« 児玉杯争奪少年柔道大会 | トップページ | 祝2階級制覇 »

2013年4月 9日 (火)

厳しい愛

Cimg0015 4月7日に越前市武道館で行われた第9回児玉杯争奪少年柔道大会。

Cimg0020_2 Cimg0013 この大会の低学年の部で、川口道場Aチームが見事優勝!!Bチームも交流戦ですが3位入賞を果たしました。

残念ながら、この日自分は県立武道館で行われた審判講習会に参加していたため、細かい内容まで見ることが出来なかったのですが、優勝出来るような予感はしていました。

それは、3ヶ月ほど前の練習内容から感じることができていました。

ある日の低学年の練習風景・・・

1年生のまだ柔道に対してそこまで思い入れもないような子に対して、2年生のある子が大変厳しい練習を行っていました。

2本も3本も連続で練習して、1回の練習で10本以上投げていたように思います。最初この風景を見たときに、「何か人間関係でトラブルがあったのかな?」と思い、助け舟を出そうとしていました。

すると、その練習の合間に2年生の子が1年生の子に技術的なアドバイスをしているではないですか!!

低学年でありながら、後輩を鍛えていたのです。1年生の子は最初は、自分から投げられるような練習をしていましたが、先輩の意図が理解できてきたのか、徐々にしぶとくなっていきました。

最近では、一回の練習で3本くらい投げられる程度で、しっかり組み合って柔道が出来るほど短期間で上達してきています。

Cimg0001 そして、今回の試合でその1年生だった子は、なんと4勝1分!!負け無しの大活躍(*^ー゚)bグッジョブ!!

Cimg0002 Cimg0003 Cimg0004 自分の予想では代表戦に持ち込んでの勝負になると思っていましたが、その前に勝負を決めてきました。

今回の優勝の陰には、先輩の厳しい愛があったのです。

もちろん1年生の子も、そのつらい練習から逃げずに真っ向から向き合ったため、今回活躍できたと思います。こういう上下間の信頼関係が築けていければこれからの活躍も期待できそうです。

低学年のBチームも、新人を起用してのチャレンジでしたが、その新人達が頑張ってくれました。経験という部分で大きなハンデがありましたが、今回同行してくれた新中学生のコーチたちのおかげで自分達の力以上のものが発揮できていたのではないでしょうか?
保護者の方の話では大きな感動を呼ぶ試合が多かったそうです。

また、今回入賞を逃がした高学年の子達も、徐々に練習の成果が見えてきました。

高学年は体が小さい子が多くいます。しかし、川口道場では、体格差があっても組み手争いや組み合わない姿勢からの柔道というのを指導しません。そういうのはもう少し後でいいと思っています。

でも、そのせいでかわいそうな思いをさせているというのも事実です。もっと、組み手とポイントを重視した技の入り方を駆使すれば拾える勝利もあるかもしれません。

1365407379692 圧倒的な体力差があろうとも、真っ向勝負。そして狙うは、理にかなった美しい一本!!
これは指導者のエゴかもしれませんが、でも川口道場の柔道精神として、勝敗を重視してルールを悪用するような発想を植えつけたくないのです。

道場の子達は、そんな自分達の思いをしっかり受け取ってくれています。今回惜しくも敗れてしまいましたが、それでも一回相手を投げてポイントを取ってきた子もいます。自分より大きな相手から一本勝ちをしてきた子がいます。

こういう子たちの成長も、優勝した子同様に評価してあげたいと思います。

1365407388584 ただ負けた後の悔し涙・・・・weepこの涙には本当に申し訳ない気持ちになります。でも、「涙の数だけ強くなれる!!」

この悔しさを、今後の練習の糧として頑張ってもらいたい。

同行した川口先生曰く、「今回の試合では、確実な進歩を感じることができた」そんな試合だったそうです。

Cimg0018 それと同様にたくさんの足りない部分、課題もありますのでこれからの練習でこの部分の修正に当りたいです。

最後になりましたが、今回主催してくださいました、越前市柔道連盟の先生方をはじめとする競技役員の皆様本当にありがとうございました。

|

« 児玉杯争奪少年柔道大会 | トップページ | 祝2階級制覇 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

裕さんお薦めのH乃の試合、副審をしながらもドキドキしてしまいました。(審判としては失格ですが・・・coldsweats01)
H乃が有効を取ってからの時間の経過が遅いこと・・・
最後はがっちり組んでからの払い腰に、無念の一本負けcrying
でも、これまでの努力はきっと花を咲かせるはず。
今後は審判以外の時と、丸岡の相手以外の時に応援しますbleah

投稿: クリリン会長 | 2013年4月 9日 (火) 17時30分

クリリン会長コメントありがとうございます。
後もう少しというところでしたが、なかなか柔道の神様は厳しい試練を与えてくれます。
でも確実に成長はしていっているので、初勝利を楽しみに待っていてください。
H乃は本当に一生懸命練習している子なので、きっと皆さんの期待に応えてくれることでしょう。
他のチームの関係者にこうやって応援してもらえる事できっとまた頑張れると思いますのでこれからもよろしくお願い致します。
そのうちファンクラブができてるかも・・・・lovely

投稿: 赤ペン先生 | 2013年4月 9日 (火) 17時51分

推しメンのそんなドキドキする試合を見逃すとは……coldsweats02
勿体無いことをしました。ファン失格ですcrying
でも念願の初勝利に一歩一歩確実に近づいているようですねwink
まだ試合で勝ったことがない子が、それでも柔道をキライにならず一生懸命頑張れるというのですから、本当に凄い選手です(^^)

ファンクラブ第一号は赤ペン先生に譲るとして、第二号は是非3兄妹の父がならせていただきますlovely

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2013年4月 9日 (火) 18時46分

僕が第三号になります( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: HA◯E監督 | 2013年4月 9日 (火) 22時39分

裕さんコメントありがとうございます。
推しメンの活躍が見れないとは残念でしたね。
自分も生で見れなくて残念でしたが、ビデオで確認してみると、自分より大きな相手に先に先に攻め込み、思いっきり大内に入ったところを返しに来た相手をさらに大内で追いかけ有効を奪いました。
その後も、立技、寝技ともに攻め続けていたのですが
のこり30秒ほどのところで出会いがしらに相手の技が入ってしまい残念ながら一本負け・・・・
でも最高にカッコいい試合でした。
きっと裕さんが見ていなかったので初勝利を次回にまわしたのでしょうねwink

投稿: 赤ペン先生 | 2013年4月10日 (水) 12時13分

HA◯E監督コメントありがとうございます。
ファンクラブが出来てきましたねlovely
今度握手券を入手しておきます( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: 赤ペン先生 | 2013年4月10日 (水) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/51156157

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しい愛:

« 児玉杯争奪少年柔道大会 | トップページ | 祝2階級制覇 »