« 柔道指導者講習会 | トップページ | 指導しての発見 »

2013年4月22日 (月)

合同練習の魅力と課題

平成25年4月20日(土)に坂井武道館において合同練習会が行われました。

今回、柔整会さんにお誘いを頂き、坂井さんと丸岡スポ少さんと川口道場で練習を行いました。

夕方から坂井町さんの体操で練習が始まり、寝技、立ち技と17:00~20:00までみっちり練習をすることができました。

今回の合同練習会では、子供達一人ひとりの成長がはっきりと確認でき充分な手ごたえを得ることができまいた。

最近寝技で練習を行っている、基礎的な動きが徐々に体に染み込んできているようです。

また立ち技の乱取りでは、ライバル達と激しい練習を繰り返し、まるで茹蛸のように熱気を発している子もいました。

その子は「最近よくなってきたな~」と思っていたのですが、自分が思っていた以上に良い動きをしていました。

この辺が合同練習の魅力でしょうね。

普段やりなれていない相手、そしてライバル視しているような相手との稽古で自分の最大限の動きを引き出していく・・・

合同練習における雰囲気と練習相手の激しい圧力のおかげで、自分の眠っている力を引き出せているのでしょう。

中には、中学生を投げている5年生の姿もあり、充分な手ごたえを感じることが出来ていました。

ただ、このよい部分というのは、普段の練習で、自信を深め比較的好調な動きが出来ている子に限られていると言う事。

逆に、普段の練習でスランプに陥っている子、自信をなくしている子にとってはこの合同練習は苦痛になってしまっているようでした。

この辺が、合同練習に対する課題だと思います。経験が浅く、自分に自信がない子は、合同練習にマイナスイメージを持ってしまい、普段の練習以下の動きになってしまいます。

こういう子たちに対して指導者はどういう態度で接してあげるのがベストなんでしょうか?

好調な子と同じ目線で見てしまうと、その子はこの合同練習と言う壁を乗り越えることが出来るのでしょうか?そういう子にはそういう子に必要な声掛がいるようにも思います。

その子その子に必要な、ステップ(目標)を設定してあげることでいろんなレベルの子が集まる合同練習と言う環境の中でもみんなが成果をあげれるのかもしれません。

今回の合同練習は7割の子が本当によい練習を行い、普段の練習の手ごたえを感じることが出来ました。しかし、残り3割の子たちにはよい環境と感じるだけの練習を提供することが出来ませんでした。

この辺の課題を、次回の合同練習までにしっかり修正して行きたいと思います。

最後になりましたが、今回合同練習で一緒に練習をしてくださいました皆様本当にありがとうございました。

またよろしくお願い致します。

|

« 柔道指導者講習会 | トップページ | 指導しての発見 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日の総会・懇親会、お疲れ様でした。
いろいろな先生と意見交換が出来て、とても有意義な懇親会となりました。
昨夜のアイデアを少しでも実現できるよう、皆で知恵を出し合い協力し頑張りましょう。

投稿: クリリン会長 | 2013年4月22日 (月) 15時58分

クリリン会長コメントありがとうございます。
土曜日は合同練習そして昨日はくだらない話にお付き合い頂き誠にありがとうございます。
あまりに話に熱中しすぎて料理を食べ損なってしまいました。
今度は、お腹いっぱいになるまで飲んで食べてをしながら、これからの丸岡柔道について語り合いましょう。
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 赤ペン先生 | 2013年4月22日 (月) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/51329022

この記事へのトラックバック一覧です: 合同練習の魅力と課題:

« 柔道指導者講習会 | トップページ | 指導しての発見 »