« 複雑な心境 | トップページ | またまた出稽古 »

2012年4月12日 (木)

丸岡出稽古

昨日は、いつもお世話になっている丸岡スポ少さんへ出稽古に出かけました。

この日は、金井学園さんも練習に参加してくださり、とても活気のある練習会になりました。

あの広い、丸岡の武道館が狭く感じる・・・・・

柔道人口が年々減少しているという中、こうやってたくさんの子供達が柔道を楽しんでくれるということは本当に喜ばしい事です。

川口道場の子供達は、自分の目標としている選手達にどんどんお願いしにいっていましたね。

最後の本立ち練習では、金井学園さんに立ってもらい。丸岡スポ少と川口道場の子達で練習相手を取り合っていましたね。

なかには練習しながら笑みがこぼれている子もいました。いままでは、自分より強い子には当たりにいけなかった子。

ちょっと自信を付けてきたからか、強い子に挑戦する楽しさを覚えてきたようです。

このことは非常に喜ばしい事でしたが、練習中に話しかけたりもしていました。練習中に笑ったり話しかけたりは不謹慎なため練習後しっかり注意annoy

柔道は真剣にやらないと怪我をしてしまう可能性もあり、何より強くなれません。相手が『強くなりたい』と練習している場合には失礼にもあたります。

『畳の上では真剣勝負、畳を降りたら親友同士』

こういう関係を築き上げていってもらいたいものです。

この日は、低学年から高学年までみんな汗だくの良い練習が出来ました。こういう練習をしていけばきっと柔道が好きになっていくことでしょう。

最後の整列のとき、先日、全日本カデで優勝したS川選手にお祝いの花束贈呈が行われました。

子供達はみんな憧れの眼差しで先輩の花束贈呈を見ていましたね。

身近に全国トップ選手がいるというこの環境。子供達は幸せですね。

みんなも、この先輩に追いつけるよう頑張ってもらいたい。

今回も、とてもためになる楽しい練習が出来ました。このような練習が出来たのも練習をしてくれる相手がいるからこそ!!

相手に感謝する気持ちを忘れず今後も練習に励んでもらいたい。

最後になりましたが、今回合同練習をしてくださいました、金井学園Jr、丸岡スポ少の皆様、本当にありがとうございました。

|

« 複雑な心境 | トップページ | またまた出稽古 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

金井Jr.さん・川口さんが来てくださると、丸岡のダラダラした雰囲気がいっぺんに吹き飛びますcoldsweats01
つられて声が出だしたり、トップレベルの選手と乱取したり。
スポ少はいつでも歓迎しますから、どうぞ皆さん(三枝風で)『いらっしゃい』です。
また来週お願いしますhappy01heart04

投稿: クリリン会長 | 2012年4月12日 (木) 18時32分

クリリン会長コメントありがとうございます。
昨日はありがとうございました。
あの広い丸岡道場が、狭く感じましたね。
そしてみんな、闘志むき出しでよい練習でした。
こういう雰囲気で練習していけばきっと良くなっていくでしょう。
第二、第三のY章を輩出していけるようがんばりましょう。

投稿: 赤ペン先生 | 2012年4月12日 (木) 22時41分

第二、第三の柔道バカ赤ペンを輩出したいですhappy01

投稿: クリリン会長 | 2012年4月13日 (金) 10時09分

クリリン会長コメントありがとうございます。
それはやめておきましょう。
うっとうしいんでpaper

投稿: 赤ペン先生 | 2012年4月13日 (金) 12時32分

赤ペン先生、おはようございますdelicious


大会では、三位、準優勝と、おめでとうございますdelicious


乱取りを減らし、基本練習を増やしたとの事。乱取りを減らすと言うのは、勇気がいったと思いますが、やはり一番は基本ですねsign01


我々も見習いたいと思います。


話しは変わりますが、先日たまたま国際柔道のルール変更で、“コーチングの禁止”と言うのを見つけました。


国内の試合でも、試合中に選手にアドバイス等してはいけない、また、観客もダメらしいのですが、少年柔道にも適用されるのでしょうかsign02

もし、詳しい内容をご存知でしたら教えて頂きたいと思います。


よろしくお願いします

投稿: ロードマスターズ | 2012年4月14日 (土) 05時46分

ロードマスターズさんコメントありがとうございます。
乱取り練習を減らすということは確かに勇気がいりました。
しかし、基本の反復練習を多く行う事で、今まで出来なかった一本を取りきる柔道が何本か見られ、良い成長が見れました。やはり、基本が大事です。

コーチングの話ですが、自分はまだ試験的に導入された、コーチングの部分しか認識しておりません。

それでは、コーチングボックスに入っているコーチは、試合中、マテが掛かっているときにしかアドバイスが出来ず、それ以外で、アドバイスをすると退場させられるというものです。
前回の世界ジュニアのときに試験的に導入されたもので、いずれこのような制度が統一されるという話までなら存じ上げています。

福井県でも、早速この制度を試験的に取り入れ前回の全少予選でも審判監督会議のときにこの制度に準じて監督するようにと通達がありました。

でも・・・・ついつい声がでてしまいますねcoldsweats01
さすがに退場することはありませんでしたが、これからこのような制度が日本国内でも取り入れられていくのではないでしょうか?
こういう制度で規制するというのも嘆かわしいことですが、競技柔道に過熱しすぎている今は、このくらいしないとダメなのかもしれませんね。
すみません、あいまいな答えでm(_ _)m

今後また詳しい事がわかりましたらブログの方に書きたいと思います。

投稿: 赤ペン先生 | 2012年4月14日 (土) 10時22分

赤ペン先生、丁寧な解答ありがとうございました。


これからも、指導員として常にアンテナを高くして、勉強につとめたいと思います。


今後も、よろしくお願いしますm(_ _)m。


投稿: ロードマスターズ | 2012年4月16日 (月) 06時37分

ロードマスターズさんコメントありがとうございます。
こちらもアンテナを出来るだけ高くして情報収集していきたいと思います。詳しい内容がわかりましたらすぐにお知らせいたします。
こちらこそよろしくお願い致します。

投稿: 赤ペン先生 | 2012年4月17日 (火) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/44853332

この記事へのトラックバック一覧です: 丸岡出稽古:

« 複雑な心境 | トップページ | またまた出稽古 »