« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

平成25年川口道場夏合宿

平成25年8月24・25日に川口道場において川口道場夏合宿が行われました。

全員参加のお楽しみ合宿!!

この合宿に

なんとsign03sign02

自分は参加できず・・・・・・(つд⊂)エーン

別の合宿に参加しなくてはならず、このお楽しみ合宿には参加することが出来ませんでした。

この合宿では、みんなで練習してお風呂に行って、おいしいご飯を食べて、DVDを観て、先輩達からいろんな話を聞いて・・・・・などなど楽しいイベント目白押しだったのですが、残念です。

合宿の写真を保護者の方が随時送ってくれたので子供達の楽しそうな雰囲気が伝わってきました。

合宿はこんな感じ!!

Cimg0122_2 Cimg0123 Cimg0120

1377856097302  1377856100451_2 1377856102925_2 1377856109848

1377856114295 Cimg0119_2 うーんおいしそう!!

1377856105200 子供達もすごく楽しそうです。

今年の夏合宿も実に楽しそうでした。合宿後の練習で、合宿の感想を聞いてみたら、みんな元気良く『楽しかった!!』と答えていました。

この楽しい合宿で築いた絆を活かし今後も元気に成長していってもらいたいものです。

1377856107529_3 最後にお手伝いいただきました保護者の皆様、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

王座決定戦2日目 低学年の部

一日目、白熱の試合が繰り広げられた川口道場王座決定戦!!

2日目は低学年による王座決定戦が行われました。

幼児~3年生までの試合。高学年の試合に比べるとどこかほっこりした試合が多い傾向があります。

それはそれで大事なこと!!

思わず笑ってしまうような試合が毎年あります。

ただ、今年はちょっと違う試合展開を期待していました。そこで、今回の低学年の部の試合には、新しくコーチング制度を採用してみました。

試合前、低学年に好きな高学年の子をセコンドに指名し、選ばれた高学年はその子が試合のときは、コーチボックスで待てとはじめの間にアドバイスを行ったり試合前、試合後のアドバイスを行うようにしてみました。

体操の後しばらく作戦タイム(*^-^)

高学年の子達は、短い時間でしたが一生懸命作戦を授けていました

(  ̄^ ̄)ゞラジャ  o(`ω´*)oワカッタカ!!

さて、そんな新しい試みを採用しての試合。これがまたなかなか面白い結果をうんでいました。

いつもの練習では勝利している子が、この日の試合はやりにくそうにしている。セコンドからの指示で組み手を封じられていました。

結果番狂わせも起こり、いつもと違う結果がまっていましたね。

三年生のジュンヤは、キャプテンマホにセコンドについてもらい、徹底して引き手から組む戦法を取っていました。いつも負けているシドウに後一歩というところまで追い込んでいました。また、試合後、高学年の元へ行き、正座をして話を聞いている低学年を見ていると真剣にうなずいてアドバイスを聞いている・・・・

こういう姿もなかなかよいもんです(*^ー゚)!!

決勝は、優勝候補筆頭のタイガと激戦を勝ちあがってきたショウセイの試合。立ち技では互角の展開でしたが、バランスを崩したところ押し込まれ寝技で一本決着。練習量の差が出ましたね。

こうして、今年の王座決定戦も終了。

大会後は、先日行われた、川口道場形競技大会にて優勝した、投の形、固の形の演武も行われ大会を盛り上げてくれました。

行われた演武はこちら

道場が狭いので、近い間合いでの礼法をしています。

固の形は最後の崩れ上四方でミスをして、投の形は支え釣り込み足似て致命的なミスをするという両ペアとも満足いく演武ではなかった様ですが、短い時間で良く頑張ったと思います。

Dsc_0961 Dsc_0962 大会後の表彰式。今年もたくさんの賞状が子供達に配られました。

Dsc_0964 王座決定戦入賞者

Dsc_0967 投の形、固の形優勝者

Dsc_0968 受身コンテスト・寝技基本動作テスト最優秀選手達。この部門はみんな大変上手で点数が横一線。受身では同点一位が3人もいるという結果でしたが、前受身で満点の最高得点を取っていたシドウに栄冠が渡されました。

いつも仲良くしている仲間内で行う試合ということで手の内を知っているもの同士の戦いでしたが、意外と一本決着が多かった。GSを行い試合をしているということもあるのだろうが、二日間を通して判定が4回という結果に、一本を目指している試合が出来ていたのだと自分達の理想としている柔道を心がけてくれていることに喜びを覚えました。

この試合で気付いたことを今後の課題としてますます精進してもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金メダル第一号!!

昨日8月26日から、ここ日本の真裏のブラジル・リオにおいて柔道世界選手権2013が行われております。

前回の世界選手権では、屈辱の男子金メダル0個

今回試合に望む選手達にとっては、相当なプレッシャーが掛かっていたことでしょう。

そんな中初日で、60kg級の高藤選手が見事金メダルを奪取してきてくれました。

試合も抜群の勝ちあがりで、独特の足を持たない肩車から背負いのように投げる技(公式記録では横落)で相手を投げ、また接近して奥を叩いてくる相手からは、反対の大腰で接近戦を制してと素晴らしい試合運びでした。

決勝の相手モンゴルのダシュダバー・アマーツブシン選手との一戦は、パワーのある選手との接近戦でも、真っ向勝負で戦う気持ちの強さが伺える素晴らしい試合でした。

横落で一度一本の宣告があるも、ザンタラヤテクニックで腹這いになって逃げられたと判断され一本取り消し、しかし気持ちをおらず攻め続け指導2勝ちでした。

本当におめでとうございます。

女子の浅見選手も順調に決勝に勝ちあがるも、決勝戦でこれまたモンゴルのムンクバット・ウラントセトセグ選手の巴十字に嵌ってしまいまさかの一本負でした。長身の選手を組み手で翻弄しよい試合運びだと思っていたのですが、一瞬の隙を付かれてしまいまいた。最近海外勢の立技からの寝技の連絡、特に関節への移行の上手さには目を見張るものがあります。

3連覇を目前にして悔しい敗戦でしたが、試合内容は素晴らしかったと思います。

さあ、初日に金・銀とメダルを2つ取ってきた日本チーム。

今日は海老沼選手、福岡選手、橋本選手の三人が登場します。この勢いに乗って素晴らしい試合を期待したいです。

頑張れ日本!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月26日 (月)

第8回川口道場王座決定戦・高学年の部

Dsc_0955 平成25年8月22日・23日に川口道場において『第8回川口道場王座決定戦』が行われました。

22日(木)に高学年の部、23日(金)に低学年の部がそれぞれ行われ、川口道場ナンバーワンを掛けて熱い戦いを繰り広げました。

まず22日の高学年の部。

試合前から、子供達はぴりぴり試合モード。

Dsc_0959 すでに火花が散っているようでした。

試合は、3分本戦2分GSで勝負を決する試合。4年生~6年生までで争われる個人トーナメント戦です。

アップを行い、開会式をすませていよいよ試合開始。

試合では、高学年らしいとても激しい試合が繰り広げられました。様々な番狂わせがあった中、勝ち上がったのは、5年軽量エースのユウタからGS内股で豪快に跳ね上げ一本勝ちした6年生のマホと、なんと5年生エース級の選手達から一本勝ちで上がってきた4年生のケイシ!!夢の姉弟対決が実現しました。

決勝を前に敗者復活戦。一度負けても3位入賞のチャンスが残っています。その3位を掛けて勝ち上がっていったのは、5年生のリョウ、ユウタ、トライ、ライキ。

リョウVSユウタの軽量級対決は、ユウタの怒涛の攻撃にリョウはたじたじ!!ユウタの圧倒的な勝利でした。

もう一方の3位決定戦は、トライVSライキでした。この試合は、足技を駆使して攻めるトライと一発勝負のライキの試合でした。勝負は本戦ではまったくの五分でGSに突入するもお互いに決め手がなく判定。結果は手数で上回ったトライの判定勝ちでした。

3位が決定して、いよいよ高学年の決勝戦。

試合が始まり、足技、内股で先手を取っているマホ。

『そろそろ反則を取ろうかな?』

思っていたそのとき、組んだ瞬間の払腰で見事にマホが宙を舞いケイシの一本勝ち。

王座決定戦初の4年生チャンピオンの誕生でした。

この結果には本当に驚いた!!試合に強いケイシでした。

5・6年にとっては非常に悔しい結果。この悔しさを今後の練習のエネルギーにしてもらいたい。

試合全体を見て、組み手に成長の兆しが見えていました。組み手を切る技術とかではなく、組んだ状態で道着をずらすということができるようになっていました。後はもっと脇が絞めれれば・・・・・

楽しみになってきました(v^ー゜)ヤッタネ!!

試合後の講評では川口先生から珍しくお褒めのお言葉も飛び出し、子供達の成長を確認することの出来たよい試合でした。

白熱の高学年の試合を終え次の日、低学年の試合をむかえるのでした。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月21日 (水)

長野遠征番外編2 暑さを吹き飛ばせ肝試し大会!!

いつまでたっても、暑い日が続きますね~suncoldsweats01sweat01

このような暑い日に、こんな話はいかがでしょうかwink

それは、先日行われた長野遠征中に起こった出来事です。

長野遠征中、地獄のような練習の中の楽しみといえば、夕食時間後の自由時間。

といっても、宿泊しているところは街灯もないような本当の山奥なので、特に何かあるというわけではありません。

あるといえば大自然と、闇の奥から聞こえてくる動物達の鳴き声ぐらいでしょうか・・・・coldsweats01

そんな中、子供達からのリクエストで肝試し大会が開かれることになりました。

肝試し大会といっても、山奥の夜道をふらふら出歩いたら野生の動物達に出くわし危険なので、真っ暗な一部屋に一人ずつ招き入れて、怖い話を聞くというだけのもの。

だけど、一人で暗い部屋に怖い話を聞きに足を踏み入れることも相当な肝試しヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

暗闇の中、子供に窓の外を向くようにして暗闇の山を眺めながら、その子の後に立ち、怖い話を行います。

オチに大声を出すタイプの怖い話をチョイスし、子供達の悲鳴を楽しんでいました・・・が、このあと、自分自身にも恐怖体験がまっているとは知るよしもありませんでした。

怖い話をはじめて3人目のことでしょうか、3年生ジュンヤに、怖い話をしているときでした。

話も佳境に差し掛かったとき、窓の外が青白く2回、『パッ、パッ』と光りました。

『カミナリでもなったのかな?』と思っていたら、突然

バチン!!

と、音が鳴り、隣の部屋から悲鳴が・・・イャ━━Σ(゚д゚;)━━!!

最初、何が起きたのかがわかりませんでしたが、どうやら急にブレーカーが落ちて停電をしたようでした。

急いで隣の部屋へ移動しようと思ったら、ジュンヤが、自分の足にしがみついてうまく移動できません。

『おい、ジュンヤ大丈夫だから足を離せsign03

といっても、がっちり足をロックして、はずせない・・・・

『ジュンヤってこんなに力があるんだ・・・・』

なんて思いながら、移動しようと思っていたら、戸の隙間から光が差し込んできました。

どうやら、ブレーカーを上げて電気がついたようでした。

みんなも、急な停電に驚いていたからか、ちょっと興奮気味でした。

こんなことがあったので、肝試し大会はここで終了!!

みんなで、歯磨きをして寝る準備をはじめました。

怖い話をしていた部屋に布団を引いて、寝る準備をしているときに、4年生のシュウジが、何か自分にぼそぼそ言っていました。

自分はさほど気にせず、『早く寝る準備しろ!!』といって、寝る準備を手伝っていると、またシュウジが、『先生、実は・・・・』

と話を始めました。

『さっき、ジュンヤと話をしてたんだけど、停電を起したとき、先生はジュンヤに足を離せって言ってたみたいだけど、ジュンヤは先生の足につかまっていなかったって言ってるよ』

え・・・・・・sweat02

あの時、この部屋には2人しかいないはずcoldsweats02

じゃあ、あの足にしがみついていたのは・・・・・

誰?

ジュンヤに確認を取ってみると、『先生の足にしがみついていない』といっている・・・

今思えば、ジュンヤにしては力が強かったような・・・

そしてさらに、足はしがみつかれていた感覚はあったけど、どうしてあの時ジュンヤの体を引き離すような動作をしなかったんだろう?普通、移動するときに邪魔ならジュンヤの体を引き離すように体を触るはず・・・・・

なぜ、体を触らなかったのだろう。そしてあの謎の光は一体・・・・gawkdespaircoldsweats02shock

キャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

その後、これはジュンヤが自分を驚かせようとうそを言っているに違いないと自分に言い聞かせ、布団の中にもぐりこむのでした。

もちろん、怖い話をした部屋ではない部屋でpaper

子供達を怖がらせるはずが、結局一番怖い思いをしている赤ペンなのでした┐(´д`)┌ヤレヤレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野遠征番外1 魅力的成長

様々な成長を確認できとても有意義な時間を過ごせた長野遠征。

川口道場の子供達にとって非常に刺激となる合同練習会でした。

そんな練習会で、子供達のお手本となるような魅力的な成長をしていた中学生の子が、たくさんいました。

そんな子達の中に、小学生のころからこの合同練習で一緒に稽古をしていた子が、全国大会の出場を決めていました。

その子は中学3年生。

久々にその子と練習をしてみると、驚くほど強く成長していました。

小学生のころからセンスがあり、『いいな~』と思っていた選手でしたが、3年生になりものすごく力強くなっていました。

久々の乱取りでは、とても楽しい緊張感のある乱取りをしてもらいました。

柔道スタイルももちろん魅力的なのですが、一番はこの子の人としての魅力がとてもあるということです。

とても礼儀正しく人懐っこい性格で、練習では昔からいろんな先生方、先輩からかわいがってもらっていました。

この日も、自分達が道場へ足を踏み入れると、真っ先に挨拶をしに来てくれていました。

こういうことが自然に当たり前のように出来る人間力が、この子の一番の魅力でしょう。

練習中も、いろんな先生や、一緒に練習していた高校生からいろんな檄を飛ばされており、練習をしていても存在感のある非常によい練習が出来ていました。

こういう姿を見ると、とても魅力的な成長をしていると強く感じることが出来ます。

是非川口道場の子供達にもこのような魅力的な人間力を高めながら成長をしていってもらいたいと思います。

人間力が高い人間は、競技力も自然と高くなる。このことは自分が指導に携わってきて子供達から学んだ部分です。

これが、柔道の本当の目的であり嘉納師範が目指した本当の柔道であると思っています。

今日は、その子が全国大会で試合をする日。

全国大会での健闘を祈念しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月20日 (火)

長野遠征5 地獄の練習で一皮むけた?

   久々の朝トレのおかげで足がプルプルしてしまっている自分をよそに、子供達は2日目にもかかわらず元気いっぱい。

練習会場へのバスの中では、相変わらず子供達の元気な歌声が響きますkaraoke

Dsc_0879 練習会場に到着し道場へ足を踏み入れると、昨日よりさらに多い人数が集っていました。

この日は福井から金井学園さんも合流し、地獄の練習2日目スタート。

最初はランニングから始まりました。

Dsc_0880 Dsc_0881 子供達は、もううんざりという顔をしていました。朝山を走り、練習でも走り・・・・・

でも、ダッシュの時には、非常に楽しそうに走っていましたね。若いって素晴らしい!!

走り終わったら早速寝技の練習。昨日より人数が増えているので低学年は2班稽古。

Dsc_0882 Dsc_0883 Dsc_0884 高学年の子は、積極的に中学生にお願いに行くなど意識の高い練習が出来ていました。

Dsc_0885_2 しかもそこそこ勝負できている・・・良い傾向です。

寝技の後は、立技練習。

前日同様元立ち練習を行いました。

Dsc_0886 Dsc_0887 Dsc_0891 Dsc_0888 Dsc_0889 昨日練習できなかった子と、とことん練習。長野県の選手達は本当に元気いっぱい。次から次とお願いされて川口っ子たちはたじたじでした。

Dsc_0890 Dsc_0892 Dsc_0895 Dsc_0898 Dsc_0900 2日目も、ガンガン練習して元立ち終了。

体操隊形に広がって午前中の練習終了かと思いきや!!(゚ ロ゚屮)屮

Dsc_0910 Dsc_0908 Dsc_0911 まさかの、サーキットトレーニングモヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

Dsc_0916 Dsc_0907 Dsc_0918 Dsc_0923 まさに地獄絵図アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

Dsc_0920_2 Dsc_0925 Dsc_0922 Dsc_0928_2 子供達は、汗と涙でぐちゃぐちゃになっておりました。

それでも、誰一人脱落する事無く全員やりきり午前中の練習終了。

さて、これからお楽しみの昼食タイム。

Cimg0117 Cimg0118 毎年、旭日柔道場の保護者の方が用意してくださった、昼食をいただきます。今年は、おにぎりと、スープ、じゃがバター、きゅうり、トマト、スイカ、ゼリーと、疲れて食欲がなくなる子供達のために食べやすいメニューを用意してくださっていました。

さすがにここまで来ると子供達の元気が・・・・(;;;´Д`)down

Dsc_0932 ご飯を食べ終わったら、みんなぐったりしていました。

時間いっぱいまでゆっくり休んで、午後からの練習に取り掛かります。

午後の練習は、せっかくたくさんのチームが集ったということで試合練習になりました。

子供達は最後の力を振り絞り試合に臨みます。

Dsc_0933 試合はチームごとに別れて時間内で自由に試合をしてもらうという形式の練習試合で、長野県の有名チームとたくさん試合をさせていただきまいた。

序盤の試合では、なかなか思うような試合が出来ずやきもきしていましたが、練習試合を5試合ほどしたあとからでしょうか、子供達が急激に良い動きになってきました。

それは、5年生のトライがひのまるキッズ北信越大会の5年生チャンピオンに一本勝ちをしたあたりからです。相手が組み手を嫌って下がったところを上手く足技であわせ一本勝ち。

Dsc_0937 この試合の後からは、みんな急に活き活きとしだしました。一緒に練習している仲間が強豪から一本勝ちを納める姿を見て自分達にも自信が付いたのでしょうか。いつも寝技で惜しいところで逃がしていたユウタも、後半は全部寝技できっちり一本勝ち。

Dsc_0939 ライキも、今までどこか頼りなかったのですが、豪快な大外で一本勝ちを量産していました。

そして、まだ経験の浅いカツキも強豪相手から競り勝ってくるなど、今までにない試合をしてくれました。

Dsc_0938 ケイシは、長野県の1学年上の日整メンバーに一本勝ち。この結果には驚きました。

肉体的には、相当きつい状態だったと思いますが、それでも、4・4・5・5・5年生のならびでなんと無敗・・・

ここまでの結果を出すとは思っていませんでした。この合宿を経験して一皮むけたような感じがします。

Dsc_0903 Dsc_0904 Dsc_0905 中学生の鰐湧先輩も、朝に山2週走っているにもかかわらず練習試合では無敗!!一回引き分けただけで後はすべて勝利したようです。

こうして、2日間にわたって行われた地獄の強化練習も終了。みんなすっきりした顔をしていました。

あの厳しい練習を誰一人脱落する事無くやりきったということは、並大抵のことでは無いと思います。今回の合宿で経験したことをそしてやりきったということをおおいに自信にしてもらいたい。

最後、練習をしてくださった皆さんにご挨拶をして、練習を頑張ったご褒美に温泉へspa

みんな、練習をやりきった開放感からか大はしゃぎでした。広い温泉でゆっくり汗を流し、福井への帰路に着きました。

Take_file_20130811210250056 帰りのバスの中ではさすがに疲れたのでしょう静かなものでした。

今回の遠征も、子供達を大きく変化させてくれる大変有意義な遠征となりました。こんなに毎年きつい練習と知っていながら、どこか楽しそうに参加する子供達。長野遠征には、つらいことを感じさせない何かがあるのでしょうね。

このような素晴らしい合同練習会を主催してくださる旭日柔道場の岩下先生をはじめとする指導者の先生方、保護者の皆様、そして練習を付けていただいたすべての先生方・選手達に心から感謝したいです。

2日間本当にありがとうございましたm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月19日 (月)

長野遠征4 久々の朝練

長野遠征2日目。

朝3:30ニワトリの鳴き声で自分は起されてしまいました。

もうちょっと寝たいのに・・・・

そう思いながら布団に入りますが、なかなか寝れません。

今年の長野合宿では久々に、山を一周走る朝トレを行うことになっていました。この山トレ・・・・あまりにハードすぎて、その後の肝心の練習を前にバテバテになってしまうという事があり、ここ2年ほどお休みしていましたが、今年は中学生の鰐湧先輩が参加しているので朝トレをすることになっており、朝5:30に起床予定でした。

しかし、ニワトリの鳴き声のせいで、自分と隣で寝ていた鰐湧先輩も目が覚めてしまいました。

時計をみると、4:30・・・・・

鰐湧先輩と目が合い

『もう先に行っとくか?』

と聞くと、無言でうなずき予定より早い2人きりの朝トレがはじまりました。

長野県の八千穂という地域しかも標高も高いということもあり、

本当に寒い(((゚Д゚)))ガタガタ

Dsc_0867 走り出す前は半そで短パンという服装を後悔するくらいでした。

朝靄のかかった山道を走り出し、マイナスイオンを身体いっぱいに感じながら、緑のトンネルのようなコースを一周しました。約5kmのコースを鳥のさえずりを聞きながら気持ちよく走ります。

25分ほどで一周を走り終えて戻ってくると丁度子供達も目覚めだしていたので、みんなで準備体操。

Cimg0102 Cimg0103 Cimg0107 子供達も山一周走るというので、川口先生がバギーで先導しながら山一周コースに、低学年の子達は自分が引率して山半周コースを引率していきました。

鰐湧先輩に『どうする?』

と聞くと、『山行きます!』

Cimg0104 と言って子供達と一緒に山道を掛け上がって行きました。

さすが先輩!!かっこいい(*^ー゚)bグッジョブ!!

Dsc_0868  さて、自分が引率した半周コース。体の大きなケイシは、山道を走ることが相当応えるらしく、涙目になってがんばっていました。

声をかけ続けてなんとか、頑張って走りきりました。走っている途中に、畑で作業をしているお隣さんからの差し入れです。とれたてのレタス。

Dsc_0869_2 シャキシャキのレタスを合計8個もいただきました。毎年ありがとうございます。

Dsc_0874 Dsc_0873_2 走り終えたらみんなでラジオ体操。

Dsc_0871 Dsc_0872_2 Dsc_0870_2 やりきった子供達はどことなく満足そうでした。

ラジオ体操が終わり、朝食の準備に取り掛かります。机を並べてみんなで朝食の準備。

みんなもなれてきたからか、行動がすばやくなっていきました。

Dsc_0875 Dsc_0876 朝食は、いり卵とハムそして頂いたとてたてレタス、そして、マーボー茄子春雨と、鳥の肉団子入りスープ。

朝トレをしていたからか若干昨日の勢いは感じられませんでしたが、完食をして2日目の練習へと向かったのでした。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

長野遠征3 地獄の中のオアシス 夕食時間

地獄の練習一日目を終えて、温泉につかり疲れを癒したらいよいよ子供達一番の楽しみである夕食時間のはじまりです。

宿泊している別荘に到着したのは20:00過ぎ・・・

子供達の空腹はマックスでした。

川口先生の『お腹すいたやつ~?』

の問いかけに

『はーーーーい!!』

という怒号のような返事で返すほど、子供達は餓えたおおかみと化していました( ̄◆ ̄;)

みんなで準備を整え、お待ちかねの夕食時間。

Dsc_0857 Dsc_0855 Dsc_0861 今年のメニューは、濃厚デミグラスハンバーグ、ジュウシーからあげ、外はサクサク中はふわふわチキンカツ、紫たまねぎのジャーマンポテト、巨大さやインゲンの煮浸し!!

Dsc_0860 大皿に山盛りになってやってくる料理の数々を、箸を構えて飛びかかろうとする子供達。

『よし!!』

Dsc_0862 Dsc_0856 の合図とともに、おかずの争奪戦が始まり、ものの数秒でおかずがなくなってしまいました。

子供達のがっつき方かた・・・・ちょっと怖かったヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

Dsc_0858 お腹がペコペコの状態であのおいしい料理を出されたらたまりませんね。

Dsc_0863 ハンバーグは、俵型のジュウシーなハンバーグになんといっても濃厚なデミグラスソースがおいしかった!!甘味のある肉汁と混ざりさらにうまみが増すとっても後味引くソースで、ご飯がほしくなる一品でした。

Dsc_0866 からあげは、衣のサクサク感そして中からあふれ出す肉汁。肉のうまみを最大限に引き出すような味付け、最高でした。

チキンカツは、めちゃくちゃ柔らかかった。フワッふわの食感。どうしたらあんな食感になるのでしょうか?不思議でなりませんでした。

Dsc_0864 そのチキンカツを、ハンバーグのデミグラスソースに潜らせるという最高のコラボ!!デミカツをご飯に乗せてデミカツ丼にしてガッツリいただきました。

また、ジャーマンポテトのなかにも厚切りベーコンが大量に入っており、ベーコンの旨味と紫たまねぎの甘味でコーディネートされたホクホクのポテトが子供達を魅了しておりました。

Dsc_0859 Dsc_0865 イヤーまさに至福のひと時!!

あのつらい練習を経験しているだけにこの瞬間を本当に幸せだと感じることが出来ます。

このギャップが、毎年地獄の練習だとわかっていても参加したくなるという要因なのかもしれませんね。

大量のご飯も、餓えたおおかみ達の前では数分でなくなってしまいましたね。

良く練習した後は、良く食べる。これが強くなる秘訣です。今年のチームは強くなる要素がたくさんありますね!!

こうして、1日目終了。この後ちょっとした恐怖体験がありましたがそれはまた後日・・・

お腹いっぱいになった子供達は、次の日の練習に備え眠りにつくのでした。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月13日 (火)

長野遠征2 一年で最悪の2日間の始まり

Dsc_0840 長野遠征一日目の練習開始。

ある子が言っていたそうです。

『一年の内で最悪の日がついに来た・・・・・((lll´3`)=3ハァ』

それだけ、子供達には恐怖の合同練習会というわけですね。

まず最初に、旭日柔道場の岩下先生の挨拶の後、地獄の練習スタート。

Dsc_0842 Dsc_0844 Dsc_0845 体操、回転運動、打ち込みの後、寝技の乱取りがスタート、中学生、高学年、低学年に分かれて寝技の練習が始まりました。

Dsc_0846 熱い畳の上で、くっつきあって練習をする・・・・見ているだけで汗だくになりますι(´Д`υ)アセアセ

この日、長野県観測最高気温をマーク!!

かなり暑かったです。こまめに水分補給をしていますが、それでも続々と脱落者がでていました。

しかし、川口道場の子供達は、誰一人脱落する事無く、気合で練習に望んでいました。

Dsc_0847 Dsc_0848 寝技の後は、立ち技の元立ち。3分×10本を2セット。そしてさらに3分×8本!!かなりの練習量でした。

この練習でも、川口っ子は根性で乗り切ります。低学年の子でも、意識の高い子は、大きな相手、強い相手を見つけ積極的にお願いしにいっていました。

こういうことができるようになっている姿を見れるとうれしいですね~。

こうして怪我人もなく立技練習終了。

これで終了かと思いきや、まさかのスピード打ち込みΣ( ̄ロ ̄lll)

Dsc_0849 子供達は、信じられないといった表情で、打ち込みに取り掛かりました。

Dsc_0851 汗でぐちゃぐちゃの顔が苦痛に歪んでおります。

この時間帯でこのスピード打ち込みは本当につらい!!自分はこのスピード打ち込みの練習が一番嫌いでした。

この練習をすると酸欠で頭が痛くなります。*((艸д・。`*)゜*。

20秒・10秒・5秒と時間が短くなっていくにつれみんなの声が大きくなっていきます。

Dsc_0850_2 最後のほうは、みんな狂ったように奇声をあげながら練習をやりきっていました。

Dsc_0854 こうして初日の練習終了。

Dsc_0852 やりきった子供達は、良い顔をしていました(v^ー゜)ヤッタネ!!

初日の練習、子供達はかなり良い練習をしてくれたと思います。強い弱いは置いておいて練習に対する取り組み方が非常によかった。

長年長野へ遠征に来ていますが、今年は全体的によい練習が出来ていた、これも先輩達が築いてきた伝統なのでしょうか。

この後、子供達と一緒にお風呂に入りに行き、この合宿の一番の楽しみである夕食の時間を迎えることになりました。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界3位!!

平成25年8月8日~11日にアメリカ・マイアミにて行われていました、世界カデ柔道選手権大会において、同じ丸岡地区から生まれた日本代表である丸岡柔道スポーツ少年団出身で現在福井工大付属福井高校2年生の白川剛章くんが、激戦を勝ち上がり見事世界3位となりました。

この階級の強豪ロシアの選手に残念ながら敗れてしまいましたが、3位決定戦も終了間際に内股で見事に一本勝ちをしたそうです。

勝った試合も、負けた試合も全部一本決着!!

丸岡魂を感じますね。

Dsc_0774 丸岡魂注入時写真

剛章、3位おめでとう!!たぶん悔しい3位でしょうが、この経験を次の成長につなげてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

長野遠征1 川口道場ノリノリ遠征出発

平成25年8月10日・11日と毎年恒例の長野遠征へ行ってきました。

この遠征は、長野県の旭日柔道場さんに毎年お世話になっている合同練習会で、長野県の強豪道場が一同に集まり、10日の午後から半日、11日は一日徹底的に鍛え上げるという強化練習会となっています。

今年も福井県から、柔整会さんと金井さんにもお声掛をさせていただき、この合同練習会へ参加してきました。

10日朝6:30sun

先週の東京遠征の疲れが若干残っている体に鞭打って、マイクロバスにて福井県を出発bus順調にバスを走らせ長野県へ。

Basu Take_file_20130810074828462 バスの中で、今回の合宿の目的を話し、バスの中でビデオ研究。先週の武道錬成大会のビデオを見て、修正点の確認と組み手の研究。
そして、理想の柔道として井上康生先生のビデオをみて子供達の志気を高めます。
ビデオ研究が終わり上信越道新井PAで休憩。このPA、道の駅あらいが隣接されており、ちょっとしたグルメスポットなんですrestaurant

Dsc_0834 Dsc_0835 Dsc_0836 Dsc_0838 子供達に川口先生からアイスのプレゼント。子供達は大喜びでアイスにかぶりついておりました。

これで、子供達のテンションは急上昇。この後のバスの中はまるでカラオケボックス状態karaoke

みんなノリノリで歌っていました。これから地獄の練習が待っているというのに・・・・・

12:00過ぎに長野の宿泊する川口先生の叔父さんのお宅に到着。早速昼食をいただきました。前のりで到着していた、川口先生のお母さんの手料理。実は子供達が一番楽しみにしているのはこのおいしい料理の数々です。

Dsc_0839_2 お昼は親子丼でした!!みんなガツガツ食べています。

ご飯を食べ終わったら、荷物の整理と、練習の準備です。この合宿では自分のことは自分でしないといけません。準備や行動が早くできないと置いて行かれてしまいます。慣れていない子供達は、高学年の先輩達のすばやい動きにただただ呆けるばかり・・・( ゚д゚)ポカーン

先輩に手伝いをしてもらいながら何とか時間通り練習開場へ出発!!

バスの中のテンションは・・・・意外と高い!!去年この合宿に参加したばかりの低学年の子達は、会場が近づくにつれ次第にテンションが下がりだんまりになりましたが、バスの後に乗っていた高学年の子達は相変わらずの熱唱ぶり。

長野遠征の怖さを知っているはずなのに・・・・・たくましくなったものです(*^-^)

13:45 無事、会場である佐久武道場に到着。

すでにたくさんの子供達が集まってきていました。

挨拶を済ませて畳の上へ!!

そしたらなんと・・・

畳が熱い!!(゚ロ゚屮)屮

これからはじまる練習を前に、かなり不安な気持ちにさせてくれる出来事です。

熱い畳に、動揺しながらも、長野遠征最初の練習が始まっていくのでした・・・・・

つづく


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 6日 (火)

全日本少年少女武道錬成大会

平成25年8月4日(日)今年も全日本少年少女武道錬成大会に参加してきました。

前日の夜、バスに乗り込みbus、当日の朝、柔道の聖地日本武道館に到着。

もう今年で7回目になる日本武道館。この日はさほど暑くなく、まさに絶好の試合日和!!

今回も、5・6年で構成された高学年チームと、3・4年で構成された低学年チームでの参加となりました。

今回初の武道館参加の子達は、日本武道館の迫力に圧倒されていましたね。

Cimg0063 武道館に入り、開会式の準備。全国から集まった3000人以上の子供達とともにあの日本武道館の畳の上に立ちます。あまりの人の多さに戸惑う子供達~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

Dsc_0782 Dsc_0785 開会式が始まり、恒例のライトアップ。子供達から感動の歓声が上がります。

Dsc_0780 今年の旗手はキャプテンのマホ。カメラを向けると非常に恥ずかしそうにしておりました。

開会式が終わり、基本錬成が始まりましたが、試合に出場するものは、武道館の外でアップを行います。

打ち込みと、トレーニングで汗をかき、少し道着を使う練習をしてアップ完了。さほど緊張する様子もなく初戦を迎えることが出来ました。

まず最初は高学年チームから!!

相手は、少年柔道のレベルが高いことで有名な神奈川県の悠友館さんとの対戦でした。

Dsc_0813 まず先鋒戦、体の小さなヒナノが畳みの上に立ちます。初めての大舞台での先鋒の試合。試合が始まるまでため息ばかりついていたそうなのですが、試合が始まると序盤から小さい体を存分に動かして試合に臨んでいました。途中振り回されつぶれたところを押さえ込まれてしまいますが、あきらめない気持ちが勝り、14秒でギリギリ脱出!!その後も気持ちを切らさず戦い引き分け・・・この子はあまり試合に勝ったことがない。この間のJAの試合で初めて勝利したという子でした。でも練習を一生懸命することができる子なので、段々と負けなくなってきています。先鋒としてまずまずの試合をしてくれました。
Dsc_0816 続く次鋒のユウタ。5年生で軽量級ではありますが、今大会のポイントゲッター的な存在として期待していました。しかし、試合では圧倒するものも極めきることができずの引き分け・・・最近スランプに陥っています。
Dsc_0817 ちょっと嫌なムードになりかけましたが中堅のキャプテンマホが、開始早々払い腰で一本勝ち。これで勢いに乗り副将のライキも大外で一本勝ち。チームの勝利を決めてくれました。大将のトライも気合十分に試合に臨みましたが、気持ちが空回りして引き分け・・・・一回押さえ込んでいるのに決めきれないというのは大きな課題が残る一回戦でした。

次に試合をしたのは低学年。相手は、良くお世話になっている先輩が指導されている富山の上市町柔道スポーツ少年団さん。
Dsc_0818 Dsc_0820 Dsc_0821 この試合は、先鋒、次鋒がいなかったということもあり何とか勝利させていただきました。

高学年の2試合目
Cimg0074 続く相手は、茨城の関城柔道会さんとの対戦となりました。先鋒戦開始直後に、相手の両袖からの袖釣り込み腰に付いていってしまいいきなりポイントを奪われてしまいます。そのまま押さえ込まれて負けるかと思いましたが、ピンチを脱出して今度はヒナノが相手の後について寝技で攻めていきます。何度か惜しい場面を作りますが決めきれず待て!その後は、立ち技で攻めてくる相手対、寝技のヒナノという試合でした。時間間際押さえ込みそうになりますが惜しくも決めきれず、優勢負。でも、一本負を覚悟していたところでしたのでこの試合はみんなに勇気を与えてくれました。

Cimg0078 次鋒のユウタは先ほどの試合の反省点を活かし、すばやい組み手から自分の形を作り見事な大内刈りで一本勝ち。
続くマホも、先に攻めて寝技の展開をつくり抑えそうになりますが、抑える寸前でマテが掛かってしまいチャンスを逃してしまいます。その後も攻めますが決めきれず引き分け。副将のライキが、時間間際に相手大外を小外で切り替えして有効を奪い2-1勝負は大将戦へ・・・
Cimg0081 大将のトライは大きな女子選手と戦い。序盤から組み勝ちますがその後なかなか攻めていけない展開。結局そのまま試合が終わり引き分けで2回戦も何とか勝利することが出来ました。5年生が3人、6年生は軽量級という厳しいと思われていたチームでしたが、しぶとい試合で何とか2試合目も勝利することが出来ました。

低学年2試合目
相手は八王子警察少年柔道会さんとでした。
Cimg0064 初戦試合が出来なかったリョウカが武道館初の畳の上に登ります。
Cimg0065 初の先鋒というポジションでしたが、元気いっぱいの試合で、大外で一本勝ち。
Cimg0066 Cimg0067 続くタイガも、上の学年の相手でしたが思いっきり技をかけポイントを奪ってから寝技で一本勝ち。今までは逃がしていた場面でしたがきっちり抑えきってきました。中堅のカツキも支えで相手を投げて一本勝ち。
Cimg0069 副将シュウジは豪快に担ぎ上げ背負い投げで一本勝ち。
Cimg0071_2 大将の敬志が払い腰で一本を取って5-0で2回戦も勝利することが出来ました。

続く3回戦、高学年、低学年ともに山場を迎えます。

まず高学年は、茨城の一心館菅谷道場さん。
Cimg0090 先鋒のヒナノは組み合おうとしますが完全に力負けで一本負。
Cimg0092 次鋒ユウタは苦手の奥を叩いてくる相手でしたが寝技のチャンスに引き込んで相手を返したところまではよかったのですが、その後相手に返され逆に押さえ込まれ一本負。
Cimg0095 中堅戦、相手は去年の全国大会にも出場経験のある女子選手。非常に動きの良い好選手で、マホより実力は完全に上でした。しかし試合が始まると、積極的に技をかけ相手が出ようとするところに大内や内股をあわせ勝負します。途中相手に押さえ込まれますが、何とか逃げてしのぎます。時間間際には、寝技のチャンスを作り攻めましたが返せず時間。しかし、格上の相手から堂々と戦って引き分けてきました。
Cimg0096 勝負が掛かった副将戦。ライキはガンガン攻め込まれますが何とかしのぎ大外で応戦します。しかし、相手に奥を叩かれたとき頭が下がってしまい大内で一本負・・・負が決まってしまいました。
Cimg0098 大将のトライも逸し報いてもらいたかったのですが体格差のある相手に簡単に投げられてしまい一本負。4-0で敗れてしまいました。明らかに力の差がありました。が、試合後全員が涙して先生の話を聞いています。子供達は勝つ気で
いたのでしょう。
Cimg0101 Cimg0100 今までは勝負に対して少し冷めた態度の子もいましたがその子も涙で顔がくしゃくしゃになっていました。この日本武道館の雰囲気、そして仲間の雰囲気がその子に変化を与えてくれたんだと思います。悔しかったら強くなれ。この経験を次の勝利につなげてもらいたい。

Cimg0082 続いて低学年。相手は秋田県の強豪雄武館山中道場さん。試合を見せていただいたところみんな相当鍛えられている様子が伺えるチームでした。

まず先鋒戦。リョウカは、開始早々内股で転がされてしまい押さえ込まれて一本負。頑張って逃げていたのですが無念の一本負でした。

Cimg0083 次鋒のタイガは気合十分で前に出ますが、その力を利用され背負いで一本負。相手チームのポイントゲッター相手に向かっていったのですが、相手のほうが一枚も二枚も上手でした。

Cimg0084 中堅のカツキに勝負が掛かってきましたが、開始早々相手の内股でポイントを奪われてしまいます。寝技を何とか脱出しましたが、その後も相手のペース・・・でもだんだん相手の動きについていけるようになり後半は怒涛の反撃でしたが、残念ながらそこでタイムアップ。残念ながらこの時点で負が決定してしまいました。

Cimg0085 副将のシュウジも大きな相手に何とか粘って戦いましたが、技ありを奪われ優勢負。

Cimg0086 大将のケイシが、小外から押さえ込み一矢報いましたが4-1の大差で敗れてしまいました。低学年の子達は、今回の試合で、今まで練習で出来ていなかったような動きが出来るようになっていました。大きな舞台そして仲間と戦う団体戦ということが心理的に作用したのでしょうか?これが団体戦の面白いところ!!子供達の+αを引き出してくれます。

低学年の子達も三回戦で敗れ、高学年・低学年ともにベスト16でした。まあ、そのブロックで高学年準優勝と低学年優勝したチームとの対戦ができたということは今後のよい励みとなってくれることでしょう。

結果としては残念でしたが得るものが多い試合だったと思います。この試合で自信をつけたもの、また大きな課題に気づいたもの、それぞれにとって良い経験となったことでしょう。

Dsc_0822 最後、武道館の前で記念撮影。

続いてライキポーズshinecamera

Dsc_0827_2 こうして無事大きな怪我人もでる事無く、川口道場の武道錬成大会は終了しました。今回この武道館で感じたことを是非道場に持ち帰りチームの仲間達にも伝えていってもらいたいものです。

試合をして得た興奮と、負けた悔しさを胸に、柔道の聖地日本武道館を後にしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »