« 第31回福井県少年団柔道大会(兼)第32回全国少年柔道大会福井県予選会 | トップページ | 平成23年度川口道場卒業生を祝う会 »

2012年3月13日 (火)

見習いたい事

平成24年3月11日に行われた第31回福井県少年団柔道大会(兼)第32回全国少年柔道大会福井県予選会。

この大会で、川口道場は、団体戦予選で、今大会準優勝した金井学園さんと3-1で敗れてしまった。

続く高浜戦でも、先鋒M穂が一本負けをしてしまうという試合でしたが4-1で勝利。予選1勝1敗で敗退してしまいました。

個人でも誰も入賞できず・・・・・・

でも、自分としてはまず新チームの試合としては合格点の試合だったと思います。結果が出ていないのにこういうのもおかしな話なのですが、試合内容が今までの試合と大きく変わってきていたように思います。

初戦の金井学園さんとの試合。チーム力的に向うが上だという事は、子供達自身よくわかっていたことだと思います。そういう相手に対して真っ向勝負を仕掛けていた心の強さが身についてきていたと思います。

特に中堅の戦いでは、学年落ちとはいえ、超重量級で全国クラスの力を持っている相手に対して組み合っての真っ向勝負。残念ながら有効で敗れてしまったが、以前の試合では、簡単に一本負けした相手に一歩も引かない勝負ができていました。

ほかのみんなも、いつも以上に力を発揮していたように思います。自分より格上の相手でも気持ちを折らないハートの強さ・・・・

以前までは無かった気持ちでした。

個人戦でも、同様の試合が行われ、負けた子は、以前には簡単にやられていた子ばかりでしたが、今回は判定負け。しぶとさが出てきました。

まずはこの気持ちつくりから。あとはこの気持ちに技術を上乗せしていけるかが課題です。

今回の試合を見ていて、5年生を優勝した金井学園さんのK出選手のような、ストロングスタイルのかっこいい柔道をそしてあの攻撃力を見習ってもらいたい。

そしてまだこの大会で見習ってもらいたいことがあります。

それは、これまた金井学園さんのS井選手(別に金井学園さんの回し者ではありませんcoldsweats01

彼の柔道スタイルももちろん見習ってもらいたいイケイケ柔道。しかし今回は、その柔道スタイルだけでなく、彼の気持ちのこもった『礼法』にあります。

彼の『お願いします!!』と言う発声の気持ちの入り方(*^ー゚)bグッジョブ!!

とても大きな声で元気よく、それでいてしっかりとした礼を行っていました。驚いたのは、試合が終わってからの『ありがとうございました!!』も同じように元気よく礼ができているということ。

それがたとえ負けた試合であっても、目に涙をいっぱい浮かべながら『ありがとうございました!!』としっかり礼をする姿にとても好感が持てました。

川口先生も、大絶賛!!とても素晴らしい礼でした。

本来、礼のときに『お願いします、ありがとうございました』と言う発声は義務付けられていません。しかし、少年柔道で、礼の精神を内に深め、外に礼法を正しく守るという考えから行くと、とても素晴らしいものでないかと思います。

そしてもうひとつ、これは大会が終わったあとの打ち上げの際に聞いた話ですが、今大会のトイレの出来事。坂井町さんのT川選手が、トイレのスリッパをきれいに並べていたそうです。しかも自分のだけでなくほかのスリッパもきれいに並べていたとのこと。

このような精神こそ柔道を習っている子達に、覚えてもらいたい精神でした。

今回の大会では、このような気持ちの良くなる行為がたくさん見れて本当に良い大会だったと思います。

今回の大会で見つけた素晴らしい行動をどんどん川口道場の子供達にも真似していってもらい、良い行動の連鎖反応が広がって行ってくれることを心より願いたいです。

最後に、今回大会運営を我々がいる坂井地区柔道会で行いました。自分自身、不慣れな大会運営で至らぬ点が多々あったことを、この場を借りてお詫び申し上げます。

運営に携わりました先生方、審判員の先生方、お手伝いを頂いた保護者、高校生、中学生の皆さん本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

|

« 第31回福井県少年団柔道大会(兼)第32回全国少年柔道大会福井県予選会 | トップページ | 平成23年度川口道場卒業生を祝う会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

赤ペン先生、日曜日は地元地区開催の県大会という事で、本当にお疲れ様でしたhappy01 試合ではお互い悔しい思いをしましたがcrying 先生のブログの内容にもありましたとおり、試合はもちろん白熱しましたし、試合以外でも楽しく嬉しい出来事があり、少年柔道ファンとしては思い切り楽しませていただいた大会でしたhappy01
 
自分は今大会で、本当に貴重な経験をさせていただきましたし、本気で悔しい思いもさせていただきました。そして改めて、団体戦の面白さ、奥深さ、団体戦を戦う意味や覚悟を教えていただきました。またこの先も、丸岡の子供達とともに成長していく楽しみと覚悟を持つきっかけとなる大会になりました。

これからも、共に「丸岡柔道」で県を盛り上げる柔道を目指しましょう!自分は4月から半年ほど子供達と離れますがcrying またいろいろとお話も聞かせてくださいhappy01 

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2012年3月13日 (火) 16時18分

裕さんコメントありがとうございます。
裕さんも係員等お疲れ様でした。娘さんの素晴らしい試合が次々と行われており、とても充実した一日だったのではないでしょうか。
柔道も良い質の柔道が見れ、そして柔道の精神的な素晴らしい行動も見れ、とても充実した試合となりましたね。
これからもこのような試合をどんどん見て行きたいと思います。

4月から半年って・・・・寂しくなりますね!!

丸岡さんと合同で行う様々な出来事をブログに事細かにアップしておきます。
それを励みに頑張ってください。

投稿: 赤ペン先生 | 2012年3月14日 (水) 11時44分

先日は、試合開催にあたりご尽力頂きありがとうございました。

川口道場さんの子供達の成長。

礼儀正しい試合作法。

トイレと言う番外編での素晴らしい行い。

試合は見にいけませんでしたが、こう言った話が聞けると福井の少年柔道の発展した姿が目に浮かぶようです。

また色々と勉強させてくださいね! 

投稿: カニーマン | 2012年3月15日 (木) 17時53分

落ち込んでいたので、このようなコメントありがとうございますsmile
見ていてくれる人が、いるだぁupっと、weepウルウルになりましたcoldsweats01

試合も、もっと上位に食い込めるように頑張りますpunch

ありがとうございましたhappy01scissors

投稿: S井K輝ママより | 2012年3月16日 (金) 17時29分

S井K輝ママさん初コメントありがとうございます。

S井君の柔道は大変魅力的で、あの圧倒的な攻撃柔道にはものすごい将来性を感じます。
そして何よりあの気持ちの良い礼法!!
われわれ川口道場もあのような気持ちの良い礼法ができるようにそして、気持ちの良い柔道ができるようにがんばって行きたいと思います。
柔道とは勝ち負けがはっきりでる競技で、どんなにがんばっていてもそれが結果にでてこない場合があります。
それでも、それで挫折することなく立ち上がりまた挑戦する事こそが柔道で学ぶべき精神ではないかと自分は考えております。
彼の、勝っても負けても、しっかりと行うことのできる礼法は、その様な精神を学ぶ上で一番大事な部分ではないかと感じております。
これからもS井くんを見習ってがんばって行きたいと思います。

投稿: 赤ペン先生 | 2012年3月18日 (日) 23時53分

カニーマン先生コメントありがとうございます。
コメ返し遅くなりました。
今回の試合では、試合以外でもすばらしい行動が見られ本当に良かったです。
このような部分こそが柔道本来の存在意義があるのではないかと感じています。
このような素晴らしい行動を見習って子供達を指導して行きたいと思います。

投稿: 赤ペン先生 | 2012年3月19日 (月) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/44474354

この記事へのトラックバック一覧です: 見習いたい事:

« 第31回福井県少年団柔道大会(兼)第32回全国少年柔道大会福井県予選会 | トップページ | 平成23年度川口道場卒業生を祝う会 »