« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月26日 (月)

坂井市柔道ルネッサンス

平成24年3月25日(日)に坂井町武道館において、坂井市柔道ルネッサンスが行われました。

柔道ルネッサンス・・・

柔道がオリンピック競技になったことにより、世界中に普及した柔道。しかし、その競技面にスポットが当たるようになって行き、柔道本来の精神性が失われつつある柔道会において原点回帰を目標として、柔道の持っている心身育成の側面を蘇らせようとする取り組みです。

坂井市では、福井県内の講師の先生をお招きして、柔道ルネッサンス講習会を毎年おこなっています。

今回の柔道ルネッサンスの講師には、今福井県で最も旬な柔道家である、西村久毅先生に講師としてきていただきました。

Img_9152 まずは、クリリン会長のありがた~いお話の後、西村先生にご自身が柔道を通じて経験したお話をしていただきました。

講習前は、

『試合より緊張しますcoldsweats01

と言っていましたが、講習が始まると、非常にわかりやすくそして、惹きこまれるような興味深い話でした。

Img_9153 Img_9154 柔道との出会い、そして柔道が好きになれなかった少年時代、また、県で優勝することが出来ず、県優勝の壁に泣いた小学生時代、柔道から距離を置いた中学時代、そして再び、柔道をやることになった恩師との出会い。県優勝を果たすも、全国の壁を感じた高校時代。

その壁を乗り越えるために自ら決断した大学進学。そして大学で感じた部内の壁。その中で見つけ出した自分の目標とこだわり、それらが実を結びだした大学時代。

団体3位という結果を残し自身も優秀選手賞を獲得したが、個人で結果を残せなかったことで、柔道の道を極めようと決めた社会人実業団時代、そして、今それらの壁を一つ一つ乗り越えることによって果たすことの出来た全日本出場。

本当に素晴らしい話でした。

Img_9155 Img_9156 この話には子供達も真剣に聞き入っていました。その理由のひとつに、小学生時代柔道があまり好きでなかったという体験談があると思います。道場に入る前に寝そべって嫌がったとか、おいしいものを食べさせてやるから・・・・と言う餌で練習にいったとか、たぶん、子供達も経験したことのある話から入ったからでしょう。

柔道とは本当にきつい競技で、勝ち負けもはっきり出てしまいます。

勝っているときはいいですが、負けているときは本当に面白くなく惨めな気持ちになると思います。もちろん痛いですし練習はつらいです。逃げ出したくなると言う事は誰しも経験したことがあるのでしょう。

そういう同じような経験をした事のある人が今では凄い選手となって活躍している。

このことが子供達の興味をそそったのではないでしょうか?

最後に、子供達に覚えておいてもらいたい3つの事・・・・

このことは今回話を聞いた子供達にいつまでも覚えていてもらいたいことであり、これこそが柔道の本来の目的であるとも感じました。

今の日本は本当に恵まれています。

豊かであり、自分のやりたいことを自由に出来る。そんな素晴らしい世界であると思います。でも、そうなった事で、心が貧しくなっている部分もあると思います。つらい事、苦しい事、いわゆる壁に当たったとき、その壁を乗り越える事無く違う道を選択することも簡単になりました。また、豊かになることにより『やってもらって当たり前』と言う思想も生まれ、感謝するということが少なくなっているように感じています。

つらい事を乗り越え、その先に立ったとき、人の痛みやつらさを理解することができ、そうする事で、人の優しさや、様々な行為に、感謝すると言うことが出来るのではないでしょうか?

上辺だけの感謝ではなく心から感謝することが出来る。そういう人間育成にも柔道の精神はかかわってくるのだろうと、西村先生の話を聞いて感じることが出来ました。

講習の後は、西村選手による寝技の実技指導。寝技に力を入れている川口道場にとっては願ってもない講習会でした。

Img_9160 まず、片方が抑え込みの形をとり、合図とともに逃げるように指示。このときほとんどの子達が25秒間抑えきることができていませんでした。

Img_9164 Img_9167 その動きを確認したあと、西村先生は紙と10円玉を使って、抑え込みの抑えるポイントを指導してくださいました。

Img_9168 Img_9169 Img_9170 次に実際、人ではどうなるのかを披露。

Img_9173 Img_9174 Img_9175 そのあと、人間が立ち上がるためには(おきあがるためには)どのような動きが必要で、逆にどうすれば動けなくなるのかを教えてくれました。

Img_9177 Img_9178_2 この指導方法には目を見張る効果がありました。子供達に、理論を説明してもなかなか伝わりにくいと感じていましたが、色々な道具を使い、動きに対して具体的なイメージを植えつけることにより、柔道の理論が子供達に非常に伝わりやすくなっていました。

最初、25秒間を抑え切れなかった子供達が、講習を終えたころにはほとんど抑えきれるように変化していました。

Img_9186 Img_9187 このあとに、2種類の返し方を教えていただきましたが、とても難しい技術だったにもかかわらず、スポンジのように子供達が技術を吸収して行きました。

最初のイメージをさせるということができているからでしょう。それと子供に理解しやすいような言葉を使うと言う事もあり、難しい技術を見る見る吸収して行きました。

こうしてあっという間に時間が来てしまいました。

最後の質問のコーナーでは、子供達に混ざって指導者の先生達からも質問が飛び交い、とくに丸岡スポ少のTM先生が、試合に望む前のメンタルトレーニングについて質問したところ、とても興味深いお話を聞くことが出来ました。このことは自分自身初めて聞いた話でしたし、『確かに!!』と思えるような話でした。

映像より画像でイメージする・・・・・

子供達にもこれからこのように意識させてみたいです。

Img_9189 こうして、講習会は無事終了。

Img_9192 Img_9195 Img_9197 Img_9198 講習会のあとは、小学生を中心に、柔道の基本指導が行われました。受身や寝技の補強運動の細かい動作の指導が行われ、小学生達が一生懸命基本の技術習得のために汗を流していました。

『何でこういう動きになるの?』、『こっちの足で畳を蹴ってもいいの?』など具体的な質問をしてくる子供もおり、これも柔道ルネッサンスにて学んだ成果であろうと感じました。

Img_9199 これで、2時間の柔道ルネッサンス講習会、基本動作講習会が終了。

今回の柔道ルネッサンスも素晴らしい内容の講習会でした。

このような話をよりたくさんの人に聞いてもらい柔道の本来の素晴らしさをどんどんと理解していってもらいたいです。

今回話を聞けた幸運な子達は、各道場に持ち帰り練習に励んでもらいたい。

最後になりましたが、今回、雪のちらつく足元の悪い中、講師としてお越しいただいた西村先生をはじめ、柔道ルネッサンスを企画運営してくださった坂井市柔道協会の先生の皆様本当にありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

平成23年度川口道場卒業生を祝う会

  平成24年3月17日(土)に川口道場において卒業生を祝う会が行われました。

今回の卒業生は、6年生5人、そして、毎回練習に来て練習をがんばっていた2人の中学生を皆でお祝いしました。

まず、2時から、軽く練習を行いました。

Cimg0762 Cimg0763 練習前の、精神統一風景

この日、キャプテンの鰐湧は、これから入学する中学校の登校日で練習に参加できず・・・

そしてNonは風邪を引いて練習できずと残念ながら5人全員が練習にそろうことができませんでした。

Cimg0764 この日の練習では、6年生の皆にそれぞれ自分の得意技の講習会を行ってもらいました。

Cimg0765 まず、M里は、得意の縦四方固めの講習。

Cimg0766 この技は川口道場で特に力を入れて稽古している技であります。その中でもM里の入り方は基本に忠実で、とても丁寧な入り方ができる見ていてお手本となる入り方をします。

Cimg0775 続いて、T晟は、ケンカ四つの相手に対する組み手、と自分達が予想もしなかった部分の講習を始めました。

左組のT晟は、本当に不器用でよく投げられてばかりいましたが、6年生の後半から徐々に投げられなくなってきました。自分なりに組み手を研究し相手を裁くことを覚えてきたのでしょう。

講習の内容も、しどろもどろでしたが実に的を得た話ができていました。

Cimg0773 最後に、K平。K平は独特の帯取り返しの方法を講習していました。

この技は、9時から10時までの一般練習に自主的に参加しに来ていたK平に紹介した技で、それから好んでこの技をかけるようになっていました。

Cimg0768 自分がなんとなく教えた技でしたが、その技を独自に改良し、様々な枝葉をつけてあらゆる方向へ決めることのできる技として紹介されており、この入り方には我々指導陣からも、質問が飛び交う講習会となりました。

3人の講習が終わった後、講習で気になった技を各自で練習する自由時間を設けました。

各講師陣の周りに習いたい子供達が殺到します。

Cimg0778 一番人気は、目新しい技のk平。たくさんの子達が始めて教わる技術に目を輝かせて取り組んでいました。

Cimg0777 M里の縦四方は、寝技が苦手だと自覚している子達が、真剣に話を聞いていました。M里は縦四方でも色々な返すバリエーションを持っておりそれを子供達に紹介しておりました。

Cimg0776_2 話すことが苦手なT晟も、『先輩どのようにするのですか?』と質問されてニンマリにやけながら指導していました。

こういった先輩から後輩への技術の伝承というのもなかなか良いものだと思います。伝統としてこういう姿がいつでも見れるようになっていってもらいたいものですね。

こうして練習終了。

このあと皆で記念撮影をしてから、いよいよ祝う会の開始です。

保護者会の皆さんが、用意してくださったお料理を目の前にいよいよ祝う会の開始。

まず川口先生のお話から会が始まり、卒業生達に記念品贈呈。今年も志の刺繍の入った帯が贈られました。

Cimg0793 保護者会からは子供達の御祝いコメント入りの色紙が贈られました。

Cimg0792 中学生達には指導者とおそろいの川口道場パーカー。

また、保護者会から、道場にも寄贈品をいただきました。本当にありがとうございます。

そのあとは、乾杯をしてお楽しみのお食事会スタート!!今回も美味しい料理の数々を用意していただきました。

料理も食べ終わり・・・・・

いよいよ祝う会のメインイベント、感動の御祝いDVDの上映です。

Cimg0796 今回も、赤ペン先生渾身の作品が上映されました。

Cimg0797 笑いあり、涙あり?の作品を皆で堪能しました。

Cimg0799 Cimg0801 小学生編、そして中学生編合計40分の上映のあとに、卒業生達から5人の似顔絵雅はいった記念品をいただきました。

そのあとは、卒業生達の言葉です。

Cimg0802_2 Cimg0803 中学生達の言葉では、話すことが苦手であった2人の成長が感じられる非常に良い話だったと思います。

JunもN桜も高校へ行っても道場へ顔を出してくれるということで、大変ありがたい先輩達です。

続いて小学生達のお礼の言葉と激励の言葉。一人ひとり、自分の小学生柔道の思い出とそれにまつわる話、そしてこれからの目標と後輩達への言葉、卒業生達の話を聞きながら、子供達の成長の速さをひしひしと感じました。

Cimg0808 M里は、禁断の『善雄先生失神秘話』にふれて会場を沸かしていました。

Cimg0809 T晟は、『こんな僕でも最後までやりぬくことができたので、皆でもかならずやりぬけます。諦めないでがんばってください』と自虐的でしたが、自分の経験を自信にしていることが感じることのできる話でした。

Cimg0810 最後にキャプテンの鰐湧が、きっちり話をまとめて卒業生達のお礼と激励が終わり、続いて新キャプテンの挨拶が行われました。

川口道場の新キャプテンは、色々と悩みましたが全体を見渡しそれを支える能力があると判断したT弥に、任せることにしました。

この挨拶、今回のキャプテンは今までのキャプテンにない挨拶で始まりました。それは、キャプテンの挨拶で5年生全員が前に出てきたのです。

Cimg0811 そして『僕がキャプテンとして新しいチームに求めることは、道場の雰囲気を皆で協力しながら作り上げていくチームです。僕自身頼りないキャプテンですが、みんなの力を借りて全員でよい雰囲気を作る事の出来るようにしていきたいのでご協力お願いします』

と大変腰の低いそして、しっかりとした具体的な目標をみんなの前で発表していました。

Cimg0812 そしてその言葉を、行動であらわすかのようにほかの5年生たちが、各自の目標とこれからチームを作っていくためにみんなの力を借りたいというお願いをしていました。最後に5人そろって『宜しくお願いします』といっている姿を見て、今までに無いチームを作っていけそうな予感がしました。

キャプテンの言葉にあるように確かに頼りないですがcoldsweats01今年のこの子達のがんばりに期待したいです。

Cimg0815 最後に、一本締めで中締めを行いとりあえず会は終了。

しかし川口道場の祝う会はまだまだ続きます。

6年生の周りにはたくさんの子供達が集まり、卒業生を時間の許す限りお祝いしていました。

今年の卒業生は、本当に良いチームだったと思います。本当につらい練習にも歯を食いしばって乗り越え、中には毎回のように夜遅くまで居残り練習をして、じぶんを高めようとしている子達がいました。様々な遠征、合宿、涙が出るほどつらい練習であっても、御互いに励ましあい笑顔で乗り切ることができていました。

キャプテンの鰐湧にいたっては、チームの雰囲気が悪いと自身が一生懸命やっているにもかかわらず、思いっきり怒られることがあり、あまりに怒られすぎて気絶したほどです。(あれにはこちらもびっくりした)

それでも、怒られたことを自分のプラスに変えようとする前向きな姿勢で、怒られるたびに良い雰囲気を作れるようにできる、強い精神力を持っていました。

この姿は、きっと後輩達にも伝わっていると思います。この卒業生達は本当につらい思いを乗り越えてきたからこそこの楽しい卒業を祝う会を迎えることができるのだと思います。

Cimg0790 卒業生のみんな本当におめでとう!!これからのそれぞれの新しい世界での活躍に期待しています。

最後になりましたが、今回祝う会の準備等をお手伝いいただいた保護者会の皆様、本当にありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

見習いたい事

平成24年3月11日に行われた第31回福井県少年団柔道大会(兼)第32回全国少年柔道大会福井県予選会。

この大会で、川口道場は、団体戦予選で、今大会準優勝した金井学園さんと3-1で敗れてしまった。

続く高浜戦でも、先鋒M穂が一本負けをしてしまうという試合でしたが4-1で勝利。予選1勝1敗で敗退してしまいました。

個人でも誰も入賞できず・・・・・・

でも、自分としてはまず新チームの試合としては合格点の試合だったと思います。結果が出ていないのにこういうのもおかしな話なのですが、試合内容が今までの試合と大きく変わってきていたように思います。

初戦の金井学園さんとの試合。チーム力的に向うが上だという事は、子供達自身よくわかっていたことだと思います。そういう相手に対して真っ向勝負を仕掛けていた心の強さが身についてきていたと思います。

特に中堅の戦いでは、学年落ちとはいえ、超重量級で全国クラスの力を持っている相手に対して組み合っての真っ向勝負。残念ながら有効で敗れてしまったが、以前の試合では、簡単に一本負けした相手に一歩も引かない勝負ができていました。

ほかのみんなも、いつも以上に力を発揮していたように思います。自分より格上の相手でも気持ちを折らないハートの強さ・・・・

以前までは無かった気持ちでした。

個人戦でも、同様の試合が行われ、負けた子は、以前には簡単にやられていた子ばかりでしたが、今回は判定負け。しぶとさが出てきました。

まずはこの気持ちつくりから。あとはこの気持ちに技術を上乗せしていけるかが課題です。

今回の試合を見ていて、5年生を優勝した金井学園さんのK出選手のような、ストロングスタイルのかっこいい柔道をそしてあの攻撃力を見習ってもらいたい。

そしてまだこの大会で見習ってもらいたいことがあります。

それは、これまた金井学園さんのS井選手(別に金井学園さんの回し者ではありませんcoldsweats01

彼の柔道スタイルももちろん見習ってもらいたいイケイケ柔道。しかし今回は、その柔道スタイルだけでなく、彼の気持ちのこもった『礼法』にあります。

彼の『お願いします!!』と言う発声の気持ちの入り方(*^ー゚)bグッジョブ!!

とても大きな声で元気よく、それでいてしっかりとした礼を行っていました。驚いたのは、試合が終わってからの『ありがとうございました!!』も同じように元気よく礼ができているということ。

それがたとえ負けた試合であっても、目に涙をいっぱい浮かべながら『ありがとうございました!!』としっかり礼をする姿にとても好感が持てました。

川口先生も、大絶賛!!とても素晴らしい礼でした。

本来、礼のときに『お願いします、ありがとうございました』と言う発声は義務付けられていません。しかし、少年柔道で、礼の精神を内に深め、外に礼法を正しく守るという考えから行くと、とても素晴らしいものでないかと思います。

そしてもうひとつ、これは大会が終わったあとの打ち上げの際に聞いた話ですが、今大会のトイレの出来事。坂井町さんのT川選手が、トイレのスリッパをきれいに並べていたそうです。しかも自分のだけでなくほかのスリッパもきれいに並べていたとのこと。

このような精神こそ柔道を習っている子達に、覚えてもらいたい精神でした。

今回の大会では、このような気持ちの良くなる行為がたくさん見れて本当に良い大会だったと思います。

今回の大会で見つけた素晴らしい行動をどんどん川口道場の子供達にも真似していってもらい、良い行動の連鎖反応が広がって行ってくれることを心より願いたいです。

最後に、今回大会運営を我々がいる坂井地区柔道会で行いました。自分自身、不慣れな大会運営で至らぬ点が多々あったことを、この場を借りてお詫び申し上げます。

運営に携わりました先生方、審判員の先生方、お手伝いを頂いた保護者、高校生、中学生の皆さん本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第31回福井県少年団柔道大会(兼)第32回全国少年柔道大会福井県予選会

平成24年3月11日(日)、坂井町武道館に於いて「第31回福井県少年団柔道大会(兼)第32回全国少年柔道大会福井県予選会」が行われました。

結果は以下のとおりです。 

優勝  實心館仲保道場

2 位  金井学園Jr柔道クラブ

3 位  坂井町柔道教室

個人3・4年の部

優勝  前川 夏海(金井)

2 位  冨田 赳司(金井)

3 位  高島  歩(丸岡)

個人5年の部

優勝  北出 はるの(金井)

2 位  中橋 大貴(實心館)

3 位  林  大地(県武)

入賞者の皆さんおめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

41年ぶりに・・・

福井県柔道連盟の悲願である福井県からの全日本出場・・・・

Img_9043 昨日、北信越予選が福井県立武道館で行われ、敦賀教員の西村選手が見事悲願達成してくれました。

この日、川口先生は審判員として、自分は会場の審判の先生方の呼び出し係りとしてこの会場に参加していました。

係りの仕事をしながら、北信越トップの試合を見ることが出来ました。

さて、今回準優勝で全日本大会に出場を決めた西村選手の試合はと言うと、Img_9045_2 石川県の井口選手には、相手に組み負けた状態から、反対の一本背負いで一本勝ち。好調さをアピールしてくれました。

続いて予選リーグ最大の山場である長野県の横山選手には開始早々、豪快な袖釣り込み腰で一本勝ちを続けて取り波に乗ったかと思いきや、続く富山の選手に判定負け・・・・・(新潟の選手は脱臼で棄権)

3勝1敗で点数の差で決勝リーグへ上がりましたが、心配でなりませんでした。


そんな不安の中、始まった決勝リーグ。
まずは、富山のカン沢選手。自分と同級生で圧倒的なパワーの持ち主。あの棟田選手からも一本勝ちした事もあるそうです。
去年、石川で行われたこの大会で、優勝候補の猪又選手を敗った西村選手に一本勝ちをして去年全日本に出ている。全日本でも穴井選手から有効を奪うなど力の持った選手で、西村選手との相性は悪いのではないかと思っていた。

ところが、相手の圧力を巧みにかわし、試合3分過ぎに、渾身の一本背負いで有効を奪います。その後、相手の小内巻きで尻餅をつきそうになる危ない場面も何とか踏ん張りそのまま辛くも勝利。まず一勝をあげた。

続く二試合目は、優勝候補新潟の猪又選手。この日も絶好調で予選リーグを全試合一本勝ち!!素晴らしい柔道で勝ち上がっていた。

Img_9051 試合が始まり、序盤の組み手争いは、非常に激しいものがありました。
お互い技が切れる者同士なので、自分の形になった瞬間勝負が決まるような予感がありました。ところが、1分過ぎから西村選手がだんだん組み負けるようになってきて、何か緊張の糸が切れたかのように簡単に押さえ込まれて負けてしまった。

これで勝負は猪又選手とカン沢選手の試合結果に左右されるようになった。猪又選手が勝利すれば、西村選手の出場が決まり、カン沢選手が有効以上で勝てばカン沢選手が全日本に出場する。
相性は猪又選手の方がよく、過去すべて猪又選手が一本勝ち。
しかし今回は、カン沢選手最初からガンガン前に圧力をかけてくる。小内巻きであわや有効と言う場面があり冷や汗が出た。しかしさすが猪又選手、あの巨漢のカン沢選手を持ち上げる払い腰や低い背負いで大きく崩すも引き手が切れて決めきれず。でも、相手に指導2が行きポイントリード。
そして向かえた時間終了間際、カン沢選手が抑え込みそうになる。福井県団は、全員肩に力が入ったことだろう。
何とか猪又選手が逃げて、そのまま時間終了。
西村選手の全日本出場が決まった。
実に41年ぶり・・・・昭和46年に全日本に出場されてからの全日本出場である。

福井県の会長は涙していた。それを見た川口先生も涙が出たそうだ。

福井県の悲願であった全日本出場。

その瞬間にこうやって立ち会えたことを幸せに思います。

試合後、西村選手と話をしていると、色々な技術的な話をしてくれた。あのシーンはこういう駆け引きがあったとか、色々考えて柔道をしているのだと本当に勉強になった。

こういう素晴らしい選手が福井県にいると言うことを誇りに思わないといけないですね。

西村選手本当におめでとうございます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

第41回北信越柔道選手権大会 第27回北信越女子柔道選手権大会

平成24年3月4日(日)に福井県立武道館において第41回北信越柔道選手権大会 第27回北信越女子柔道選手権大会が行われました。

北信越5県の予選を勝ちあがった選手達による熱戦が繰り広げられました。

結果は次のとおりです。

男子

優勝 猪又 秀和(新潟)

2位 西村 久毅(福井)

3位 虷沢 優太(富山)

女子

優勝 津金 恵(長野

2位 柴田 まどか(新潟)

3位 谷内 美希(石川)

という結果でした。

男子1位2位の選手は、4月29日に、日本武道館で行われる全日本柔道選手権大会へ、女子1位2位の選手は、4月15日に横浜文化体育館で行われる全日本女子柔道選手権大会へ北信越地区代表として出場されます。

入賞者の皆さんおめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »