« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月26日 (金)

指導しての発見

最近、昇段審査で3段4段を受ける方の形の指導を行っている。

3段、4段になる際、昇段審査で「固の形」を行わなくてはならず、川口道場のある坂井地区で昇段を希望している方にお願いされ形の指導を行うことになった。

来月の頭に、全日本の形強化合宿に参加するため、毎週形の練習を行っていたので、その練習会場に来ていただき一緒に形の練習を行いました。

芦原と坂井町から、川口道場までおいで頂き、2時間ミッチリ形の練習。

以前もブログに書きましたが、形の練習って意外とハードなんです。

もう3回ほど練習を重ねていますが、すでに全身筋肉痛とのこと!

「形のことを舐めていた!!」

と、爽やかな汗を流しながら、おっしゃっていました。

形を指導していていると、自分達の練習量こそ減りますが、ポイントを教えることで自分自身忘れていたことや新たな発見があります。

例えば、自分は取(抑え込む方)なのですが、抑え込むときのポイントとして、力を入れすぎないということ!力を入れすぎると、関節のしなやかな動きが出来ないので相手の返す力をもろに受けると言うことになってしまいます。しなやかな動きで力をいなしながら、その相手の動きを点で抑えるという、極めの極意があるのです。

また、昔は、抑え込みは審判の見込みで一本とされていたそうです。なので、逃げられそうな抑え込み方だと1分ぐらい抑え込まなくては審判は一本と宣言しなかったそうです。

力いっぱい抑えていたのでは、体力が全然持ちません。

そういう部分もあり、力の抜き方を指導していると、自分自身の勉強にもなります。どうしても最初のころは力が入ってしまいますから、どこに力を入れるのか、どこを抑えるのかをわかりやすく伝えようとしたとき、「力の抜きどころ」を伝える必要があります。

言葉にして伝えようとしたときに、自分自身の力の使い方を細分化して考えていく必要があり、そうする事で自分の力が、相手の逃げる方向に対してどういう力を使っているのか?という疑問点から今まで行っていた動きの細かい部分での間違いに気がつくこともできました。

指導することで気付く新たな発見。自分の動きをもう一度見直すと言う意味からもこういう指導するということ、自分の動きを伝えるということも必要なのかもしれません。

今度、子供達にも自分の技術を講習してもらおうかな?

結構面白そうかも・・・・( ̄ー ̄)ニヤリ

形の指導をしていてふとそのように思えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

合同練習の魅力と課題

平成25年4月20日(土)に坂井武道館において合同練習会が行われました。

今回、柔整会さんにお誘いを頂き、坂井さんと丸岡スポ少さんと川口道場で練習を行いました。

夕方から坂井町さんの体操で練習が始まり、寝技、立ち技と17:00~20:00までみっちり練習をすることができました。

今回の合同練習会では、子供達一人ひとりの成長がはっきりと確認でき充分な手ごたえを得ることができまいた。

最近寝技で練習を行っている、基礎的な動きが徐々に体に染み込んできているようです。

また立ち技の乱取りでは、ライバル達と激しい練習を繰り返し、まるで茹蛸のように熱気を発している子もいました。

その子は「最近よくなってきたな~」と思っていたのですが、自分が思っていた以上に良い動きをしていました。

この辺が合同練習の魅力でしょうね。

普段やりなれていない相手、そしてライバル視しているような相手との稽古で自分の最大限の動きを引き出していく・・・

合同練習における雰囲気と練習相手の激しい圧力のおかげで、自分の眠っている力を引き出せているのでしょう。

中には、中学生を投げている5年生の姿もあり、充分な手ごたえを感じることが出来ていました。

ただ、このよい部分というのは、普段の練習で、自信を深め比較的好調な動きが出来ている子に限られていると言う事。

逆に、普段の練習でスランプに陥っている子、自信をなくしている子にとってはこの合同練習は苦痛になってしまっているようでした。

この辺が、合同練習に対する課題だと思います。経験が浅く、自分に自信がない子は、合同練習にマイナスイメージを持ってしまい、普段の練習以下の動きになってしまいます。

こういう子たちに対して指導者はどういう態度で接してあげるのがベストなんでしょうか?

好調な子と同じ目線で見てしまうと、その子はこの合同練習と言う壁を乗り越えることが出来るのでしょうか?そういう子にはそういう子に必要な声掛がいるようにも思います。

その子その子に必要な、ステップ(目標)を設定してあげることでいろんなレベルの子が集まる合同練習と言う環境の中でもみんなが成果をあげれるのかもしれません。

今回の合同練習は7割の子が本当によい練習を行い、普段の練習の手ごたえを感じることが出来ました。しかし、残り3割の子たちにはよい環境と感じるだけの練習を提供することが出来ませんでした。

この辺の課題を、次回の合同練習までにしっかり修正して行きたいと思います。

最後になりましたが、今回合同練習で一緒に練習をしてくださいました皆様本当にありがとうございました。

またよろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

柔道指導者講習会

平成25年4月14日(日)に、福井県立武道館において「柔道指導者講習会」が行われました。

この講習会に、自分も指導者の勉強のため参加してきました。

これから「公認指導者資格制度」がスタートし「基本指導」と「安全指導」の徹底をはかるべくして行われるこの講習会。

今回は、全柔連主催の指導者講習会を受講されてきた八本木先生に講師となっていただき基本・安全指導について色々と教えていただきました。

まず午前中は二階会議室にて、講習会のDVDを見ながらの講習・・・・でしたが機材トラブルが続き、DVDをしっかり見ることが出来ませんでした。

でも、その映像を使いながら口頭で説明していただき、指導で心がけなくてはいけない事を学びました。

去年も講習会を受講していたため大体の内容は理解していたので、確認と言う感じの講習会となりました。

その講習会の中で、「子供達のなぜを明確に説明する」と言う項目が出てきました。

例えば、「礼のあと、何故左足から前に出るのか?」や、「何故道場の正面に礼をするのか?」、「崩しとは?」等など、子供達の「なぜ?」に対して明確な答えを持って説明する事が必要であるという話でした。

この部分に関して、川口道場でも子供達には説明をしていますが、その説明に若干の不安もあります。

それは自分が独学で学んだ事を子供達に伝えていると言う事!!

正直な話、何故左足から前に出るのか?何故正面に礼をしなくてはいけないのか?

などは、教わったと言う記憶がありません。かといって自分も「何故?」と言う疑問を持った事がなく、「そういうふうに学んだからやってる」と言う感じでした。

ところが指導者になり、子供達からこういう質問を受けてはじめて「そういえばなんでなんだろう?」と調べるようになりました。

調べてみると、様々な説があり、どれが柔道で推奨している理論なのかがまだはっきりわかっていないのです。

今回のDVDでもその部分ははっきり説明がされていなかったようで、出来たらこの部分の統一をしてもらえると非常に助かると思いました。

午前中の講義の後、昼食をとり、午後は小道場において実技の講習会がありました。

八本木先生から、受身を指導する上での段階的な方法や、2人ペアになっての受身のやり方などを指導してもらいました。

その後、各所属で基本指導・安全指導をどのように行っているかなどをその所属の代表の方に発表していただきました。

その中で、急遽川口道場での練習を発表してくれということで、皆さんも前で道場での練習をお話させていただきました。

内容は、「幼児期の子供に対する安全指導」ということで、小さい子たちに如何に安全な受身指導ができるかなどを心がけている指導方法を紹介させていただきました。

本当は実際やっていることを実演して出来るとよかったのですが、そんなに時間もなさそうだったので簡単に口頭で説明させていただきました。

最後に、八本木先生から、礼法について感じていることや、最後にコントロールしたほうにポイントを与えると言うルールに対しての持論を展開していただき大変勉強になりました。

こうして、少し時間は早かったですが指導者講習会終了。

これから、公認指導者資格になり指導者の資質向上が必要となっていきますが、様々な知識と経験に裏づけされた安全で効果的な指導により、子供達のよりよい教育方法として柔道が普及する事を目指し、今後も勉強に勤しんで行きたいと思います。

今回講師を務めていただきました八本木先生をはじめとする、福井県柔道連盟の先生方本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

祝2階級制覇

平成25年4月14日(日)に大阪府立門真スポーツセンターなみはやドームサブアリーナにおいて全日本カデ柔道体重別選手権大会が行われました。

この大会に、福井県から同じ丸岡地区出身の白川剛章選手(福井工大付属福井2年)が90kg級に出場し、激戦を勝ち抜いて見事2階級制覇の偉業を達成いたしました。

去年は、81kg級でのエントリーで優勝!!今年は階級を上げての挑戦でした。

初戦、準決勝を一本勝ちで勝利し、決勝は、きわどい勝負でしたが指導2で優勢勝ちをしなんとか優勝を勝ち取る事ができました。

この決勝戦・・・・

相手は、大成高校1年生の前濱選手!!この選手は、準決勝で優勝候補である選手に終了時間間際に背負い投げで有効を奪い勝利してきた選手です。

この選手、実は小学生のころ川口道場へ合宿に来た事があります。そのとき白川選手、前濱選手は一緒に稽古をしたことがありました。

そんな2人が全国大会の決勝で顔を合わせる・・・・

何か感慨深いものがありますね。

この2人は本当に良く稽古をしていました。そして柔道が大好きでした。

何より人間的に素晴らしいgood

そう感じさせてくれる小学生でした。そういった素晴らしい精神がこのような輝かしい結果に繋がっていったのでしょう。

身近に、このような素晴らしい選手がいたという事に感謝したいです。

白川選手、そして関係者の皆様本当におめでとうございます゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

厳しい愛

Cimg0015 4月7日に越前市武道館で行われた第9回児玉杯争奪少年柔道大会。

Cimg0020_2 Cimg0013 この大会の低学年の部で、川口道場Aチームが見事優勝!!Bチームも交流戦ですが3位入賞を果たしました。

残念ながら、この日自分は県立武道館で行われた審判講習会に参加していたため、細かい内容まで見ることが出来なかったのですが、優勝出来るような予感はしていました。

それは、3ヶ月ほど前の練習内容から感じることができていました。

ある日の低学年の練習風景・・・

1年生のまだ柔道に対してそこまで思い入れもないような子に対して、2年生のある子が大変厳しい練習を行っていました。

2本も3本も連続で練習して、1回の練習で10本以上投げていたように思います。最初この風景を見たときに、「何か人間関係でトラブルがあったのかな?」と思い、助け舟を出そうとしていました。

すると、その練習の合間に2年生の子が1年生の子に技術的なアドバイスをしているではないですか!!

低学年でありながら、後輩を鍛えていたのです。1年生の子は最初は、自分から投げられるような練習をしていましたが、先輩の意図が理解できてきたのか、徐々にしぶとくなっていきました。

最近では、一回の練習で3本くらい投げられる程度で、しっかり組み合って柔道が出来るほど短期間で上達してきています。

Cimg0001 そして、今回の試合でその1年生だった子は、なんと4勝1分!!負け無しの大活躍(*^ー゚)bグッジョブ!!

Cimg0002 Cimg0003 Cimg0004 自分の予想では代表戦に持ち込んでの勝負になると思っていましたが、その前に勝負を決めてきました。

今回の優勝の陰には、先輩の厳しい愛があったのです。

もちろん1年生の子も、そのつらい練習から逃げずに真っ向から向き合ったため、今回活躍できたと思います。こういう上下間の信頼関係が築けていければこれからの活躍も期待できそうです。

低学年のBチームも、新人を起用してのチャレンジでしたが、その新人達が頑張ってくれました。経験という部分で大きなハンデがありましたが、今回同行してくれた新中学生のコーチたちのおかげで自分達の力以上のものが発揮できていたのではないでしょうか?
保護者の方の話では大きな感動を呼ぶ試合が多かったそうです。

また、今回入賞を逃がした高学年の子達も、徐々に練習の成果が見えてきました。

高学年は体が小さい子が多くいます。しかし、川口道場では、体格差があっても組み手争いや組み合わない姿勢からの柔道というのを指導しません。そういうのはもう少し後でいいと思っています。

でも、そのせいでかわいそうな思いをさせているというのも事実です。もっと、組み手とポイントを重視した技の入り方を駆使すれば拾える勝利もあるかもしれません。

1365407379692 圧倒的な体力差があろうとも、真っ向勝負。そして狙うは、理にかなった美しい一本!!
これは指導者のエゴかもしれませんが、でも川口道場の柔道精神として、勝敗を重視してルールを悪用するような発想を植えつけたくないのです。

道場の子達は、そんな自分達の思いをしっかり受け取ってくれています。今回惜しくも敗れてしまいましたが、それでも一回相手を投げてポイントを取ってきた子もいます。自分より大きな相手から一本勝ちをしてきた子がいます。

こういう子たちの成長も、優勝した子同様に評価してあげたいと思います。

1365407388584 ただ負けた後の悔し涙・・・・weepこの涙には本当に申し訳ない気持ちになります。でも、「涙の数だけ強くなれる!!」

この悔しさを、今後の練習の糧として頑張ってもらいたい。

同行した川口先生曰く、「今回の試合では、確実な進歩を感じることができた」そんな試合だったそうです。

Cimg0018 それと同様にたくさんの足りない部分、課題もありますのでこれからの練習でこの部分の修正に当りたいです。

最後になりましたが、今回主催してくださいました、越前市柔道連盟の先生方をはじめとする競技役員の皆様本当にありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

児玉杯争奪少年柔道大会

平成25年4月7日(日)に越前市武道館において第9回児玉杯争奪少年柔道大会が行われました。

高学年5・6・6年、低学年2・3・4年生に別れて争われる3人制の団体戦で、予選リーグの勝敗により決勝トーナメントと交流トーナメントに別れて争われる大会で、高学年、低学年合わせて48チームによる熱戦が繰り広げられました。

結果は次のとおりです

低学年の部

決勝トーナメント

優勝 川口道場A 2位 柔整会柔道教室A 

3位 金井学園Jr柔道クラブA 3位 越前市柔道スポーツ少年団A

交流トーナメント

優勝 柔整会柔道教室B 2位 金井学園Jr柔道クラブB 

3位 県立武道館B 3位 川口道場B

高学年の部

決勝トーナメント

優勝 金井学園Jr柔道クラブA 2位 丸岡柔道スポーツ少年団A

3位 柔整会柔道教室A 3位 金井学園Jr柔道クラブB

交流トーナメント

優勝 つるが煌輝柔道塾A 2位 越前市柔道スポーツ少年団

3位 柔整会柔道教室B 3位 つるが煌輝柔道塾B

という結果でした。

入賞者の皆さんおめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井県審判講習会

平成25年4月7日(日)に福井県立武道館において審判講習会が行われました。

Dsc_0452 今回講師の先生としておいでくださったのは、全日本柔道連盟審判委員会副委員長であり、国際柔道連盟インターナショナル審判員であられる、山崎立美先生です。

講義の前半は、「何故、審判ルールがころころと変更をしているのか?」というところの説明から入りました。

柔道がオリンピックの競技となり、対人コンタクト競技という種類の中で、他の競技との差別化をはかり、そして見ている人によりわかりやすく、そしてダイナミックな柔道を行うために、ルールの方からアプローチをするという観点で様々なルール改正が行われてきました。

一度は、姿勢をかがめて組際の攻撃が主流になりかけてきたことにより「ジャケットレスリング」と揶揄されてしまう事になった柔道ですが、それでは柔道としての特性が保てないとのことで足取り禁止など大幅なルールの改正を行い、より日本的な姿勢の良い組み合って柔道が推奨されるようにルールも変わりつつあり今もその最中であるとの事でした。

今回の審判講習会は、今変更される新ルールのことを講習されるのかと思いきや、「まだ確定されないルールを今講習しても変更があり混乱を招く恐れがあるため、新ルールについて質問をされてもお答えできない」

との事でした。自分としても今新ルールの事を頭に入れてしまうと、現行のルールとごっちゃになってしまい混乱してしまいそうだったので、かえって講習が聞きやすかったです。

と言う事で、今のルールの細かい説明を聞いていきました。

まずは、試合のDVDをみながら、技の判定について、場内外の判断について、隅返しなどによる最後にどちらがコントロールしてあるか等を映像を見ながら勉強していきました。

場内外の判断は、場内で技が施されていたらほとんどが場内と判断されるような感じでした。グレーゾーンはすべてイン!!そういう印象を受けました。

技の判定については、ブリッチをして背中の接地をかわそうとする動きがあったとしてもしっかり技のコントロールを見るようにとのことでした。今回DVDがあったので非常に技の判定がわかりやすくどういう場合を評価するべきかという事がしっかり理解できました。

隅返し等の、どちらがコントロールしているのか?という判断は、最終的にどちらがコントロールしていて、どちらの体が死に体であるかをしっかり見極めなくてはならないという難易度の高い見極め力が要求されます。DVDで何度も再生してもらえれば判断も出来ますが、試合の一瞬の流れでの判断には非常に難しさを感じます。

う~ん難しい( ̄◆ ̄;)

Dsc_0454 DVDには、今回講師としてきてくださった山崎先生も審判されており、この試合の裏話や合議の際の会話のやり取りなど教えていただけたので、とても楽しく講習を聞く事ができました。

午前中の最後の方に、「この試合は、自分を戒めるためにいつも持ち歩いているDVDです。」とおっしゃってある試合の映像を見せてくださいました。

試合の展開は、一方の選手が攻勢に出ており、一方はやや消極的。試合の中盤返しで消極的な選手の効果(ちょっと昔の映像)と押さえ込みでさらに効果を奪い、その後逃げまくっている試合でした。

試合の終盤、一つ目の指導がきてそのまま試合終了。逃げ切ったかと思いきや、そこで指導が追加され逆転。といった内容の試合でした。

山崎先生はこの試合のときに副審に座っておられ、「この試合ではもっと早い段階で指導を取っていたら、この選手も計算をして逃げるようなことはしなかったし、こんな負け方をしなかっただろう。選手のためにも最初の指導は早めに取ってあげるべきだ」

とおっしゃっていました。

ここで、ある先生方が質問をしていたので自分も便乗し質問を・・・・

「つり手のみを組んで引き手を取らさずつり手を両手で持って技をかけることを繰り返す場合これは、組み合わないと判断してよいのか?」

この質問に対して「そこは審判の判断力で、組み合わないために技を出しているというのなら組み合わないでいいでしょう。」

とおっしゃった後、「こういう質問が出ること自体悲しい、本来の柔道であれば組み合わないという選択肢はないはず、性善説、性悪説ではないけれど、柔道を教育の一環として指導しているのであれば、こういったテクニックは無くなるはずでしょ?指導者の方にお願いしたいのは、2つ持っての柔道を推奨してほしい。特に少年柔道に関わる先生には特にお願いしたい。」 

この言葉には、感動いたしました。

自分達も、「どんな相手にも2つ持っての柔道!!」に信念を持って指導しているのでこのような言葉を聞けて本当にうれしかった。

1365407379692 そのことを象徴する一枚good

山崎先生は、柔道圓心道場道場館長であられる事もあり少年柔道のこともしっかり熟知されている先生であり、全日本強化選手の芳田司選手をはじめ、たくさんの優秀な選手を育てておられます。そんな先生の言葉に非常に感動させていただきました。

午前中の講義が終了後、この日、自分は法事があり午後からの講義を受講できなかったため、午前中に質問できなかった事項を質問しようと山崎先生にお声を掛けさせていただきました。

すると、「あら、久しぶりね!!」

といっていただけました。実は3年ほど前に講道館へ審判の勉強会に参加させていただいた際、同じ講義を受講されておりそこで軽く意見交換をさせていただいたことがあったのです。

まさか覚えていてくださったとは・・・・

お昼休みの貴重な時間にもかかわらず、自分の質問に対し丁寧に対応していただき自分が抱いていた疑問も解消されました。

この技術を使ってまた子供達に指導をして行きたいと思います。

午後からの講義は残念ながら受講できませんでしたが、一緒に参加していた善雄先生に詳しく聞きたいと思います。

最後に、今回講師を務めていただき増した山崎先生をはじめ、講習会を主催してくださいました福井県柔連の先生方本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

新年度スタート

今日は、新年度のスタートの練習日sign03

逆風吹き荒れる柔道会において、いかに正しく柔道を通じた教育が出来るかが自分の目標でもあります。

柔道で学んでほしいたくさんのことをいろんな角度から子供達に伝えて行きたいと思います。

その中でも特に伝えて行きたいこと。

克己心、向上心、挑戦心

この三本柱を中心に子供達へ大きな志を持ってもらいたいと考えております。

新年度を最高のスタートで飾れるよう気合を入れて指導にあたりたい!!

頑張ります゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »