« 第17回醍醐敏郎杯全国少年柔道錬成大会 | トップページ | 醍醐杯低学年~チーム一丸~ »

2012年11月27日 (火)

ひのまるキッズ

平成24年11月23日(祝金)に富山県のアルビス小杉総合体育センターにて行われた、ひのまるキッズ北信越小学生柔道大会に参加してきました。

自分は今回が初の参加。

現地で選手達と合流し、いざ試合会場へ・・・

この試合は、保護者の方もコーチボックスに付く事ができ、選手のすぐそばで応援する事ができます。

親子の絆をテーマとした大会でこういう取り組みはとても良いと思いました。

試合のほかにも、イベント会場においてキッズ柔道クリニックと呼ばれる講習会や、受身コンテスト、打ち込みコンテスト、エビレース、しぼりレースなどのイベントも行われました。

こういうイベントは柔道普及にどのような影響を与えるのか大変興味があるので自分も気になっていました。

あとで、見に行ってみようと考えていましたが、いざ試合が始まると、忙しくて見にいくどころではありませんcoldsweats02

一人の試合が終わったらすぐに別の選手の試合が控えているのでそちらに付かないといけませんでした。

去年は、試合の関係上川口先生一人で引率されていたが、そのときもとても大変だったであろうと推察されます。

低学年の子達は、このような大きな試合の雰囲気に飲まれることも無く全員無事初戦突破。2回戦では、何人かの子達が敗れてしまいましたが、とても良い経験が出来たと思います。

そんな中低学年でよい試合をしていたのは、3年生のK志とR香!!

2人とも初戦2回戦とも会心の一本勝ち。とくにR香は自分より25kgも大きな相手に、大外刈りで見事一本勝ち。
気持ちが優しく、なかなかこういう相手に勝つことが出来ない子でしたが、大きな相手にも臆する事無く、堂々と組み合っての柔道で一本勝ち!!すごい成長を感じました。次の試合で今回優勝した選手に敗れてしまいましたが、良いものを見せてもらいました。

K志は、順調に勝ち上がり準決勝で東海地区のチャンピオンにもなった事ある選手と対戦。寝技で2回抑え込みそうになりましたが、逃げられ試合終了間際に小外で横転させますがポイントならず・・・判定2-1で敗れてしまい悔しい3位。チャンスの寝技で極め切れなかったのが悪かった。次はきっちり極めきる柔道を行ってもらいたい。

高学年の部は、Y太、H乃は惜しくも初戦敗退でしたが、力をつけてきていることを感じさせる試合内容でした。Y太は力を出し切れないままの敗退。悔しさが残ります。

T太の2回戦も同じような内容でした。最初に慎重になりすぎてしまい、良いところを出す前に終わってしまう。そんな試合が全体的に多かったように思います。

でも、T頼、Y未は、積極的に攻め次々と勝ち上がっていきました。

T頼は、大きな相手に返されて押さえ込まれて敗れてべすと8。良い足技を武器にできるようになってきたのでこれからが楽しみです。

Y未は、立ち技・寝技を駆使して勝ち上がり、準決勝では有名な小牧柔道会の選手からきわどい試合を攻め抜き判定勝ち。

決勝に駒を進めました。しかし決勝の相手は京都のH谷川選手。勝ち上がりを見ても、力強い素晴らしい柔道で一本勝ちを量産しておりました。

試合は、開始早々大内で技ありを奪われてしまいます。いつもならここで気持ちが折れてしまうのですが、この日はそこからも気持ちをおらず戦い途中寝技で縦四方に返すも極めが甘く逃してしまいます。そのまま時間となり技あり負け。

残念ながら優勝はなりませんでした。

結果は、K志3位、Y未準優勝と後一歩が勝ちきれませんでしたが、良い経験となりました。柔道のイベントは、自分も見てみたかったのですがまったく見学できず・・・・

こういうイベントを参考にして柔道の普及を考えて行きたかったのですが残念です。次の機会に見てみたいと思います。

こうして若干の悔しさを滲ませながら次の醍醐杯の試合に挑むのでした・・・・

|

« 第17回醍醐敏郎杯全国少年柔道錬成大会 | トップページ | 醍醐杯低学年~チーム一丸~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/47996617

この記事へのトラックバック一覧です: ひのまるキッズ:

« 第17回醍醐敏郎杯全国少年柔道錬成大会 | トップページ | 醍醐杯低学年~チーム一丸~ »