« 第6回坂井市柔道大会 | トップページ | 福井県柔道体重別選手権大会 »

2013年6月25日 (火)

入賞者がたくさん!!

平成25年6月22日に行われた第一回JA花咲ふくい少年少女柔道大会。

Dsc_0576 この大会は、花咲ふくい農業共同組合さんが主催してくださった個人戦の大会でした。

この大会の開催にあたり、自分達も大会の企画運営に携わることとなり、どのような大会にしようかと何回も会議を重ね、実現した大会でした。

まず、最近坂井市でも柔道人口が激減していることを踏まえ、柔道の魅力を多くの子供達に感じてもらいたいと言うことと、初心者から上級者までそれぞれのステージにおいて競い合えるような大会をして行きたいという想いがありました。

そういう議論を交わして、今回の大会の競技方法が決定しました。

まず、子供達は低学年(1年~3年)高学年(4年~6年生)に分けて、さらに軽量級重量級に分けることにしました。

学年を3学年まとめることで参加人数が少ない学年であっても、試合数が確保できます。

また、予選試合を行い勝者が1部、敗者が2部トーナメントに進み各トーナメントで勝敗を競い合います。なので最低2試合は経験することが出来ます。

Dsc_0577 Dsc_0578 Dsc_0579 Dsc_0581 Dsc_0582 1部、2部に別れることで同じようなレベルでの相手との試合ができ、より白熱した試合展開となります。また、同じ坂井市で試合をする機会が多いですが、学年が違う相手もいるので普段の試合では戦うことの出来ない相手との対戦もでき、新鮮味のある大会となっていきました。

それに、なんと行っても今回は、あわら市からあわら少年柔道教室さんが初参戦してくださいました。あわらと言ったら自分の地元。中学・高校の時の先輩の息子さんも参加してくださるということもありたいへん楽しみにしておりました。

そして、柔道を始めて半年以内の子にも、大会に参加してもらえるよう、基本錬成の部と言う部門を設け、この部門では、礼法、受身をより美しく行えるよう競い合いました。

結果からいうと、

Dsc_0587 Dsc_0586 低学年1部、軽量級 小さいシドウが優勝!!ヒナタが3位。強くなりたい願望が強いシドウが初優勝を飾りました。小さいながら激しい練習を行っていた結果がついに出ました。試合は、勝ちを意識してか、練習と違い小さい動きとなっていましたが、見事初優勝を飾りました。優勝後はプレッシャーから開放されたせいか号泣していました。

Dsc_0589 1部重量級では、タイガが貫禄の優勝!!決勝はショウセイとの同門対決。最近力をつけてきているショウセイでしたが、決勝ではあっけなく押さえ込まれてしまいました。これから切磋琢磨していってもらいたい。

Dsc_0594 2部軽量級では、1年生のカンタがまさかの優勝!!しかも決勝の相手は同門のケンジ。
Dsc_0583 いつも遊んでばかりいる2人でしたが決勝の舞台では真剣そのものの熱い勝負を繰り広げていました。
Dsc_0595 2年生のナツは、ケンジに敗れくやしそう。練習では負けていないのだが、試合という雰囲気がケンジの力を引き出したのでしょうか?

Dsc_0596 2部重量級は、コウタロウが3位・・・・最近元気の無い練習をしているのがそのまま結果となってしまいました。もうちょっと頑張ればよい結果に繋がるので頑張ってもらいたい。

Dsc_0590 高学年1部軽量級ではユウタが3位。しかし、6年生が相手とはいえ、得意の寝技で敗れたということは相当悔しかったようです。これからの飛躍を期待したい。

Dsc_0592 1部重量級。ここではマホがライバルの泉弥チャンを破り決勝進出!!決勝では簡単に敗れてしまいましたが、ライバルに久々に勝利したことがうれしかったようです。
ただケイシは3位で不満そう・・・6年生のチャンピオンに本気で勝ちたかったようです。

Dsc_0598 2部軽量級、なんと4年生のシュウジがまさかの優勝!!決勝でも一本勝ちで大番狂わせを演じてくれました。新太も3位入賞。でも新太は、もう少しよい結果をあげたかった。真面目で一生懸命練習する子なので悔しい3位入賞でした。

Dsc_0584 2部重量級は、ライキが決勝で6年生の子からポイントを奪い優勝。なかなか入賞に恵まれなかったライキですが、何とか優勝をすることができました。

試合の合間に、自分が講師となり基本錬成講習会を行い、礼法の大切さ、上手な受身の取り方などの解説と練習を行いました。この講習会には低学年の参加者全員に参加してもらい礼法と受身の重要性について説明しました。

大会終了後には、基本錬成実技審査会が行われ、審査員の前で、講習会にて習った礼法と受身の実技演武を行いました。

これに参加した初心者とトーナメント一回戦敗者の子供達は、緊張感で空気が張り詰める中最後まで演武をやりきることが出来ました。

Dsc_0600 そして、無事全員が、基本錬成賞をゲット!!最優秀選手には春江スポ少から黒川選手が選ばれ美しい礼を披露していました。指導者の先生方も「いつもあんなに綺麗な礼が出来ないのに実技では綺麗な礼が出来ていたsign03」と驚いていました。

Dsc_0602 こうして大きな怪我も無く無事に大会終了。川口道場からは、18枚もの賞状を頂くことが出来ました。

この大会のすごいところは、優勝者と準優勝者に賞品としてメロンが贈呈されたということ。

川口道場だけで8個のメロンをゲット!!メロンパーティーが出来ますねlovely

Dsc_0621 Dsc_0624 また、参加賞がすごい!!水をタンクに入れて冷たい風を送ることが出来るクールファンと言う卓上扇風機と、格所属と名前が入った柔道着型のストラップ!!

こんな豪華な参加賞までいただけるとは・・・・JA様様ですね(v^ー゜)ヤッタネ!!

Dsc_0601 たくさんの入賞者や賞品を頂いた今大会。でも、一生懸命練習しているのに入賞に届かなかった子もいる。一生懸命やっているこの努力を何らかの形で報われてもらいたい。そうさせてあげれなかったというのも自分達の指導不足。
努力に見合った結果をあげれるようこれからも力を注いであげたいものです。

最後になりましたが、今回大会を主催してくださいました、JA花咲ふくいの皆様並びに坂井市柔道協会の先生方、お手伝いをしてくださいまいした保護者の皆様、本当にありがとうございました。

|

« 第6回坂井市柔道大会 | トップページ | 福井県柔道体重別選手権大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今大会はHなのちゃんの試合を楽しみにしてました。僕が見ている中では初勝利(^^) おめでとうございますshine 推しメンの勝利、我が事のように嬉しかったですhappy02
判定での勝ちかな…と頭をよぎった瞬間、見事な小外刈りwink さすがは最後まで一本を取りに行く川口道場さんの選手ですねgood
Hなのちゃんが今回の試合でよく使っていた大内刈りの入り方を見て、どれだけの回数の打ち込みを積み重ねてきた技なのかが分かります。姿勢の良い綺麗な入り方でした。
また、今回泉弥が敗れたM穂ちゃんの内股も同じです。凄い数の打ち込みを行っていることがはっきり感じられる、綺麗で大きな入り方が出来る技だと感じました。残念ながら今回は内容・結果ともに完敗ですcrying ライバルに差をつけられた試合内容と感じましたが、泉弥も今、兄達が教えながら背負い・内股の打ち込みを繰り返し練習させています。本人も壁に当たり苦しみながら、K人とのエンドレス乱取りでもがいていますcoldsweats01
また次回胸を貸して下さいhappy01

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2013年6月25日 (火) 21時01分

裕さんコメントありがとうございます。
H乃ファン倶楽部の皆様おまたせしましたhappy01やっと悲願の公式戦初勝利を実現してもらいました(v^ー゜)ヤッタネ!!
判定の勝負となるかと思われた残り10秒で小外刈からしつこく追い込んでの技あり勝ち。
でも、本人曰く日頃の練習の成果が出せず悔しかったそうです。
大内刈は、練習中何度もかける技で、どんな相手にも大内で飛び込んでいくH乃の得意技のひとつです。この大内刈が早く掛かるようになるよう頑張ってもらいたいです。
まだまだ、力が弱く極めきることが出来ませんが、今回のことを糧にして更なる精進を期待したいです。
M穂に関しては、本人もびっくりの試合内容だったそうです。
これからも、お互いに意識しながら仲良く強くなっていってもらいたいものですね。
これからもよろしくお願い致します。

投稿: 赤ペン先生 | 2013年6月26日 (水) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/52173233

この記事へのトラックバック一覧です: 入賞者がたくさん!!:

« 第6回坂井市柔道大会 | トップページ | 福井県柔道体重別選手権大会 »