« ペース配分? | トップページ | ガックシ »

2012年6月19日 (火)

6年生の復活

前回の、丸岡出稽古後の練習で小学生最高学年の6年生達に良い意味での変化が起ってきた。

出稽古の練習風景を見ていて、自分が感じた違和感。

一生懸命ではあるが、どこか抜いていると感じる練習内容。

確かにそうしなければやりぬくことが出来ないかもしれないが、もっとがむしゃらな練習を行う事で、自分の自力を高める事が出来るのではないかと感じていた。

次の練習日。

練習前に、自分が感じた思いを子供たちに伝えてみた。

何を目標とした練習なのか?何のための練習なのか?どうなりたいのか?

そして、その日の練習から、6年生がちょっと変わってきた。

今年に入り6年生は、怪我に悩まされる子がたくさんいた。

長期間練習を行う事ができず、じれったい思いをしていたと思う。

ようやく怪我が治り、練習に復帰するも、長期のブランクが確実に6年生たちの体力・技術、そして精神力に影響を与えていた。

そんな6年生達に復活の兆しが見えてきた。

そして昨日の練習では、自分が求めている必死さが戻ってきたように思った。一本一本に気持ちが入っている中身の濃い練習。

まだ、体力的な不安があるため、すぐにバテてしまいパフォーマンスが落ちてしまうが、それでも、気持ちを折る事無く、向かっていこうとしていた。

このような練習を続けていけば、一回の練習で一本ずつ自分のやりたい柔道が出来るような体力が付いてくるとおもう。

非常につらい練習となるが、そのつらさに打ち克つ気持ちを持っている子達だと思っている。

現に、この日の練習終了後、ある6年生の保護者の方と話をしているとき、

『実は、今日体調が悪かったので・・・・』

と言うお話を聞いた。

自分には、そういう素振りを一切見せなかったし、練習内容も今まで以上に自分を追い込むような練習量だった。

今まで物足りないと感じてた6年生達の復活。今起っているこの変化をさらに飛躍させるべく自分達が何が出来るかを考えて接していきたい。

練習後、顔を真っ赤にし汗だくになっている6年生の子たちを見て、強くそう思いました。

明日、また丸岡スポ少さんと合同練習を行う予定である。

今回の出稽古では、どのような変化が起っているのか、非常に楽しみである

|

« ペース配分? | トップページ | ガックシ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/45715966

この記事へのトラックバック一覧です: 6年生の復活:

« ペース配分? | トップページ | ガックシ »