« 全日本少年少女武道(柔道)錬成大会 | トップページ | 長野遠征2 »

2012年8月13日 (月)

長野遠征

平成24年8月11日12日と川口道場毎年恒例の、長野県強化遠征が行われました。

この遠征は、長野県でお世話になっている旭日柔道場のI先生よりお声掛けを頂き、毎年8月2週目の土日に長野県へお邪魔させていただき、毎年大変よい練習をさせていただいている強化遠征となっております。

川口道場で希望者を募り、『厳しい練習に耐える覚悟のあるもの』だけで参加する、強化遠征です。

今年も、21人のたくさんの参加者を引き連れて長野県へお邪魔しました。

今年は、マイクロバスを借りて長野へ向かって出発bus

この合宿は、指導者と子供達だけで毎年参加します。子供達は高学年はもちろん低学年も自分のことはすべて自分で行わなければいけません。いつもは、お父さんお母さんが手を差し伸べてくれますが、この合宿では一切そういう甘えは許されません。子供達が手を取り合いみんなで2日間を生活しなくてはいけないので、厳しい練習だけでなく、生活態度から何から全部が厳しい合宿になっています。

今回は、初めてこの合宿に参加する子が5人。大変緊張しているようでしたsweat01

特に渋滞に巻き込まれることなく順調に旅は続き、いつも宿泊させていただいている川口先生のおじさんのおうちへ到着。

ここは、避暑地で有名な八千穂の山奥にあるお家で、この暑い8月であってもクーラーいらずの大変過ごしやすい気候になっており、大自然に囲まれた最高のお宅です。

みんなで挨拶を済ませ、早速昼食を取る事にrestaurant

今年は、川口先生のお母さんが前日から現地入りしていただき、食事の準備をしてくれていました。

Dsci0675 昼食は、おいしそうな親子丼。お腹のすいた子供達はみんな一気にご飯をかき込みますdelicious

だしが効いている最高の親子丼を堪能したらすぐに荷物を準備し、練習へ向かって出発します。この時点で、低学年の子は、すでに半泣き状態weep。ご飯の準備や練習の準備を自分ですることが出来ず、厳しい指導が与えられていたからです。
高学年の子達のサポートがあり何とか時間内で準備ができていましたが、早速この長野遠征の洗礼を受けていました。

バスに揺られる事30分、練習開場である佐久市武道館に到着。

すでにたくさんの小・中学生が武道館に集まっていました。

会場について、驚いたのは、この子供達の人数!!

毎年、参加するたびにこの練習参加人数が増えているように思います。今回は、去年お声掛けをさせていただいた柔整会さんだけでなく、金井学園Jrさんにもお声掛けさせていただき、福井県から60人弱の選手達が参加させていただきました。

練習が始まるころには武道館の中は200人以上の子供達で、溢れ返っていました。

思い起こせば、最初は旭日柔道場さんの道場で、練習させていただいたこの合同練習会も大変大きな規模になっており、何かうれしくなってしまいましたhappy02

Dsci0682 さて練習は、軽いランニング、ダッシュ、回転運動などで体を温め、寝技の練習から始まりました。

Dsci0683 全員一気に練習は出来そうに無かったので、中学生高学年、低学年と分かれて交互に練習を行いました。

Dsci0684 Dsci0685 それでも道場はもういも洗い状態。そんな中での練習でした。練習を見ていると、高学年の子たちは、合宿にもなれているため、まずまずの練習が出来ていましたが、やはり初めて参加した子供達はあまりにも多い子供達、そして初めての環境の練習に順応できず、借りてきた猫状態。

しかし、誰も助けてはくれません。助けを求めても怒られるだけです。この時点でこの合宿に参加した事を後悔したことでしょうweep

しかも、長野県の有名なチームの鍛えられた子供たちが相手ということで、マグロ状態でやられまくっていました。

全然いいとこなしの寝技練習を終えて、次は立ち技練習。

立ち技は、元立ち練習を行いました。

Dsci0686 Dsci0688 Dsci0689 こちらも、今回初参加の子たちには厳しい練習となりました。たくさん投げられていましたね。高学年の子達も中学生の子たちに稽古をつけていただき、非常によい練習が出来ていました。

当初の予定よりだいぶ延長しての練習会。高学年はとても充実した汗を流していました。低学年の子達も・・・・汗だか涙だかわからないですが、ずぶぬれになっての練習でした。

何本も練習をしてようやく、元立ち練習終了の合図が・・・・

初めて参加した子は、『やっと終わった・・・・』そう思ったことでしょう。

ところがどっこい、この遠征名物のサーキットトレーニングがはじまります。子供たちの顔が引きつりますヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

Dsci0691 Dsci0692 Dsci0693 みんな必死の形相でトレーニングを行います。トレーニングを一通り終えたら、I先生から

『はい、いまのは練習だから、次から今みたいにしっかりやるように!』

という、鬼のような一言が・・・

Dsci0694 子供たちの眉間にみんなシワがよっていました。もう、汗と涙とがぐちゃぐちゃになり奇声をあげながらのトレーニング。

何とか、無事全員トレーニングをやり抜きました。

『本当に終わった・・・?』

そんな不安の沈黙の中、I先生の『体操!!』の指示に、安堵の表情を浮かべる子供達。こうして地獄のような一日目の練習が終了しました。

Dsci0695 ここからは子供達お楽しみタイム。今年は、佐久にある穂乃香の湯にお風呂へ行きました。

広い露天風呂があるお風呂で一日の疲れを癒し、宿泊所に帰宅。着くとすでにご飯が用意されていました。

Dsci0699 Dsci0702 この日の夕食は、デミグラスソースのハンバーグとソースカツ、具沢山の豚汁と大変おいしそうな夕食でした。

Dsci0696 Dsci0697 Dsci0698 Dsci0700 Dsci0701 子供達もよほどお腹がすいていたのかガツガツ食べます。

Dsci0706 Dsci0703 道場一のスリムガールであるH乃が、ガンガン食べてる。おかわりはご飯の上にパスタとハンバーグを乗せたデミグラスハンバーグ丼。あのスリムなボディのどこに消えていくのかぺろっと完食bleah

意外な一面を見ることが出来ました。

食事のあとは、ミーティングを行い、低学年の子達の練習内容の悪さを指摘して、明日の練習をどうすべきかを伝えこの日の全日程終了。

みんな寝る準備を済ませ、布団に入ります。川口道場の合宿では、夜遅くまでこっそり起きていた子供達も、さすがにこの合宿では疲れたのかすぐに眠り入りました。

自分も、ふとんに横になり明日の練習を楽しみにしながら眠りに入りました。

続く

|

« 全日本少年少女武道(柔道)錬成大会 | トップページ | 長野遠征2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

赤ペン先生、遠征合宿お疲れ様ですhappy01


こういう経験を乗り越えて、身心共に強くなって行くのでしょうね。


低学年初参加の子供達は特に一皮むける事でしょうdelicious


乗り越えた事が大きな自信につながり、柔道にも大きく影響してくると思います。


先生方の努力に頭が下がる思いです。

合宿の模様の続きを楽しみにしております。

投稿: ロードマスターズ | 2012年8月16日 (木) 06時32分

ロードマスターずさんコメントありがとうございます。
今回の合宿は強化と自立を目標とした厳しい合宿です。
特に低学年にしてみたら、いつも誰かが当たり前のように用意してくれていたものを自分で用意しなくてはならず、大変だった事でしょう。
でもこうすることで、日々の当たり前に感謝する心を持つ事ができるのではないか?という期待をこめて厳しく合宿を行いました。
一皮向けてくれる事を期待したいです。

投稿: 赤ペン先生 | 2012年8月17日 (金) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/46681282

この記事へのトラックバック一覧です: 長野遠征:

« 全日本少年少女武道(柔道)錬成大会 | トップページ | 長野遠征2 »