« 川口道場冬季合同練習会 | トップページ | 今年最後のイベント!!松任合同練習会 »

2012年12月20日 (木)

伝統の力

先日、ある保護者の方とお話しているときこんな話が出た。

『このあいだ、練習を見させてもらったのですが、昔と比べると本当にレベルの高い技術を使う子達ばかりで驚きましたsign01最近の子はすごいですね~happy01 』

この話を聞いて、自分としては不思議に思う部分があった。

それは、その保護者の方が練習を見ていた時期というのが、めちゃくちゃ練習をたくさんしていた時期であるということである。

今は、週に3回、月・水・金曜日のみの練習で、たまに土曜日に強化練習を行うくらいである。

しかし、昔は、基本週3回というものの、火曜、木曜と強化練習を行い、ひどいときには土曜日、日曜に合同練習会を開いたりして、毎日練習したりしたときもあった。

練習量では、間違いなく昔の方が多かった。

その保護者が練習を見ていたのはそんな時期だったため、『練習量は昔の方がはるかに多いsign03』ということはわかっていると思う。

しかし、それとくらべても今の練習量を減らした状態のほうが、技術レベルが高いと感じるそうだ。

確かに言われてみてば、自分もそのように感じる部分がいくつかおもいあたる。

でも、指導者としては、昔よりあれこれたくさん指導しているという感じは無い。

では、どうしてこのような現象が起こるのだろう?

その夜、この、練習量と反比例して伸びている技術習得率についてを考えてみた。

そこで、たどりついた答えとして大きな2つの要因があるように思えました。

まず1つは、練習量を減らしたことにより、子供達の気持ちに余裕が生まれ、その事から好奇心が高まったと推測する。

練習量が多いときは、言われた事のみを消化する様な練習となってしまい。中身を深く考えない形だけを真似するような練習となっていたように思う。

今は、個人差はあるが、指導したことはもちろん、指導していないような部分まで練習で行うようになった。

例えば、子供達にある寝技の技術を紹介したときの事、技のポイントを説明して自由に反復練習をやらせていると、ある子が、教えたことと違う動きで抑え込んでいた。

そのことを指摘すると

『でも、こうして返してもポイントを極めれますよ?』

という答えが返ってきた。

言われてみて、自分もやってみてみると確かに極まる・・・・coldsweats02

自分が思いもしなかった入り方でした。このようにして、新たな技術が子供達の中から生まれるようになってきました。

指導者が1つ教えてもそれ以上に+αを添えて練習にとりくむことにより、短い時間で大きな成果をあげれるようになってきたことが大きな要因でしょう。

そして、もうひとつの要因。

それは、先輩方の存在です。

その練習量が多かったときの先輩が、築き上げてきた練習の雰囲気、練習への取り組む姿勢、そして、繰り返し練習することで身につけた技術、これらが土台としてあるので、後輩達は、その姿をお手本とし真似していくことが出来ます。

先輩方は、手探りの状態で練習に取り組んできました。我々が指導して、お手本を見せてやらせてみて、でも上手くできなくて、もう一度トライしての繰り返し・・・・・

その中から少しずつ良いものができてきて今の練習の土台が出来ました。そうやって身につけた動きを、後輩達は見て真似する事が出来ます。モデルがあるので、それに近づこうと力を注ぐ事ができ、短期間である程度の動きをマスターする事ができます。

こういう先輩方の存在が、今の子達の技術レベルを引き上げているのだと思います。

こういうのを伝統というのでしょうか。

川口道場にもこの伝統の力が発揮されてきたようです。

今の子供達は、練習量が少なくなりましたが、昔よりより多くのことができるようになりました。今行っている事が、次の世代へと受け継がれていき更に良いものが生まれていく。

この伝統の力を大事に育てて行きたいものです( ̄ー+ ̄)

|

« 川口道場冬季合同練習会 | トップページ | 今年最後のイベント!!松任合同練習会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

詳しい道場内での話は部外者なのでコメントなしで。

でも、ひとつ声を大にして言えるのが、道場としての伝統が大きな輪になってることです。

こうやって、長きに渡り川口さんとも仲良くできるのも、道場として共感できるからだとも思っています。

人材とは、何事にも代えることのできない宝物です。

そういう意味で子供たちがレベルアップするのも当然でしょう。

あー、うちも真似したい。

これからも、そういった意味で自分のお手本とさせていただきます。

投稿: カニーマン | 2012年12月24日 (月) 18時12分

カニーマン先生コメントありがとうございます。
子供達の成長の早さの影には、先輩方がいろいろなところで経験した事が、今の子供達に自然と伝わっていっているのだと思います。
そして色々な先生方が道場に来ていただき指導してくださったことも大きな要因でしょう。
なので、自分が指導していない部分でも大きな成長が確認できるのだと思います。
そう考えると、色々な人に支えられてよい伝統が出来てきたんだなと実感できます。
これからも、道場としてさらに成長していけるよう、様々な人への感謝を忘れず子供達と頑張って行きたいです。

投稿: 赤ペン先生 | 2012年12月25日 (火) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/48399434

この記事へのトラックバック一覧です: 伝統の力:

« 川口道場冬季合同練習会 | トップページ | 今年最後のイベント!!松任合同練習会 »