« 福井県少年強化練習会 | トップページ | 長野遠征1 川口道場ノリノリ遠征出発 »

2013年8月 6日 (火)

全日本少年少女武道錬成大会

平成25年8月4日(日)今年も全日本少年少女武道錬成大会に参加してきました。

前日の夜、バスに乗り込みbus、当日の朝、柔道の聖地日本武道館に到着。

もう今年で7回目になる日本武道館。この日はさほど暑くなく、まさに絶好の試合日和!!

今回も、5・6年で構成された高学年チームと、3・4年で構成された低学年チームでの参加となりました。

今回初の武道館参加の子達は、日本武道館の迫力に圧倒されていましたね。

Cimg0063 武道館に入り、開会式の準備。全国から集まった3000人以上の子供達とともにあの日本武道館の畳の上に立ちます。あまりの人の多さに戸惑う子供達~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

Dsc_0782 Dsc_0785 開会式が始まり、恒例のライトアップ。子供達から感動の歓声が上がります。

Dsc_0780 今年の旗手はキャプテンのマホ。カメラを向けると非常に恥ずかしそうにしておりました。

開会式が終わり、基本錬成が始まりましたが、試合に出場するものは、武道館の外でアップを行います。

打ち込みと、トレーニングで汗をかき、少し道着を使う練習をしてアップ完了。さほど緊張する様子もなく初戦を迎えることが出来ました。

まず最初は高学年チームから!!

相手は、少年柔道のレベルが高いことで有名な神奈川県の悠友館さんとの対戦でした。

Dsc_0813 まず先鋒戦、体の小さなヒナノが畳みの上に立ちます。初めての大舞台での先鋒の試合。試合が始まるまでため息ばかりついていたそうなのですが、試合が始まると序盤から小さい体を存分に動かして試合に臨んでいました。途中振り回されつぶれたところを押さえ込まれてしまいますが、あきらめない気持ちが勝り、14秒でギリギリ脱出!!その後も気持ちを切らさず戦い引き分け・・・この子はあまり試合に勝ったことがない。この間のJAの試合で初めて勝利したという子でした。でも練習を一生懸命することができる子なので、段々と負けなくなってきています。先鋒としてまずまずの試合をしてくれました。
Dsc_0816 続く次鋒のユウタ。5年生で軽量級ではありますが、今大会のポイントゲッター的な存在として期待していました。しかし、試合では圧倒するものも極めきることができずの引き分け・・・最近スランプに陥っています。
Dsc_0817 ちょっと嫌なムードになりかけましたが中堅のキャプテンマホが、開始早々払い腰で一本勝ち。これで勢いに乗り副将のライキも大外で一本勝ち。チームの勝利を決めてくれました。大将のトライも気合十分に試合に臨みましたが、気持ちが空回りして引き分け・・・・一回押さえ込んでいるのに決めきれないというのは大きな課題が残る一回戦でした。

次に試合をしたのは低学年。相手は、良くお世話になっている先輩が指導されている富山の上市町柔道スポーツ少年団さん。
Dsc_0818 Dsc_0820 Dsc_0821 この試合は、先鋒、次鋒がいなかったということもあり何とか勝利させていただきました。

高学年の2試合目
Cimg0074 続く相手は、茨城の関城柔道会さんとの対戦となりました。先鋒戦開始直後に、相手の両袖からの袖釣り込み腰に付いていってしまいいきなりポイントを奪われてしまいます。そのまま押さえ込まれて負けるかと思いましたが、ピンチを脱出して今度はヒナノが相手の後について寝技で攻めていきます。何度か惜しい場面を作りますが決めきれず待て!その後は、立ち技で攻めてくる相手対、寝技のヒナノという試合でした。時間間際押さえ込みそうになりますが惜しくも決めきれず、優勢負。でも、一本負を覚悟していたところでしたのでこの試合はみんなに勇気を与えてくれました。

Cimg0078 次鋒のユウタは先ほどの試合の反省点を活かし、すばやい組み手から自分の形を作り見事な大内刈りで一本勝ち。
続くマホも、先に攻めて寝技の展開をつくり抑えそうになりますが、抑える寸前でマテが掛かってしまいチャンスを逃してしまいます。その後も攻めますが決めきれず引き分け。副将のライキが、時間間際に相手大外を小外で切り替えして有効を奪い2-1勝負は大将戦へ・・・
Cimg0081 大将のトライは大きな女子選手と戦い。序盤から組み勝ちますがその後なかなか攻めていけない展開。結局そのまま試合が終わり引き分けで2回戦も何とか勝利することが出来ました。5年生が3人、6年生は軽量級という厳しいと思われていたチームでしたが、しぶとい試合で何とか2試合目も勝利することが出来ました。

低学年2試合目
相手は八王子警察少年柔道会さんとでした。
Cimg0064 初戦試合が出来なかったリョウカが武道館初の畳の上に登ります。
Cimg0065 初の先鋒というポジションでしたが、元気いっぱいの試合で、大外で一本勝ち。
Cimg0066 Cimg0067 続くタイガも、上の学年の相手でしたが思いっきり技をかけポイントを奪ってから寝技で一本勝ち。今までは逃がしていた場面でしたがきっちり抑えきってきました。中堅のカツキも支えで相手を投げて一本勝ち。
Cimg0069 副将シュウジは豪快に担ぎ上げ背負い投げで一本勝ち。
Cimg0071_2 大将の敬志が払い腰で一本を取って5-0で2回戦も勝利することが出来ました。

続く3回戦、高学年、低学年ともに山場を迎えます。

まず高学年は、茨城の一心館菅谷道場さん。
Cimg0090 先鋒のヒナノは組み合おうとしますが完全に力負けで一本負。
Cimg0092 次鋒ユウタは苦手の奥を叩いてくる相手でしたが寝技のチャンスに引き込んで相手を返したところまではよかったのですが、その後相手に返され逆に押さえ込まれ一本負。
Cimg0095 中堅戦、相手は去年の全国大会にも出場経験のある女子選手。非常に動きの良い好選手で、マホより実力は完全に上でした。しかし試合が始まると、積極的に技をかけ相手が出ようとするところに大内や内股をあわせ勝負します。途中相手に押さえ込まれますが、何とか逃げてしのぎます。時間間際には、寝技のチャンスを作り攻めましたが返せず時間。しかし、格上の相手から堂々と戦って引き分けてきました。
Cimg0096 勝負が掛かった副将戦。ライキはガンガン攻め込まれますが何とかしのぎ大外で応戦します。しかし、相手に奥を叩かれたとき頭が下がってしまい大内で一本負・・・負が決まってしまいました。
Cimg0098 大将のトライも逸し報いてもらいたかったのですが体格差のある相手に簡単に投げられてしまい一本負。4-0で敗れてしまいました。明らかに力の差がありました。が、試合後全員が涙して先生の話を聞いています。子供達は勝つ気で
いたのでしょう。
Cimg0101 Cimg0100 今までは勝負に対して少し冷めた態度の子もいましたがその子も涙で顔がくしゃくしゃになっていました。この日本武道館の雰囲気、そして仲間の雰囲気がその子に変化を与えてくれたんだと思います。悔しかったら強くなれ。この経験を次の勝利につなげてもらいたい。

Cimg0082 続いて低学年。相手は秋田県の強豪雄武館山中道場さん。試合を見せていただいたところみんな相当鍛えられている様子が伺えるチームでした。

まず先鋒戦。リョウカは、開始早々内股で転がされてしまい押さえ込まれて一本負。頑張って逃げていたのですが無念の一本負でした。

Cimg0083 次鋒のタイガは気合十分で前に出ますが、その力を利用され背負いで一本負。相手チームのポイントゲッター相手に向かっていったのですが、相手のほうが一枚も二枚も上手でした。

Cimg0084 中堅のカツキに勝負が掛かってきましたが、開始早々相手の内股でポイントを奪われてしまいます。寝技を何とか脱出しましたが、その後も相手のペース・・・でもだんだん相手の動きについていけるようになり後半は怒涛の反撃でしたが、残念ながらそこでタイムアップ。残念ながらこの時点で負が決定してしまいました。

Cimg0085 副将のシュウジも大きな相手に何とか粘って戦いましたが、技ありを奪われ優勢負。

Cimg0086 大将のケイシが、小外から押さえ込み一矢報いましたが4-1の大差で敗れてしまいました。低学年の子達は、今回の試合で、今まで練習で出来ていなかったような動きが出来るようになっていました。大きな舞台そして仲間と戦う団体戦ということが心理的に作用したのでしょうか?これが団体戦の面白いところ!!子供達の+αを引き出してくれます。

低学年の子達も三回戦で敗れ、高学年・低学年ともにベスト16でした。まあ、そのブロックで高学年準優勝と低学年優勝したチームとの対戦ができたということは今後のよい励みとなってくれることでしょう。

結果としては残念でしたが得るものが多い試合だったと思います。この試合で自信をつけたもの、また大きな課題に気づいたもの、それぞれにとって良い経験となったことでしょう。

Dsc_0822 最後、武道館の前で記念撮影。

続いてライキポーズshinecamera

Dsc_0827_2 こうして無事大きな怪我人もでる事無く、川口道場の武道錬成大会は終了しました。今回この武道館で感じたことを是非道場に持ち帰りチームの仲間達にも伝えていってもらいたいものです。

試合をして得た興奮と、負けた悔しさを胸に、柔道の聖地日本武道館を後にしました。

|

« 福井県少年強化練習会 | トップページ | 長野遠征1 川口道場ノリノリ遠征出発 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
さすが川口道場sign03 またもやスポ少の上を行かれてしまいましたねcoldsweats02
5年生中心のチームでの3回戦進出。チーム力を感じます。
また、詳しい試合内容と、謎の『ライキ(来輝?)ポーズ』の意味を教えてくださいねcoldsweats01

投稿: クリリン会長 | 2013年8月 6日 (火) 19時03分

クリリン会長コメントありがとうございます。
東京遠征お疲れ様でした。
思った以上に子供たちは頑張ってくれました。
今年のチームは本当に仲が良くその辺がチーム力になっているように思います。
丸岡さんも強敵相手から泉弥ちゃんの一本勝ち!!(* ̄∇ ̄*)最高にかっこよかった!
良いものを見させていただきました。
来年また頑張りましょう♪
ライキポーズとは、子供たちの間で流行している、ポーズです。ライキを良く見ていると何をするのかが見えてきますよ♪

投稿: 赤ペン先生 | 2013年8月 6日 (火) 19時59分

東京遠征、お疲れ様でした。
今年も川口道場さんの2チーム、熱い戦いをされていましたね(^^)
6年生が2人しかいないチーム編成で、凄いことだと思います。

泉弥の試合、褒めていただきありがとうございます(^^) 丸岡は2回戦で負けましたが、燃えました(^^)

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2013年8月 7日 (水) 18時14分

裕さんコメントありがとうございます。
今年も日本武道館では熱い戦いが多かったですね。
この東京遠征で、毎年子供達の意識が大きく変化していると思います。
今年も子供達はこの経験を経て大きく成長してくれることでしょう。
それにしても丸岡さんは相変わらず6年生になってから面白い成長を見せてくれていますね。
この時期に急成長をするというのが丸岡さんの伝統なのでしょうか?
今後の活躍を期待しております。

投稿: 赤ペン先生 | 2013年8月 8日 (木) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/52751019

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本少年少女武道錬成大会:

« 福井県少年強化練習会 | トップページ | 長野遠征1 川口道場ノリノリ遠征出発 »