« 柔整出稽古 | トップページ | 形強化合宿 »

2012年4月27日 (金)

パズル

平成24年4月25日(水)に、またもや丸岡スポ少さんのところへ出稽古へいってきました。

今月は、出稽古をたくさん行ってきました。

子供達も、出稽古に対して様々な思いがあるようで、ライバルの子と練習できることを楽しみにしている子もいれば、乱取り中心の練習に喜びを感じているもの、また、逆に出稽古に対してネガティブな思いを持っている子など様々いました。

練習前、全体の共通の目標を伝えて、後は自分の練習したいことを自由に練習してよいと伝え練習開始。

新人の子は、この出稽古にだいぶネガティブになっているようで、涙なみだの練習となっていました。

なのでこの日はこの子に付いて励ましながらの練習でした。最初は涙ばかりでしたが徐々に涙がひいていき、何とか練習をやりぬくことが出来ていました。

こういうことの繰り返しがたくましさとなっていくのでしょうね。

さて、その間、その子以外の子はというと、色々と考えての練習が出来ているようでした。自分の得意なパターンに持っていく練習。

去年くらいから、練習のほとんどを、基本練習に変えて乱取りの練習を減らしていました。

打ち込み、投げ込み、また体捌き、崩しの練習。

いってみればパズルのピースを作っているようなものでした。

そして今月、どんどん出稽古に出かけ、そのパズルを組み立てる作業が始まりました。

正直、今までは、パズルの組み立てにも自分は口を出していたと思います。

でも、去年くらいから、『ちょっと違うかも・・・・・』と思うようになり、あまり、その部分には口出ししないようにしてきました。

でも、そうする事に迷いが、(というよりもどかしさといった方が正しいかもしれませんcoldsweats01)がありました。

でも、今年の3月に行われた坂井市柔道ルネッサンスの話を聞いたとき、迷いが晴れ、この練習方法に確信的な自信を持つようになってきました。

少年柔道では、自分達指導者のすべきことというのは、様々なピースを作ってあげること!!

それからは、子供達がそれを自由に組み立て自分の作品を作り上げていく。

まるでパズルのようにsign03

そうする事で、自分の動きというものが出来て行き、自分のスタイルが確立されていく。

『作られた動きではなく、作り上げていく動き』

人によっては、強くなるまでに凄く時間が掛かってしまうかもしれないが、自分で作る事によって楽しさが生まれてくると最近思います。

最近の出稽古で、子供達の練習への取り組み方を見て、今までの基本練習で集めたピースを組み立てるパズル遊びをしているように感じました。

これからも、時間が掛かるかもしれないが、このパズル遊びを楽しんでもらえるためのピースをたくさん与えていきたいと思います。

そして子供達には、組み立てる難しさを楽しみながらより良い作品に仕上げていってもらいたいものです。

最後になりましたが、毎週のように出稽古を受け入れてくださいました、丸岡スポ少の皆様方、あと、おじさんをおもちゃのようにかわいがってくださいました高校生諸君!!

本当にありがとうございました。

おじさんは、もう少し鍛え上げてからまた遊びに行きます。おぼえとけよ( ゚皿゚)キーッ!!

|

« 柔整出稽古 | トップページ | 形強化合宿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

赤ペン先生、おはようございますhappy01


最後の文面から察するに、高校生のお相手をしたのでしょうかsign02


自分は、中学生でいっぱいいっぱいですsweat01


お互いにがんばりましょうwinksign03


投稿: ロードマスターズ | 2012年4月28日 (土) 06時39分

ロードマスターズさんコメントありがとうございます。
高校生の相手をすると心臓が口から飛び出てきそうになりますshock
大概しんどくなってきました。
ちょっとずつ鍛えなおしていきたいと思います。

投稿: 赤ペン先生 | 2012年4月30日 (月) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/45043307

この記事へのトラックバック一覧です: パズル:

« 柔整出稽古 | トップページ | 形強化合宿 »