« 存在能力を引き出す鍵 ~チームのために~ | トップページ | 川口道場夏合宿 »

2012年7月24日 (火)

福井県少年強化練習会

平成24年7月22日(日)に福井県立武道館において福井県少年強化練習会が行われました。

今回も福井県のチームだけでなく、石川県や富山県からも練習に何チームか参加して頂きました。

低学年は小道場で、高学年は大道場で練習を行います。


この日川口道場からは、幼児から高学年までが参加!!

たくさんの子供たちが集まり元気に練習を行っていました。

 

 

自分はこの日、高学年の練習を任されてしまいました。

 

 

自分なんかでいいのかな…

 

 

なんて気持ちもありつつ練習開始!!

 

午前中は、寝技・立ち技の練習。乱取り中心でしたが、少しずつ変化を加えて飽きさせないように工夫しながら練習を行いました。

 

 

特に寝技では、長い時間だらだらとやる練習ではなく短い時間で、一気に決めに行くことを意識した練習を、ポジションを変えたりハンデを与えたりしながら行いました。

この日も暑かったので、熱中症の事を考えてこまめに休憩を入れながら9時から11時30分まで練習を行い、午前中は無事終了。

子供達も、一生懸命練習してくれたので、よい汗を流しているようでした。

昼休み・・・

弁当を食べたらあとは、指導者中心に会議室で審判勉強会。

 

少年部部長であられるS先生が、講師となられて審判勉強会が始まりました。

 

Dsci0592


今回は、自分が作ったDVDを見ながらの勉強会となりました。狙いは、全体の審判判定技術のある程度の統一。

 

 

技の判定を巡り、怪しい試合きわどい試合を動画で確認しながら、技の判断を挙手にて統計を取り福井県の技の判定の統一をはかりました。

 

 

今回の勉強会で、再認識したことは、副審が積極的に審判へ参加することです。当たり前と言えば当たり前なのですが、つい、副審席に座っていると、主審に判定を委ねてしまいがちになってしまいます。

 

 

しかし、主審からは見えない角度などがあり、そういう死角を補助するためにも副審の存在が大事になるということが今回の勉強会で話されました。

そのあとは、午後の試合練習にて審判の実技練習会。

こういう取り組みは、審判技術向上のために非常に良いと思いました。


午後からは、低学年、高学年共に試合練習を中心に行い練習終了。

 

 

今回の練習会では、全体を見なくてはいけないため、川口道場の子供達の練習をよく見てあげれませんでしたが、ちらっと見た感じでは、大変一生懸命練習に取り組んでいたと思います。

 

ただ、まだ明確な目標を持っての練習ができていたかというとそこまでは、感じ取ることはできませんでした。

 

 

小学生にはまだ難しいことかもしれないが、もう一つ上のレベルの練習ができるように頑張ってもらいたい。

 

 

今回の強化練習会を企画して下さった福井県柔道連盟少年部の先生方並びにに参加いただいたチームの皆様、本当にありがとうございました。

|

« 存在能力を引き出す鍵 ~チームのために~ | トップページ | 川口道場夏合宿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/46444564

この記事へのトラックバック一覧です: 福井県少年強化練習会:

« 存在能力を引き出す鍵 ~チームのために~ | トップページ | 川口道場夏合宿 »