« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月28日 (月)

楽しい試合と寂しい別れ

Dsc_0162 平成25年1月26日(土)のお昼から行われた第15回丸岡町少年柔道交流大会!!

毎年、とてもよい試合が繰り広げられています。

今年は、例年よりさらにパワーアップした内容の大会となっておりとても盛り上がりました。

去年のこの大会のあと、丸岡スポ少の先生とある保護者の方大会の反省会を行った際、大会の感想と反省をしていたときに、様々なアイディアを出し合い、その内容で採用された部分を早速今年の大会に反映されていました。

まず、ルールは大会申し合わせ事項として、両膝及び片膝をいきなり付く技は指導の反則。このルールは福井県ではお馴染みになってきましたね。

さらに今回、1・2・3位の入賞者以外に、去年から表彰されている礼法賞の採用。さらに、印象に残る一本を取った選手に贈られるベスト一本賞と、勝負の勝敗にかかわらず、一本を狙い、超攻撃型柔道を行った選手に贈られるベストチャレンジ賞などたくさんの賞状が用意されていました。

この賞は、去年の5年生の部決勝、坂井町のH君と春江町のT君の戦いのとき、敗れたT君の一本をねらった積極的な柔道に感動し、『こういう魅力のある負け方をする子にもスポットを当ててあげたい』という思いからこの賞が誕生しました。

Dsc_0164 まず最初に開会式にて川口道場キャプテンタクミの選手宣誓!!意地とプライドをかけたガチンコ勝負の幕があがりました。

さて、今年の大会の感想は?と聞かれたならば、一言 楽しかった!!

この一言に尽きます。

こういう表現はいかがなものかと思いますが、例えるならば、『ジャンケン』のような試合がとても多かったです。

Dsc_0171 どちらが勝つのか予想が付けにくく、お互いの得意のパターンにはまったときに勝負が付くといった試合が多かったです。

Dsc_0172 全182試合中131試合の一本決着。約7割の一本決着率です。

そのうち決勝戦での一本は二年生の決勝の有効以外全部一本での決着でした。

それだけお互いが一本を狙い攻め合っていました。

Dsc_0176 このお互いが攻撃する柔道、そしてどちらが勝つのか予想しづらいハラハラ感、ドキドキ感がたまりませんでした。

なので、勝っても負けても清々しい気持ちになれ、素直に勝者を称えることができました。

試合後、丸岡スポ少の先生と『やっぱりこの大会は楽しいの』と声を合わせて語り合う事ができました。

最後の表彰式では、試合の入賞者に、礼法賞、ベスト一本賞、ベストチャレンジ賞を発表。

礼法賞には、川口道場から2名も選ばれ、気持ちのよい礼法で満場一致で決まった新人のカツキと、川口道場の礼法賞も取得したヒナノがゲット!!

Dsc_0184 大変名誉ある賞を2人も受賞できたということは大変喜ばしい事です。今回賞には選ばれていない者でも、綺麗な礼が出来ていた子達がたくさんおりとても良い傾向だと感じました。なかには、試合前の礼で

『よろしくお願いしますsign03

と言ってしまった子がいました。大いに笑わせていただきました。丁寧に礼をしようとしているため、つい言ってしまったのでしょうね(*^ー゚)bグッジョブ!!

またベスト一本賞にも、トライが選ばれ川口道場からたくさんの受賞者が選ばれました。賞状にはただ一言

Dsc_0183 かっこよかった!

と書かれており、プレゼンターであられるマナブ先生がしみじみと読み上げておられました。(◎´∀`)

Dsc_0174 ベストチャレンジ賞には、丸岡スポ少の2年生K君が選ばれていました。彼の試合は自分も何回か審判をしているとき見掛けましたが実に魅力的な柔道です。
徹底して立ち背負いを掛け、返されても気にせずひたすら一本を取る事だけを狙っているかのような試合運び・・・・・カッコえ~(◎´∀`)

このような角度からも子供達の柔道を見てあげると、結果だけ重視の柔道よりも、子供の意欲・向上心を掻き立ててくれるのではないかと思います。

勝ち負けも大事ですが、そのなかに柔道ならではの美学を持ってもらいたい。そういう指導をしていきたいものです。

そういう意味ではこの大会は本当に素晴らしい試合だったと思います。

このような素晴らしい大会を企画運営してくださいました、クリリン会長をはじめとする丸岡柔道協会の皆様保護者の皆様本当にありがとうございました。

さて、実はこの日、残念な事に、5年生のミコトが川口道場ラストの試合でした。
ご両親の仕事の関係で川口道場への送迎が出来ず、やむおえず川口道場を去ることとなってしまいましたcrying
最後の試合となったこの大会で、自身初の決勝戦進出。決勝では惜しくも敗れてしまいましたが、最後の最後にとても良い試合をしてくれました。

Dsc_0185 最後に、みんなに報告をし、一人ひとり握手をしながら別れの言葉を交わしました。

ミコトには、指導者としてなかなか良い思いをさせてあげれませんでした。練習も厳しくつらい思いをたくさんしたと思います。それでもそのなかで、くじけず続けてきたという経験はこの後もきっと役に立つと思います。この経験を忘れずいろんなことにチャレンジして行ってもらいたいです。

Dsc_0188_3 最後、ミコトを囲んでみんなで記念写真shinecamera

仲間との別れは寂しいですが、この出会いが一生の宝となる事を切に願います。

また時間に余裕が出来てきたらいつでも道場に顔を出してください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

福井県選手権大会

平成25年1月27日(日)に、県立武道館小道場において福井県柔道選手権大会が行われました。

全日本選手権出場を目指し福井県の柔道家達の熱戦が繰り広げられました。

結果は次のとおりです。

男子

優勝 齊藤 修也(福井県警) 

2位 松田 壮市(福井県警)

3位 白川 剛章(福井高)

女子

優勝 宗石 茉子(福井高)

2位 長谷川 奈桜(福井高)

3位 仲保 あかり(福井高)

という結果でした。

入賞者の皆さん入賞おめでとうございます。

そして北信越柔道選手権大会頑張ってきてください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

第15回丸岡町少年柔道交流大会

平成25年1月26日(土)に丸岡武道館において第15回丸岡町少年柔道交流大会が行われました。

旧坂井地区の柔道チームによる学年別の大変白熱した個人戦が行われました。

結果は次のとおりです。

幼年の部

優勝 北 康生(丸岡) 2位 川口 寛太(川口)

3位 齊藤 莉央(坂井) 3位 北 賢司(川口)

1年の部

優勝 齊藤 将太(坂井) 2位 北得 洸大朗(川口)

3位 黒川 真弥(丸岡)

2年の部 

優勝 宗広 泰河(川口) 2位 黒川 真之介(丸岡)

3位 津戸 陽向(川口) 3位 松浦 獅童(川口)

3年の部

優勝 川口 敬志(川口) 2位 田中 陸晴(丸岡)

3位 林 克樹(川口) 3位 廣瀬 芽衣(丸岡)

4年の部

優勝 橋本 亜香里(坂井) 2位 荒谷 優太(川口)

3位 宗広 杜頼(川口) 3位 椛山 響(川口)

5年の部

優勝 高島 歩(丸岡) 2位 竹内 美琴(川口)

3位 田中 泉弥(丸岡) 3位 廣瀬 憲人(丸岡)

6年の部

優勝 橋本 光正(坂井) 2位 坪田 拓郎(春江)

3位 前田 拓弥(川口) 3位 山田 哲太(川口)

優秀礼法賞(礼法が素晴らしかった者)

松浦 雛乃(川口5年) 林 克樹(川口3年) 江川 ヒバリ(坂井4年)

ベスト1本賞(豪快な一本を取ったもの)

坪田 拓郎(春江6年) 宗広 杜頼(川口4年) 

ベストチャレンジ賞(勝敗にかかわらず超攻撃型の柔道を行っていた選手)

小林 叶拓(丸岡2年)

という結果でした。

入賞者の皆さんおめでとうございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

発想力

昨日は寝技練習日。

この練習日は、準備体操を終えたあと、寝技の基本反復練習を行う。時間を45秒にセットし2人ペアで合計20回反復をするという動きを行う。

でも、まだ20回には到達しているペアは無い。しかし今まではまだまだ20回に到達できなかったのだが、昨日くらいからあともう少しで到達するように動きが錬れてきたので、少しアレンジをしての動きを指導。

ちょっとの変化で子供達の食いつきが大きく変ってきます。

ある先生から頂いた指導者用の講習会DVDにて子供達の食い付きをよくするためのヒントをたくさんいただいたのでそれらを取り入れながら指導しています。

ちょっとした言い回しを変えたり、指導者の態度を変えるだけで同じ事をやっていても習得力が変わって来ます。

次に寝技の反復練習を行い、この日も自由に考えさせながら反復を行いました。

まだ、どうしても練習量が落ちてしまうことが気になりますが、徐々にこの練習の成果も出てきているようです。

練習をしている姿を眺めていると、一人の女の子が自分のところへやってきて

『先生、ちょっと来てください』

と呼び出しをくらいました。

『何かを教えてほしいのかな?』

と思い付いていってみると、

『こういう姿勢になったときに、こうやって抑え込むって習ったんですけど、相手がこういうふうに反応した場合はこっちで抑えても良いですか?』

今までとは違い、具体的な質問であり、『教えてください』から『こうしてもいいですか?』というような、自分の意見を言ってきたことに驚きました。

これは自分にとってはうれしい驚きです。

この入り方は自分も知っていましたが、まだ子供達には教えていませんでした。もう少し、今教えている形が出来てきたら教えようかと思っていましたが、子供達の方が先にこの入り方を見つけたようです。

せっかくなので、みんなを集め、この入り方をみんなの前で披露させました。斬新な発想にみんなも興味津々eyeup

今までの受動的な練習から徐々に能動的な練習が出来るようになってきたようです。

この積極性が、子供たちの発想力にも繋がっていくのでしょう。

今月の目標としていた明確な目標を持つということが、子供達の発想力を育てるという成果に繋がりだしたようです。

その分練習量が落ちてしまいますが、子供達の気持ち作りと言う基盤が徐々に完成しつつあります。

今月もあともう僅か!!発想力を豊かに、積極性のある行動が取れるよう頑張って行きたい!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

目標2~明確なイメージ~

今月、自分の中の指導目標として、『子供達の目標を明確にさせる』という事を掲げている。

年の初めに『目標の大切さ』について話をして、そのことをより明確にするために各自ノートに自分の目標を書くように促した。

早速、たくさんの子達が志ノートに自分の目標とその目標を達成するために必要な行動(準備物)を書いてきてくれていた。(なかには本当に旅行先とそれに必要な準備物を書いてきた子もいたが・・・coldsweats01

でも、何か準備物がぼんやりしている。

『練習を頑張る』、『一生懸命頑張る』、『努力する』などと、行動する部分は書かれていても何をどういうふうにという細かい明確なプランが立てられていない。

まあ小学生ではなかなかそこまで目標を立てることは難しいとおもう。低学年になれば尚更である。

昨日の練習では、寝技の反復練習のとき基礎反復を終えたあと、研究時間を10分設けてみた。

試合や練習でもう少しで抑え込めそうになったけど逃げられた、抑えこめなかった、マテが掛かったなどという場面を思い出してもらいそのカタチをどうすれば極めれたかを子供達に考えさせながらの反復。運動量が落ちてしまうが、子供達の目標を具体化させるため、『自分の技を考える』という機会を設けてみた。

やらせてみると思った以上の成果を得られた。自分はあくまでもアドバイザーに徹したのだが、次から次へと質問攻めに合いました。

今までは、こちらから一方的に技術を提供していたのだが、子供達の中には『もっとこうした方がやりやすいのにな~』という疑問があったようです。

あっという間に10分間が終わったのだが、子供達から延長の要請があり5分間延長。

このとき3年生のK志が、『こんなふうに入ってもいいですか?』という質問をしてきました。

上手く言葉では説明できていないのでやらせてみると、自分が思いもしない入り方。今まで教えていたまったく逆のポイントを意識して返すという技でした。

最初自分もどうやって決まっているのか理解できなかったため、受けてみると確かに極まる。

相手に反応させて抑えるという相手の力を利用した技に非常に驚きました。

子供の発想力を侮っていました。自由に考えさせるということがこういう発想を生んで行くんでしょうねwink

短期的な強化からは外れてしまう可能性がありますが、これからもちょくちょくこういう機会を設けてみたいと思います。

この日は、OB・OGの先輩方がたくさん練習に来てくださり、後輩達の相手をしてくださいました。大学生・高校生・中学生の先輩方が子供達と組み合って練習するのを見て本当にありがたく思います。

小学生で明確な目標を立てるというのは難しい事だとは思いますが、こういう先輩方の姿を見て憧れを抱き、真似をする。これも、目標のひとつだと思います。

先輩の姿を見て、明確なイメージを自分の中に持つことができれば、それが自分を高める一番の近道になります。

昨日の練習は、自分の指導目標達成に大きく手ごたえを感じた練習でした。

先輩方には本当に感謝したい。

さて今日明日と、高校の先輩達の選手権予選の大会である。日頃の練習の成果を充分に発揮してもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

鏡開き

平成25年1月5日に丸岡町武道館において丸岡町鏡開きが行われました。

丸岡町で柔道を愛好している選手達が一同に集まり、稽古を行う行事です。

もちろん川口道場も参加しました。

お昼過ぎに丸岡町の武道館に集まりみんなで柔道を楽しみました。

まず新年の挨拶をクリリン会長様が行い、目標の大切さを教えていただきました。どっかで聞いた話でしたが・・・・(*^m^)

1357359889038 挨拶のあとは、みんなで軽くトレーニング。小学生向けの楽しいトレーニングのあとは寝技の反復練習と乱取り、打ち込み、乱取りをあの広い道場が狭く感じるくらいの大人数でおこないました。

ちょっとの間見ないだけでしたが、丸岡スポ少の子供達が大きくなっていましたね。子供の成長の速さというのは恐ろしいものがあります。

練習にはOBの先輩方もたくさん集まり、実に楽しそうに柔道を行っていました。

いつまでたっても柔道を楽しんでいってもらいたいものです。

1357369714739 練習のあとは、保護者の方が作ってくださったトン汁をみんなでいただきました。

とってもおいしいトン汁にみんな勢いよく食べまくっていました。

大体4から5杯ぐらい食べていた様子・・・・

体はさほど大きくなっていないのですが胃袋の方が成長してきているようです。

女子でありながら、トン汁5杯も食べたのは

1357371007221 この子!!

この細い体のどこに入っていくのでしょう。不思議です。

また、あの少食王子のY亮もおかわりしていました。びっくりの行動です。今までに無い成長です。

よほどおいしいトン汁だったのでしょう。

トン汁は、大鍋いっぱいありましたが、見事に完食。

気持ちいいですね(・∀・)イイ!

今年一年の良いスタートを切れたような気がします。

この勢いを今年の最後まで持続させて行きたいと思います。

今回、鏡開きを行うに当って色々と準備をしていただきましたクリリン会長・保護者の皆様、本当にありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

目標

昨日は新年最初の練習日。

寒稽古を行いましたsnow

まず最初に、新年の挨拶と寒稽古の説明といった毎年恒例のお話の後に、ある先生に教えていただいた目標についての話を行いました。

子供達に、『今から旅行へ出かけます。君達には準備物を用意してもらいたいと思います。何を持っていくか言ってください。質問は無し!!どんどん言え~(・∀・)ニヤニヤ』

最初は『何が始まるのだろう?』と警戒してモジモジしていた子供達も、徐々に準備物を発表しだしました。

着替え、携帯、ゲーム、充電器、歯ブラシ、タオル、手袋、水着、浮き輪、うちわ、エアコン、ジュースなどなど・・・・・(柔道着って子はいないのかweep

たくさん準備物を聞いて紙に書き出してからいよいよ旅行先の発表。

赤ペン:『今から君達が行く旅行先は・・・・・・南極です( ̄ー ̄)ニヤリ』

子供達:『えぇ~Σ( ̄ロ ̄lll)』

ここで、もう一度子供達が言った準備物を振り返ってみると、南極に水着や浮き輪、うちわなどまったく不要なものがたくさん。

赤ペン:『じゃあ、目的地がわかったら何を持っていく?』

子供達:『防寒具、ホッカイロ、スキーウェア、ストーブ』

など、寒さ対策ばっちり!!

最後に、この話の言いたかった事を話しました。

『この話でみんなに言いたかったことは、しっかりとした目的地、目標があればそれに必要な準備ができる。もし、目的地がどこかわからなかったら、南極へ水着や浮き輪を持っていくなど無駄なものを準備してしまうだろ?新年の一発目にみんなに言いたい事は、しっかりとした目的地、目標を立ててほしいということ。そうすれば、その目標に向かって必要な準備ができる。準備というのは必要な練習です。南極へ水着を持っていくことの無いよう、必要な準備を今からしっかり用意できるようにしよう』

最初は笑いながら聞いていた子供達も、最後はこの話の意図を理解してくれたからか、真剣に聞いてくれていました。

その後の寒稽古で、子供達に自由に反復練習などを行わせてみました。しっかり自分の苦手な部分を克服しようとしている子や、得意な部分に磨きをかけている子など、自分の練習するべきことをしっかり意識して練習を行えているようでした。

最後は、怪我防止のために寝技の元立ち乱取りを行いました。この日、鰐湧先輩も練習に来てくれて後輩達に胸を貸してくれました。体の成長はあまりしていない鰐湧先輩・・・・

小学生と混ざってもまったく違和感がありませんcoldsweats01

しかし、技術の方はしっかり成長していました。後輩達の挑戦を意図も簡単に退けていました。

こういう先輩がいてくれるということは子供達にとって幸せな事です。

こうして、今年一発目の練習はまずまずのスタートを切ることができました。

今年一年どのような成長を見せてくれるのか非常に楽しみです。

南極に水着を持っていくことの無いよう、しっかりとした目標を持ちそれに向けての準備をして行きたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年

初春のお喜びを申し上げます

今年の目標としまして 『初心』 を掲げたいと思います。

色々学んだ事を 初心を忘れず取り組んで行きたいと思います

今年もどうぞ宜しくお願い致します

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »