« 第五回福井県オープン少年柔道錬成大会 | トップページ | レストラン ルミネ »

2012年2月14日 (火)

全日本『形』強化合宿

平成24年2月10日~12日と東京講道館へ全日本『形』強化合宿に参加してきました。

今回で2回目の強化合宿。

前回、たくさんの修正点を指導していただき、その部分をしっかりと練習して万全の状態で今回の合宿に参加しました。

東京に着くと、福井とは別世界coldsweats02

Img_8961 白銀の世界の福井snowに対し、真っ青な空が広がる晴天sun

うらやましすぎます(゚0゚)

東京についてすぐに腹ごしらえをしてからrestaurant(このときの模様は食いしん坊将軍にてpaper)講道館へいざ出陣happy02

早速道着に着替え、7階の大道場へ移動しました。

いつ来ても、講道館の畳の上は緊張します(^-^;

Img_8960 今回も、全国から各形のスペシャリスト達が続々と集合してきました。

15:30

いよいよ今回の強化合宿がスタート。

初日は、わざわざ講道館館長であられる上村館長が、見学にこられてきていました。

こうなると、俄然力が入ってしまいますsign03

体操、回転運動から、張り切って体を動かします。

M井勲先生に『館長の前だからって張り切りすぎだぞ!!』

と笑われてしまいました。

館長からもじきじきに『元気があって非常によろしい。この調子で頑張りなさい』とお声もかけてもらい、テンションが一気に上がってしまいましたup

体操が終わり、この時点で汗だくになってしまいました。

しっかり体をほぐした状態で各形にわかれ、指導が行われました。

固の形は、F島先生、S志田先生の指導の元練習がスタート。まずは各自研究を行う自由練習が行われました。

早速修正してきた部分の確認を行うために技を一つ一つ、順番に技を練習。周りのペアもだいぶ練習を積んできていることが感じられるほど、どのペアもすごく上達しておりました。

前回は、周りの動きが気になり、ついつい見学に回ってしまっていましたが、今回は、『自分達の動きを練習する』という目標があったので、周りが気になりましたが黙々と練習を繰り返しました。

この練習を行っている際、F島先生が、形について先生の思いを語ってくださいました。

形の本来の目的・・・・非常に深いお話でした。このことについてはまた自分なりに考えまた日記にしたいと思います。

1時間ほど研究を行った後、みんなの前で演武を行いました。

初日には、世界チャンピオン組みの取であるK室選手がお仕事の関係上遅れて参加されるという事だったため、強化選手2組、指定選手1組が演武を行いました。

結果は、F島先生から一言『元気が無い』とのご指摘を頂き、この日は練習終了。

館長からお声をかけていただいたことでテンション高めに始まった合宿ですが、初日終了に先生から厳しい一言で一気にテンションが下がってしまいました。

宿舎に戻り、食事を取って今日の反省を行った後、疲れからすぐに眠りに付き一日目が終了しました。

2日目

朝目覚めると、ずしっと疲れが全身を襲います。初日の半日だけで、だいぶ疲れが出てきてしまいました。朝食をとり、早めに講道館へと移動。

道衣に着替え7階まで移動。この階段を上る事がきつくて仕方ありませんdespair

2日目も、各自研究を行いながらの練習。この日は、指導者のD場先生も参加されており、色々と質問させていただきながらの練習が出来ました。

D場先生から『あんまりやりすぎるなよ!!もっと楽にやれよ。』とお声をかけていただきましたが、周りのレベルの高さを見たら、そんな事は言ってられません。

Img_8962 この日は世界チャンピオンも練習されていたので、どのような練習をしているのか気になりましたが、自分達はまだそのレベルまで到達していないという思いがあり、基本の動きの確認とそれを繰り返し行う反復練習に専念しました。

そしてそれに加え、昨日の反省点を踏まえて、元気のある演武を心がけて練習しました。

そして、午前練習の終盤またも演武を行い、今回は元気のある演武を心がけ演武終了。色々と考えながらやっていたため痛恨のミスをしてしまいましたが、今回は、『動きに山場が無い、メリハリが無い』とのご指摘・・・・・う~ん難しい( ̄◆ ̄;)

午前の練習がこれにて終了。

この時点で、結構体はボロボロでした。両膝に痛みが出てきていたし、筋肉痛で全身が痛い。

Img_8964 地下のじぇびあんで昼食をとり、お昼休みは、講道館となりのスパ・ラクーアにて疲れを癒し、午後の練習へ。

午後の練習は、6階の国際部道場にて練習を行いました。

全身痛かったですが、ここでも繰り返し練習あるのみ!!

ここの練習中、F島先生より『よくなってきたな、君達は良く練習しているから徐々に動きがよくなってきているよ』

と、強化合宿参加以来初めてお褒めのお言葉をいただきましたm9(^Д^)プギャー

しかしその直後、この言葉に気をよくして、張り切って練習した際、受けのT野さんが突指をしてしまうアクシデントshock

幸い大事には至りませんでしたが、初めてほめられた事で気が緩んでしまいましたdown

Img_8965 その後、世界チャンピオンの演武を見学。

実は、全日本大会のとき、世界チャンピオンとの差をさほど感じていませんでした。むしろもう少しで追い越せるとまで思っていました。

ところが、強化合宿に参加して、色々と意識する部分が出てきて、その事を練習している今、もう一度世界チャンピオン組みの演武を見てみると、とてつもない差があるという事に気づかされました。

簡単に言えば、押さえ込むという技術の差・・・・

抑えるポイント,極めるポイント、そしてそこを抑える極めるために必要な体裁き等、柔道に必要な動きが、外から見ていてもはっきりと確認できます。

それまではそのポイントを注意してみておらず全体の動きの激しさなどで見ていましたが、今回形を学び意識するようになって初めて世界チャンピオンのすごさを感じることが出来ました。

この後、7階に移動し、アジア選手権に出場する投げの形の演武を見てこの日は終了。

この投げの形も素晴らしい演武でした。さすが日本の代表となるだけあって、動きの切れが違います。

こうして、2日目の練習終了。肉体的疲労と技術の差を見せ付けられた精神的ショックで一気に疲労がこみ上げてきました。

この日の夜は、一緒に福井県から参加している投の形のペアと一緒に食事を取りながら反省会。投の形も受けの子がダメだしの嵐だったらしく、お互いの傷を舐めあいこの日は解散。最終日に備えて眠りに付きました。

3日目最終日。

この日は、各形の強化指定選手、そして今度のアジア選手権に出場する代表の演武が行われました。

自分達の出番は、3組目。

Img_8972 演武会場の周りには、有名な指導者の方々がぐるりと取り囲み、ものすごい雰囲気の中演武会が行われました。

はっきり言いまして、全国大会のときより緊張しました。

上四方固が終わった時点で、大量の汗sweat01

そして、受け取共に、息切れをしてしまいました。

それでも、大きなミスも無く演武終了。今回の合宿で意識して取り組んでいた事は表現できたまずまずの演武でした。

すべての組の演武が終了し、各先生の元で講評をいただきました。まだまだ技術的に差があるみたいで、自分たちだけダメだし・・・・・

世界チャンピオンは『完璧の演武だった』と絶賛されていました。確かに素晴らしい演武でした。

このような演武ができるようになるには今しばらく時間がかかりそうです。

こうして、今回の強化合宿のすべての日程が終了しました。

今回参加して、前回より上達をしたという手応えはありましたが、現時点での世界との差を痛感しました。形で本来はそのような事を意識してはいけないのかもしれませんが、自分の不甲斐なさを感じずにはいられません。

また、今度5月に、このメンバーでの強化合宿が行われるそうなので、そのときまでに理想とする動きに近づけるよう頑張りたいと思います。

Img_8971 今回も、悔しい思いと、疲労から来る全身の痛みを感じながら、『次こそは・・・』という思いを胸に、東京を後にしました。

|

« 第五回福井県オープン少年柔道錬成大会 | トップページ | レストラン ルミネ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。

日記を読んだだけでその時の緊張感や大変さが伝わってきました。

指導者自らが己の向上に務めるその姿に感動さえ覚えます。

自分自身に自信が持て、脱力出来るようになったとき・・・・・・

素晴らしい形が出来上がるのではないでしょうか?

勿論、修行に終わりはありません。

どうせ、目指すなら世界一目指して頑張ってください。

自らを向上する心、相手、そして柔道。

古いんだけど新しい柔道の有り様を自分たちにも教えてください。

投稿: カニーマン | 2012年2月15日 (水) 14時27分

カニーマン先生コメントありがとうございます。

自分たちもまさかここまで形にのめりこむとは思っていませんでしたが、ここまでやるっていうことは結局柔道が好きだったんだということなんだろうと最近思います。

形と乱取りは車の両輪・・・・

今なら少しその意味がわかる気がします。

勝負に徹して、相手の弱点を突き、何苦礎という気持ちで取り組む乱取りと、己の考え、自分の体に合った技の理合を研究し、言葉ではなく体で表現し自らを高めていく形、この両方をバランスよく行う事により、隙の無い柔道形成、そのことにより優れた人間形成が出来てくるのかと思います。

最初は、世界を目指して頑張っていましたが、形って勝ち負けを競うものではなく、自分の中にある柔道というものをより完成に近づけるため研究していくものなんだなって思っています。
その中で世界一になれたら最高ですね。

そうは思っても、自分より優れた形を見ると、悔しい気持ちがこみ上げてはきますが・・・・

まだまだ修行が足りないのでこれからも精進し続けて行きたいと思います。

投稿: 赤ペン先生 | 2012年2月15日 (水) 15時38分

合宿お疲れ様でした☆

関東の受のメガネです(。・ω・)ノ゙ ♪

まさか演武の後に、
「完璧!」
の一声が出るとは…

私たち関東も、
合宿での実力の違いを痛感して、
改めて教本通りに動くことを意識しながら練習しています☆

しかし、
合宿の後にじん麻疹が顔と首筋に出てしまい、
上四方と絞技全般が痛痒くて…bearing

次回5月の合宿の時は、
また宜しくお願いしますm(_ _)m

投稿: くま | 2012年2月16日 (木) 12時47分

くまさんコメントありがとうございます。

形の合宿お疲れ様でした。

蕁麻疹が出られたとのこと大丈夫でしょうか?

今回の合宿は、皆さん気合十分で非常にハードな合宿だったのではないかと感じています。

お大事にしてください。

さて、今回の合宿でも、見事に心が折られてしまいましたが、素晴らしい形の演武を見ることが出来たので、あのイメージを忘れず、自分たちの形を練り上げて行きたいと思います。

それでは、5月にお会いできる事を楽しみにして頑張ります。

そのときは、よろしくお願いしますwink

投稿: 赤ペン先生 | 2012年2月16日 (木) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/44118255

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本『形』強化合宿:

« 第五回福井県オープン少年柔道錬成大会 | トップページ | レストラン ルミネ »