« 感謝 | トップページ | 上下関係から生まれる絆 »

2011年11月 6日 (日)

伊香柔道大会

今日は滋賀県まで伊香柔道大会に出場するため行ってきました。

Img_8683 この大会は小学生の部、中学生の部、高校一般の部での試合があり、とてもにぎやかな大会です。

小学生の部は、2・3・4・5・6年生で構成される団体戦で、今年、川口道場からは2チームでの参加となった。

試合のほうは、Aチーム、Bチーム2勝するも3試合目で、敗退down

Img_8692 Img_8706 両チームとも先鋒の動きがよくK志、そして団体戦で初の先鋒となったS司が、チームに勢いを与えてくれた。K志は全試合一本勝ち、S司も2試合勝利し、先鋒としての役目を果たしていた。

次鋒は、共にお互いの悪い部分が出てしまっていた。
Img_8705 AチームのT頼は、腰を引いて技
を受ける癖がまだ完全に取りきれておらず、初戦はそれで黒星を喫した。
Img_8699 BチームのHは、技に低く入ってつぶれてしまっており、課題としている上に伸び上がる柔道がまだ出来ていなかった。難しいことであるが、課題克服に向けてがんばってもらいたい。

中堅は、AチームのM穂、BチームY太共に1勝2敗という成績でしたが、その1勝がとても良かった。
Img_8695 M穂は苦手なタイプ相手でしたが寝技のワンチャンスをきっちり抑え一本勝ち。
Img_8688 Y太は3年生で4年生相手でしたが、身長の高い相手を担ぎ上げての背負いで一本勝ちと自分の持ち味を活かした勝ち方でした。
負けてしまった試合は、実力的にまだまだ及ばない相手だったので、今の練習を続け、力をつけていってもらいたい。

副将のT弥、T太は、投げられないしぶとさが付いてきたものの投げる鋭い技がない。
Img_8696 T弥は、つぶれないよう意識しているからか技に入って決めにいくところで引き手を緩めてしまうし、T太は、返されることを恐れて浅い技の入り方になってしまっている。
Img_8701 寝技は、なかなか良くなってきているので立ち技の切れを意識して練習してもらいたい。
共に投げきるところの練習に力を注いでもらいたい。

Img_8698 大将のK平は、今日は初戦から動きが硬く、内容の悪い試合が続いた。3回戦目も1-1で迎えた大将戦で優勢負け・・・・・
団体戦のプレッシャーが大きいからか練習での動きが影を潜めてしまう。こういう舞台で力を出せるメンタル面も強化しなくてはいけない。
Img_8689 Bチームの鰐湧は、まだ成長期を迎えていない体ながら、攻め続ける柔道で1,2回戦とも勝利していたが、さすがに成長期を迎えた相手になると厳しいものがある。
練習に勉強にがんばっているキャプテンなのでこの試合にめげず努力を続けてもらいたい。

この試合で見つけた課題を、本人達が如何に理解しているか・・・・・

なかなか克服しにくい課題ばかりだが、本人がこの課題に、どのように取り組むかが大事である。

今回のこの悔しい気持ちを次の試合につなげてもらいたいものである。

追伸・・・

中学女子3年生の部に出場していたN桜先輩は、見事crown優勝crownしました。決勝もあっという間の一本決着!!

N桜先輩おめでとうshine

|

« 感謝 | トップページ | 上下関係から生まれる絆 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/42899360

この記事へのトラックバック一覧です: 伊香柔道大会:

« 感謝 | トップページ | 上下関係から生まれる絆 »