« 速報!! | トップページ | 第15回北信越柔道「形」競技大会 »

2013年6月 3日 (月)

マルちゃん杯

平成25年6月2日に静岡県浜北総合体育館グリーンアリーナにて行われました、『第25回マルちゃん杯中部少年柔道大会』に今年も参加してきました。

今年は、6年生一人、5年生3人、4年生一人の5人でチームを作り参加。体重順のため4年生のケイシが大将を勤めるという大変厳しいチーム編成でしたが、日頃の練習の成果を確認するため思い切って参加することにしました。

朝5時に福井県を出発rvcar。若干遅刻気味でしたが無事会場に到着することが出来ました。

Cimg0013_2 会場ではすでにたくさんの子供達であふれ返っていました。

開会式を終えて、いよいよ試合開始!!

初戦の相手は、静岡県の強豪神士館さん。神士館さんとは、去年の東京武道錬成大会の低学年の部で準々決勝のときに対戦させてもらったチームです。

6年学年別の県チャンピオン2人を擁する大変強いチームです。

Cimg0015 試合が始まりまずは先鋒戦。自分の中でここの勝負が非常に重要だと思っていました。県チャンピオンの2人が副将、大将に控えていることを考えると、前半で2点以上ほしいところ。ユウタの相手も見学年別5年生の2位と実力者ですが、ユウタの調子を考えるともしかすると・・・という期待感がありました。

Cimg0016 Cimg0017 試合は、練習で好調のユウタらしい試合展開。大内で惜しいところまで追い込みますが極めきれず、寝技での展開で攻め込みます。途中縦四方のチャンスを作るも審判のマテの声・・・

結局とりきれず引き分けで終わってしまいました。

Cimg0022 次鋒はキャプテンのマホ。今回のチーム唯一の6年生なので是が非でもポイントがほしいところ。試合はなかなか攻めきれない試合でしたが、終盤、相手の背負いを受けきり寝技で回して横四方で押さえ込み一本。キャプテンがきっちりポイントをとってきました。
Cimg0023 中堅はライキ。試合が始まり組み合った瞬間、ライキが緊張しているのがわかりました。ライキの相手は6年生。上の学年の相手と言うこともあるのですがいつもと違いガチガチになってしまっていました。途中相手の背負い投げで反対に落ちてしまう場面があり有効か?と思ったが審判はとらず辛くも引き分け。

Cimg0025 1-0でリードのまま、副将戦に突入しました。副将のトライの相手は、静岡県学年別6年男子-50kg級優勝の選手。試合開始早々潰され後ろを取られてしまう展開。こうなると弱いトライ・・・

粘りましたが、結局腕を掬われ押さえ込み一本負け。何もさせてもらえなかった。

Cimg0027 1-1の同スコアで大将戦にもつれ込みました。相手は学年別6年女子+45kg級チャンピオン!!4年生のケイシには少し厳しい相手でした。序盤はしっかり組合勝負できていましたが、後半相手のあおりについていけずバランスを崩したところで一本背負いにより有効を奪われて押さえ込まれてしまいます。何とか逃げるも、その後取り返すことが出来ず有効負け。

結局2-1で敗れてしまいまいた。勝負の仕方によっては勝利できたかもしれない試合だっただけに悔しさが大きかったです。

この試合で、5年生と4年生のケイシには自分の足りない部分が見えたよい試合だったのではないかと思っています。今後の練習に期待したいと思います。

試合後しばらく試合を観戦。同じ地区の丸岡スポ少さんは初戦を勝ちあがり、2回戦で石川県の強豪窪田柔道倶楽部と対戦。とってとられての好勝負。結果は大将戦で一本負けをしてしまい3-2で惜しくも敗れてしまいましたが決着がすべて一本決着というとても盛り上がる試合をしていました。

また、中学生の試合では、コウヘイ先輩が福井中の大将として出場。強豪相手に何とか勝ちあがり3位入賞を果たしました。全国選抜も頑張ってもらいたい。

試合の悔しさと素晴らしい試合の数々を観戦した後、応援に来られたご家族の方と一緒に浜松名物浜松餃子をつまみながら反省会。来年はもっとよい柔道が出来るようがんばりたいです。

最後になりましたが、マルちゃん杯を主催してくださいました、静岡県柔道協会・東洋水産株式会社関係者の皆様本当にありがとうございました。

|

« 速報!! | トップページ | 第15回北信越柔道「形」競技大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

赤ペン先生、マルちゃん杯お疲れ様でした。お互い悔しい思いをしましたねcrying でも川口道場さん、6年生1人という厳しいチーム構成の中、地元の超強豪・神士館さんを相手に2-1という接戦で、さすがだと思いました。みんなの次につなげる粘りというか執念が素晴らしかったと思いました。

丸岡は・・・現地で赤ペン先生とお話させてもらったとおり、勝負の分かれ目は中堅戦でしたね。本当に悔しくて、マジ泣きしそうでしたcrying っていうか、こっそり泣いてましたcoldsweats01 中堅戦が終わった直後は、やっぱり強いなぁという感想しかなかったですが、時間が経つにつれだんだんと、「ああいう選手に勝てるような選手になってほしい・・・」そんな気持ちが強くなりましたrock これからも、いろいろご指導よろしくお願いしますhappy01

今度是非、機会を作ってホルヒネお願いしますねsmile

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2013年6月 3日 (月) 21時48分

裕さんコメントありがとうございます。
マルちゃん杯お疲れ様でした。
2回戦の戦いは丸岡さんらしい一本柔道で見ていてすごく興奮しました。
中堅戦、前半の泉弥ちゃんの戦いぶりを見ていてひょっとしたら・・・・と思ってしまいました。
強くなってますね~。特に足技がいいです。
結果は残念でしたが、成長が確認できるよい試合でした。それと大将のケントもよかった!!
この試合で何時間も柔道談義が出来そうですね。
今週、北信越の形大会なのでそれが終わり次第ホルヒネ会のご相談をさせていただきたいと思います。

投稿: 赤ペン先生 | 2013年6月 4日 (火) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/51889350

この記事へのトラックバック一覧です: マルちゃん杯:

« 速報!! | トップページ | 第15回北信越柔道「形」競技大会 »