« 謹賀新年 | トップページ | 鏡開き »

2013年1月 5日 (土)

目標

昨日は新年最初の練習日。

寒稽古を行いましたsnow

まず最初に、新年の挨拶と寒稽古の説明といった毎年恒例のお話の後に、ある先生に教えていただいた目標についての話を行いました。

子供達に、『今から旅行へ出かけます。君達には準備物を用意してもらいたいと思います。何を持っていくか言ってください。質問は無し!!どんどん言え~(・∀・)ニヤニヤ』

最初は『何が始まるのだろう?』と警戒してモジモジしていた子供達も、徐々に準備物を発表しだしました。

着替え、携帯、ゲーム、充電器、歯ブラシ、タオル、手袋、水着、浮き輪、うちわ、エアコン、ジュースなどなど・・・・・(柔道着って子はいないのかweep

たくさん準備物を聞いて紙に書き出してからいよいよ旅行先の発表。

赤ペン:『今から君達が行く旅行先は・・・・・・南極です( ̄ー ̄)ニヤリ』

子供達:『えぇ~Σ( ̄ロ ̄lll)』

ここで、もう一度子供達が言った準備物を振り返ってみると、南極に水着や浮き輪、うちわなどまったく不要なものがたくさん。

赤ペン:『じゃあ、目的地がわかったら何を持っていく?』

子供達:『防寒具、ホッカイロ、スキーウェア、ストーブ』

など、寒さ対策ばっちり!!

最後に、この話の言いたかった事を話しました。

『この話でみんなに言いたかったことは、しっかりとした目的地、目標があればそれに必要な準備ができる。もし、目的地がどこかわからなかったら、南極へ水着や浮き輪を持っていくなど無駄なものを準備してしまうだろ?新年の一発目にみんなに言いたい事は、しっかりとした目的地、目標を立ててほしいということ。そうすれば、その目標に向かって必要な準備ができる。準備というのは必要な練習です。南極へ水着を持っていくことの無いよう、必要な準備を今からしっかり用意できるようにしよう』

最初は笑いながら聞いていた子供達も、最後はこの話の意図を理解してくれたからか、真剣に聞いてくれていました。

その後の寒稽古で、子供達に自由に反復練習などを行わせてみました。しっかり自分の苦手な部分を克服しようとしている子や、得意な部分に磨きをかけている子など、自分の練習するべきことをしっかり意識して練習を行えているようでした。

最後は、怪我防止のために寝技の元立ち乱取りを行いました。この日、鰐湧先輩も練習に来てくれて後輩達に胸を貸してくれました。体の成長はあまりしていない鰐湧先輩・・・・

小学生と混ざってもまったく違和感がありませんcoldsweats01

しかし、技術の方はしっかり成長していました。後輩達の挑戦を意図も簡単に退けていました。

こういう先輩がいてくれるということは子供達にとって幸せな事です。

こうして、今年一発目の練習はまずまずのスタートを切ることができました。

今年一年どのような成長を見せてくれるのか非常に楽しみです。

南極に水着を持っていくことの無いよう、しっかりとした目標を持ちそれに向けての準備をして行きたいと思います。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 鏡開き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

『目標』大切ですよねscissors
早速K輝に、読み聞かせしました。自分の目標を持ち、しっかりしてほしかったもので……coldsweats01
益々ファンに、なりましたlovely
先生のブログは、ワタシもK輝にも勉強させていただいてます。
本当に、考えさせられる事ばかりです。
昨年のあるブログで、『勝たせてやれなかったのは、指導者として悪かった』と書いてあった事です。カルチャーショックshockshockでした。
保護者目線から、こんなお言葉聞いたら「すみませんsweat01そんなことないです。自分が悪いです。頑張ります!」って、ブログに向かって呟いてしまいましたcoldsweats02
今年も、勉強させて頂きますpaper 宜しくお願い致します
m(__)m

投稿: Kj.Kママ | 2013年1月 5日 (土) 12時10分

Kj.kママさんコメントありがとうございます。
目標があるのと無いのでは、行動する内容が大きく変ってくると思います。
小学生のうちにその目標が具体化できるとその先の成長も楽しみになっていきますね。
そうなるようにお手伝いして行きたいと思います。
自分も指導者として駆け出しのときに、子供達のせいにしていたときがありました。そんな時、以前お世話になっていた道場の先生に、『結果が出たときは子供達のおかげ、結果が出ないときは指導者のせいという気持ちで指導しなくてはいけない』という指導を受けたことがありました。
この気持ちを持って指導することにより、指導をすることに緊張感と責任を感じると共に子供達の成長を素直に喜べるようになりました。
これからもこの気持ちを忘れず頑張りたいです。

投稿: 赤ペン先生 | 2013年1月 7日 (月) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/48605907

この記事へのトラックバック一覧です: 目標:

« 謹賀新年 | トップページ | 鏡開き »