« 第7回金井学園理事長杯少年柔道大会 | トップページ | 川口道場納会 »

2011年11月29日 (火)

共有

先日行われた金井杯を最後に今年の試合はすべて終了。

金井杯の結果は、2年の部でK志、6年の部男子でK平が優勝。6年の女子、NonとM里が3位という結果でした。

団体戦も残念な試合内容であり、個人戦も2人の優勝者がいますが、決して良い内容ではありませんでした。

この試合が終わり、今までの試合で見つけていた修正点、そしてこの金井杯でも確認できた修正点をまとめてこれからの練習方針を決定した。

月曜日の練習前、子供達に今後の練習における心構えを伝えました。

そして、自分たち指導者の目指しているものを子供達に伝えました。

自分達は、子供達に非常に難しい事を要求しています。特に体の小さい子にとっては、酷なことかもしれません。
しかし、この指導者の考えと子供達の志が同じ方向を向いたとき、大きな成長に繋がると思っています。

変な話ですが、川口道場の子供達は本当に頑張り屋さんが多いと思います。

きつい練習、そして叱咤激励にもしっかり付いてきています。

ただ、今回の試合を見ていても頑張っている方向が、自分たちの目指しているところと少し違うような気がしました。

その原因を探してみると、自分たちがしっかりと子供達と意志を共有していなかったのではないかと思いました。

素直な子供達は、指導者の指示に素直に従う。しかし、なぜこういうことをしなくてはいけないのか?どういう目的、狙いがあるのか?ということを理解せず、ただ言われたとおりにしているだけ・・・・

そこにその子の意志がないようにも感じました。

自分たちの目指しているもの、それに子供達がしっかり理解をしてその上で努力する事ができれば、難しい課題も克服できるのではないかと期待しています。

新しいスタートとなる昨日の練習前に、しっかりとその意志疎通がなされるよう、細かく最近の試合を例に挙げながらじっくり説明しました。

その後の練習は、新しいスタートにふさわしい非常に気合の入った練習が出来ていた。

これからの練習、指導者は明確な目的を打ち出し、その事に対して子供達にも理解を求め、しっかり理解した上で練習を行う。

このことを目標にこれから頑張って行きたい。

|

« 第7回金井学園理事長杯少年柔道大会 | トップページ | 川口道場納会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/43187699

この記事へのトラックバック一覧です: 共有:

« 第7回金井学園理事長杯少年柔道大会 | トップページ | 川口道場納会 »