« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

楽しい?

平成24年1月29日(日)に福井県立武道館大道場にて合同練習会が行われました。

今回の合同練習会は、金井学園さんにお声掛けを頂き、金井さん、柔整さん、丸岡さん、そして石川県から参加してくださった鶴来道場さんと共に練習を行いました。

午前中は、隣の小道場で全日本選手権の福井県予選が行われており、川口先生と自分は2人とも審判として参加していたため、午前中の練習は、丸岡の先生方にお願いしておりました。

審判も終わり、大道場のほうへ顔を出してみると、試合練習が行われていました。

午前中引率をお願いしていた丸岡の先生のところへ、お礼を言いに行き、どのような様子であるかを聞いたところ、大変残念な練習であったということを告げられました。

何より残念だった事は自分が道場に入ってきた瞬間に声を出し始めた事・・・・・

この話を聞いて、『やっぱりかdown』という残念な気持ちになりました。

このような行動は、今に始まったことではありません。昔から良く行われていた行動です。

練習でも、そばに行くと大きな声を出し、一生懸命練習をする子達。しかし、その場から離れると、別人のような動きになっていました。

叱られるから、また褒めてもらいたいから・・・

いろんな、ことが絡んでいるのでしょうが、結局は『やらされている柔道なんだな』

と感じました。

午前中の練習が終わり、子供達が集合してきた。

子供達を前に、どのように言葉をかけるか、迷いましたが、自分の率直な疑問をぶつけてみました。

『午前中の練習を丸岡の先生に聞いたところ、全然ダメな練習だったみたいだな。
でも、先生は、みんなの練習を実際自分の目で見たわけではないから、その事について、どうこう言うつもりは無い。
でも、気になるのは、先生が道場に入ってきたら声を出したりしていたみたいだね。
でも、そういうふうに柔道をしていて、みんなは楽しいか?
叱られるから?、褒めてもらえるから?どういう気持ちでいるかはわからないが、誰かの目を気にして柔道しても楽しくないんじゃないかな?
それって結局やらされている柔道なんじゃない?
俺は、自分が出来ないことが出来るようになったり、強い子に挑戦したりして、自分が全力で体を動かせたとき柔道をしていて楽しいなって思うんだ。
楽しさってものは人それぞれだと思うけど、俺は、こういうことが楽しいと思っているし、俺が楽しいと思うことを伝えて行きたいと思っている。
午前中は、ダメだったみたいだけど、午後も練習があるから、一度、こういう気持ちを持って練習してみろよ。楽しいと思うから!!』

さて、この話がどのように作用しているかはわからないが、午後からの練習は、それなりに声も出て活気のある練習が出来ていたと思います。

練習があまり好きではない子も、一生懸命新しい取り組みにチャレンジしているようにみえ、低学年の子も自分の目標としている子にどんどんチャレンジしていました。

自分達指導者が見ていたから、そのような練習になっていたのかもしれない。

でも、こういうふうに、誰かの目を気にしながらやるっていう事は自然な事なのかもしれません。柔道はつらいし、苦しいし、理不尽だし、どうしても第三者に何らかの影響を受けないと頑張れないのかもしれません。

しかし、自分が伝えたい事はこういうことではない。純粋に、柔道って楽しいと感じてもらいたい。その魅力が柔道にはあると思います。

なかなか、理想どおりの指導というのは難しく、まだ全然理想とはかけ離れている状態であるが、自分が経験してそして感じたことを少しでも感じてもらいたいものです。

こうして無事に合同練習終了。

大きなけが人も無く、良い練習が出来ました。

今回の経験がこの後の子供達にどのように影響していくかに期待したいと思います。

最後になりましたが、練習にお誘いくださった金井学園jrの皆さん、そして練習をしてくださった鶴来さん、柔整さん、丸岡さん本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月30日 (月)

福井県柔道選手権大会

平成24年1月29日(日)に福井県立武道館小道場において福井県柔道選手権大会が行われました。

男子37名、女子13名が参加し熱戦が繰り広げられました。

結果は次のとおりです。

男子

優勝 西村 久毅(敦賀高講師) 2位 大平 徹(福井県警)

3位 柴田 良太(福井県警)

女子

優勝 宗石 茉子(福井高) 2位 仲保 あかり(福井高)

3位 岩越 千佳(福井高)

という結果でした。

入賞者のみなさんおめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月25日 (水)

福井県の風習 天神講

福井県の風習に、天神講なるものがあります。

福井県では、男の子が生まれたら、正月に出世を願って、学問の神様である菅原道真公の掛け軸をお飾ります。そして初天神である1月の25日に(菅原道真公は25日に縁が深く、毎月25日にお参りするらしい・・・)カレイをお供えし、掛け軸をしまうという風習があります。

一説では、あの龍馬伝で登場し、学問に熱心であった福井県藩主松平春嶽が、領民にも菅原公の掛け軸をお飾りするように奨めたことからこの風習が始まったのではないかと言われています。

なぜ、カレイなのか?というのは、菅原公がカレイを好んで食べていたという説や、この時期の越前ガレイは、大柄で大変脂も乗っており非常に美味であること、尾頭付きの魚で庶民にも手に入れやすいことなどいろいろな説があります。

でもこれをやっている県は福井県だけらしいですね~。

ということで、今年も、川口先生にカレイをご馳走になりました。

天神講と言ったらもちろん、川口道場ご用達のこのお店

Dsc_0149『みはらしや』さんです。

お昼にカレイを取りに行くと、お店の前で、大量のカレイを焼いておられました。

この日は生憎の雪模様。

Dsc_0148大粒の雪が舞い散る中、炭火で丁寧に大柄のカレイを焼き上げておりました。

『みはらしや』さんは、この炭火にこだわっております。なのでこの日のような悪天候の中でも、ガスにかけることはなく、じっくりと炭火で焼いています。

聞くと、炭火だと火加減が難しく、大変時間がかかってしまうそうなのですが、炭火で焼いたカレイの味は全然違い、風味も味も格別のものになるそうです。

Dsc_0151


そのこだわりの焼きガレイがこちら!!

早速食べてみると、パリと焼かれた皮の中から、ふんわりと柔らかく脂ののったカレイの身が姿を現します。

炭火で焼いた香ばしい香りと、カレイの身の優しい味がたまりませんgood

おなかには、卵も入っており、これもまた大柄で食べ応え十分。

結構大きなカレイでしたが、今年も一人でぺろりと完食。

おいしかった~( ̄▽ ̄)

このおいしい、カレイを焼いてくれる『みはらしや』さんは永平寺町鳴鹿山鹿1-2にあります。

まだカレイを食べていない方は今晩の夕食に是非どうぞ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

越前市出稽古

平成24年1月21日(土)、二十四節気でいう大寒に当たる日。

武道ではこの日に合わせ寒稽古を行ったりする。

この日は、寒稽古・・・・というわけではないが、いつもお世話になっている丸岡柔道スポーツ少年団さんにお声をかけていただき越前市柔道スポーツ少年団さんに合同練習へ出かけました。

川口先生は、坂井地区の昇級審査があるため自分ひとりでの引率となりました。

大寒ということもあり、大変寒くなるかと思いきや、福井県は今年異常気象coldsweats02まったくと言っていいほど雪が無い。

こんな事は非常に珍しい。

去年は、車を運転するのも怖かったが、今年はそういうこともなさそうです。

2時30分に越前市の武道館に到着すると、越前市の武道館でも昇級審査が行われていました。
坂井地区では、中学生から昇級審査が行われますが、こちらでは小学生の昇級審査もあるようです。
Img_8908 さっそく着替えて、道場の一角で準備運動をさせていただきました。
Img_8909 3時から、中学生の合同練習と混ざって一緒に回転運動をさせていただきました。
そのあとは寝技の練習。
このとき、越前さんの八本木先生から、寝技の講習をして欲しいということだったので、簡単に縦四方の入り方を指導させていただきました。
Img_8910 その後、八本木先生から寝技の腕の取り方や、返し方のポイントの指導をしていただきました。
その後の乱取りで、さっそく習ったことを試している子供達。
八本木先生から
『おう、君はポイントがわかってるな~sign01いいぞgood
とお褒めの言葉をいただいていました。
寝技の乱取りのあと、休憩を挟んで、立ち技の乱取り練習が始まりました。
元立ち形式の練習で、たくさんいる練習相手と激しい練習を繰り返す子供達。出稽古に慣れていない子達も、この日は非常にがんばり、投げられても投げられても、何度も掛かりに行っていました。
みんな一生懸命練習をしていましたが特に目を引いたのは3年生の子達happy02
気迫のこもった練習ができていました。以前負けていた子達にどんどん積極的にチャレンジする練習はとても良い練習だったと思います。
そしてもう一人・・・・5年生のY未!!
同じ5年生の強豪達に次々とあたりに行き、納得いくまで練習を繰り返していました。今まで返されてばかりでしたが、この日は最後まで投げきる柔道ができていました。
Y未の急成長には、自分も驚きました。
6年生の子達も、たくさんの先生方に稽古をつけてもらいとても良い練習ができました。
こうして乱取りを続けること2分10本3セット、6時までみっちり練習をさせていただきました。
今回の合同練習で今取り組んでいることに対して意欲的に取り入れようとしてくれていることが確認できました。
まだまだ効果が出るまではきていませんが、子供達が取り入れようと努力している姿を見て、指導者の考えと子供達の努力の方向性がひとつの方に向いているように感じました。
今年一年みっちりこのことを練習していきたいと思います。
最後に、今回練習をしてくださいました、越前市柔道スポーツ少年団さんをはじめ、丸岡さん、鯖江さん、豊さん、そして中学生の皆さん本当にありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

丸岡町鏡開き

平成24年1月7日(土)に丸岡町武道館において、丸岡町鏡開きが行われました。

丸岡柔道スポーツ少年団さん、丸岡中学校、丸岡南中学校、そして川口道場が一同に集まり今年初めての合同練習が行われました。

この日自分は所用のため参加できず、元気な丸岡町の子供達の柔道が見れずとても残念でしたが、とても良い練習が出来ていたそうです。

詳しくは丸岡柔道スポ少応援日記のブログをご覧ください。

最後に、保護者の方が用意してくださった、豚汁とおしるこを食べて鏡開き終了。

今年も、丸岡町一丸となり仲良くそして激しく練習して頑張って行きたい。

早速今月中に丸岡さんと川口道場で合同の練習会が行われる予定なのでそちらも楽しみである。

最後になりましたが、今回ご指導いただきました指導者の皆様方、そして豚汁やおしるこをご用意してくださいました保護者の皆様、本当にありがとうございました。

今年も、川口道場をよろしくお願い致しますm(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

稽古始

昨日は新年一発目の練習日。

川口道場では寒稽古として、昨日と今日2時間の練習を行う。

昨日の様子はと言うと・・・・・・

予想以上に欠席者が多かった!!(゚ロ゚屮)屮

体調不良者、けが人、その他諸々あり、いつもよりだいぶ少ない人数での練習となった。

練習前に、みんなの身体測定wink

みんな、このお正月休みで、増量していたようです。

中には80kgを超える強者もヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

まあ一番増量したのは、自分なんですけどね( ̄ー ̄)ニヤリ

ただいま89・5kg、人生マックスの体重となりました。

肉体改造をしようという矢先にこの体重では・・・・・・・先が思いやられるcoldsweats02

さて、練習のほうはと言うと、体を慣らすために、トレーニングを多めに行う練習からスタート。

特に、子供達は、後ろ受身トレーニングでだいぶ汗だくになっていました。受身の練習にもなるし、トレーニングになるし今後もちょこちょこやっていこうsmile

トレーニングの後は、寝技の反復練習を長めに行い動きの確認。休み中怠けている子はこの時点でフラフラです。

ここで川口先生が、到着して新年の挨拶fuji

この日は、川口先生の高校の先輩であるK先生が練習に来てくださいました。

乱取り練習では、たくさんの子供達に稽古をつけてくださいました。

こうして、新年一発目の練習は終了。

2012年は、出だしから欠席者続出の不安な出発ですが(A;´・ω・)アセアセ、今年の子供達にも昇り竜のような成長を期待したいです。

今日はみんな元気な顔を見せてくれるといいな!!

今日も頑張ろう(◎´∀`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年

新年

あけまして

おめでとうございます(≧∇≦)

謹んで新春のお喜びを申し上げます
旧年中は、福井県川口道場・志ノートにお付き合いいただき誠にありがとうございました。
今年は、去年、経験したことを踏まえて「自然体」を目標に子供達と向き合って、指導していきたいと思います。
大変読みにくいブログではありますが、今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »