができているではありませんか!!

優しいお兄さんお姉さんに色々と声をかけてもらいながらの練習というのもやる気が出てくるのかもしれません。

みっちり3時間。追い込んだ練習が出来ていたと思います。

Dsc_1295 練習後は、保護者の方が作ってくださったおいしいトン汁をいただきました。よっぽどおいしかったのでしょう、4杯もお代わりしている子もいました。また体の小さな女の子は、その見た目で判断されたのでしょうか、3杯目のお代わりが半分くらいしかもらえなかったと嘆いていました。食欲のほうもしっかり強化されているようですcoldsweats01

大きな鍋にいっぱいあったトン汁も、見事完食!!

この鏡開きでとても良いスタートを切ることができました。

そして次の日から、県立武道館で他府県のチームを何チームかお招きして合同練習会が開かれました。

去年、色々と出稽古に行った際、お声掛をさせていただいて実現した合同練習会で、試合練習を中心として12日・13日の2日間に渡り実施されました。

Cimg0122 この三連休、大変寒い天候となり雪が降り積もり足元が悪くなってしまいましたが、長野県から開示塾さん、富山県から津沢柔道スポーツ少年団さん、県営富山武道館さん、石川県から鶴来坂田道場さん、松任柔道スポーツ少年団さん、そして京都府から東方館さんと、全国的にも有名なチームがたくさん来福してくださいました。

12日は、1チームと55分間の間で自由に試合を行い全6チームと試合を行い、13日は1チームと45分間の試合で7チームと試合を行いました。

Cimg0123 Cimg0128 Cimg0133 Cimg0146 両日とも、色々な試合を想定して団体戦の練習ができました。12日はとても手ごたえがある試合内容が多かったと思います。

Cimg0129 Cimg0151 Cimg0144 以前出稽古で、負けていた相手から勝利できるようになっていたり、ここ最近の狙いを絞った練習をしていた技術にある程度の手ごたえを感じることができました。

Cimg0173 Cimg0174 特に、的を絞っていた『連絡する技術』については、自分の想像以上の手応えを感じることができました。

Cimg0166 ただ、13日になってくると試合を意識しすぎてか、自分のスタイルが崩れてきたり、姿勢が乱れたりと投げに行くことより負けない柔道を意識するようになったと思います。

その子その子によって個人差がありなんともいえませんが、試合練習もやりすぎると弊害となってしまうケースもあるようです。

今回の試合練習では、いろいろなタイプとの試合が経験でき、子供達にとって視野の広がる経験ができたと思います。この経験を積むというのも今回の合同練習での狙いの一つ。今回の経験のなかで見つけた修正点を今後の練習で活かしてもらいたい。

また、県外のチームの中には合宿で参加してくださったチームもあり、夜の懇親会では指導者としても大変勉強させていただきました。懇親会の後半では、組み合ってそれぞれの課題点と修正案を出し合い意見交換をしてこれまた大変有意義な時間を過ごせました。

指導者、子供達それぞれに収穫の多かった今回の合同練習会!ただ、残念な事にこの合同練習で怪我をしてしまった選手もいました。一日も早い回復をお祈りしております。

こうして、柔道漬けの三連休から始まった平成26年の川口道場。

今年のスタートとしてとても良いスタートができたと思います。このまま今年も素晴らしい1年となるよう頑張って行きたいと思います。

最後になりましたが、お足元の悪い中合同練習に参加していただきました各チームの皆様、そして色々とお手伝いいただきました保護者の皆様本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

謹賀新年

皆様、あけましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

今年の目標は、 【協心戮力】 で行きたいと思います。

心を一つに力を合わせ事に当たるという意味です。

去年は本当にびっくりするような成長をしてくれました。自分自身も初心を大事に細かい事を丁寧に指導して基礎を固める一年を送ることができました。

それを今年につなげていけるよう、指導者、保護者、子供達皆が同じ方向へ力を合わせて踏み出していけるようがんばって行きたいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »