« 福井県柔道整復師会会長杯少年柔道大会 | トップページ | 気付きのきっかけ »

2013年7月10日 (水)

期待と不安

Dsc_0636 平成25年7月7日(日)に行われた福井県柔道整復師会会長杯少年柔道大会兼福井県少年柔道大会。

この大会をむかえるにあたって期待と不安が入り混じっていた。

Cimg0064 まず期待の方は、5年生の練習の充実にあった。今回試合に参加した5年生は、自分で自分を追い込む大変良い練習を積んできていた。

特にこちらが練習を促すことをしなくても、人一倍大きな声を出し、練習態度も非常によかった。5年生同士の乱取りなんかは、鬼気迫る白熱した乱取りで、練習をみんなに見せてお手本にさせるほどよかった。

不安の方は、4年生の子(ケイシ)の練習内容にあった。

Cimg0017 体重が増えてきたことも影響しているのだろうが、基礎練習の段階ですぐに息が上がってしまい、手を抜いた練習をするようになってしまっていた。当然注意すると、プライドの高いケイシは、ますますだらけた練習となってしまう・・・・乱取りでも、競るような相手がいないため、どこか気の抜けた練習となっていた。

何度も諭して、やってみたがいまひとつ彼の心には響いていないようでした。

そんな状態のまま試合を迎えることに不安が募っていました。

そして試合当日。アップの時には、さすがに全国予選と言う緊張感があるからか、いつもとは違う取り組み方になっていましたが、どこか集中力が無いような感じでした。

試合のほうは、6年生は、体格差がある相手に早々に敗れてしまい、今年最後の全国挑戦が終わってしまいました。
しっかり努力している子達だったので、成長は確認できたもののこの大会には、間に合わず残念な結果となってしまいました。

そして期待の5年生。ライキは胃腸炎で3kgも痩せてしまうと言う体調不良で欠席となってしまったので、かわりにリョウが出場、ユウタ、リョウは初戦は一本勝ちするも続く2回戦で、優勝候補の選手と対戦。ユウタは、勝ちを意識しすぎて自分の柔道を崩してしまい2-1の判定負け、リョウは、相手の技を踏ん張った後、簡単に押さえ込ませてしまい一本負け・・・残るトライは、練習の良い雰囲気をそのままに、次々と勝ちあがっていき、準決勝で、ライバルである女子選手と対戦。ここに勝利すると全国大会・・・・そんな思いがちらついていたのが良くなかったか、開始早々組み負けているのに不用意に足技を出した瞬間、逆に足技で合わせられ見事な一本負け(。>0<。)

さすがに、このレベルになってくるとワンミスが命取りです。

全国大会出場を目前として、残念ながら敗れてしまいました。

Dsc_0640 そして不安だらけの4年生。シュウジ、カツキとも2回戦で残念ながら姿を消してしまいましたが、ケイシは、快勝を続けていき、決勝も一本勝ち。

自分の不安なんて何のその!!オール一本勝ちで見事優勝を勝ち取ってきました。

ただ・・・勝ち方は、あまりよくない(ノ∀`) アチャー

自分の体重を支えきれなくなっていました。

午前中の個人戦を終え、午後から4・4・5・5・6・6・6年生の団体戦。しかし、6年生が一人おらず、選手の欠員もあったので一人歯抜けの状態で戦うことに・・・

Dsc_0645 Dsc_0646 しかし、子供達は、そんな状況でもみんなで声を掛け合い、予選リーグを5-2、6-1で勝利!!

予選リーグ1位通過で決勝トーナメントへ駒を進めました。

Dsc_0648 決勝トーナメント一回戦は、同じ地区の坂井町さん。

Dsc_0649 Dsc_0650 Dsc_0651 Dsc_0653 Dsc_0655 Dsc_0657 Dsc_0658 この試合も一本勝ちを重ねて5-2で勝利。

準決勝まで勝ちあがりました。準決勝はいつもお世話になっている金井さん。

Dsc_0659 Dsc_0661 Dsc_0662 先鋒のカツキは、大きな声を出し、攻め込みますが決め手が無く引き分け。次鋒のケイシは、相手にタイミングよく大外を合わされ危なく投げられるところでしたが、そのことで気持ちが締まったのか内股で一本勝ち。続くユウタで勝負に行きたかったのですが、組み手を厳しくされ特に攻め込むことも出来ずに引き分け。トライで勝負してもらいたかったですが、試合終了間際、引き回す内股についていってしまい技あり負け、その後は簡単に一本を取られてしまい4-1の大差で敗れてしまいました。

団体3位入賞を果たすも、課題山盛の内容にみんな肩を落としていました。

全体を通して、力をつけてきたものの最後の極める力がまだ足りないと言うイメージを持ちました。攻める姿勢は感じるのですが、攻めきれない・・・・不安のあったケイシが一番極めるということがうまかった。この部分は天性のものなのでしょうか。

Dsc_0668 結局自分の期待と不安は両方とも裏切られるという複雑な結果となってしまいましたcoldsweats01

こうして、今年の日整予選が終了。今回、川口道場から初の日整代表選手が生まれました。

Dsc_0642 福井県の代表としてケイシには、今まで以上の練習をしていってもらいたいですね。

最後になりましたが、今回試合を運営してくださいました福井県柔道整復師会の皆様福井県柔道連盟の皆様、そしてお手伝いをしてくださいました保護者の皆様誠にありがとうございました。

この部分をもっと上手に指導できないといけないと自分自身反省。さてさてどうやってこの部分を鍛えていきましょうか。難しい問題です。

|

« 福井県柔道整復師会会長杯少年柔道大会 | トップページ | 気付きのきっかけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/52380105

この記事へのトラックバック一覧です: 期待と不安:

« 福井県柔道整復師会会長杯少年柔道大会 | トップページ | 気付きのきっかけ »