« 第13回今尾杯争奪柔道大会 | トップページ | 観察力 »

2011年10月18日 (火)

良い面と悪い面

Img_8606 敦賀の中郷体育館でおこなわれた、第13回今尾杯争奪柔道大会。

Img_8620 Img_8621 Img_8607 この大会で、川口道場は、2・3・4・5・6年生で構成される団体戦にて3位入賞。

個人戦では、2年のK志が優勝、6年のK平が準優勝とまずまずの成績を収めてくれた。

実はこの大会前日、川口道場としては久しぶりの強化練習会を行っていた。去年くらいから、強化練習というものをほとんど行ってこなかった。練習量を減らしたぶん、一回の練習に集中した練習になるよう心がけていた。

それまでは試合前に、試合練習や乱取り練習を数多く行っていたが、最近ではあまりそのような事をせず、基本の打ち込みや投げ込み練習を多く行っていた。

そしてこの日も、強化練習として行ったのはほとんど基本練習。

県立武道館を借りて広い道場でみっちり基本練習を行った。

川口道場では狭くて交代交代で行わなくてはいけない練習も、広い道場でなら一度に思いっきり出来る。短い時間でしたが本当に充実した練習が出来ました。

その次の日、そのときに練習していた成果が早速出ました。

まず団体戦の初戦。先鋒、次鋒が一本勝ちをしてきて向かえた中堅のM穂の試合。試合前、『昨日練習した事を思いっきり試してみろ』と声をかけ送り出した。

前日、練習終了間際に、いつも行っている基本練習の応用の入り方を教えてみた。

7分ぐらいその練習をしただろうか・・・・

Img_8609 M穂はいきなりこの練習をしてきた形で一本勝ちを収めてきた。

前日の練習に参加できなかった善雄先生もびっくりsign03

『いつの間にこんな入り方覚えたんだsign01

と驚いていました。

基本をみっちり練習してきた事で、応用の動きにすぐに対応できたのだろう。

M穂は、チカラの弱い女の子。しかし相手の力を利用した入り方をすればしっかり一本を取ってくる事ができる。

とても難しい事だが、今回の試合で少しこの事に気づいてくれただろう。

Img_8610 ほかにも、いつも投げる事の出来ない5年生のT弥もやっと技がかかりだしたようで何試合か得意技で一本を取る事が出来るようになってきた。

気持ちの優しい子で相手をかばうようにして投げきれない場面をよく見てきたが、ようやく一歩前進してきたようだ。

大将のK平は、初戦から動きが硬く、準決勝では勝負のかかった試合で不用意な払腰を返され一本負け。今年の試合は、大将に勝負がかかったところで、ことごとくK平が敗れて敗れるという試合が続いている。

今回も同じような結果となってしまった。

Img_8619 Img_8611 しかし、この負けがK平に何かを教えてくれたのだろう。その後の個人戦では、非常に思い切りのよい柔道が出来るようになっていた。そして団体で敗れた同じ子と対戦。思い切りのよい大外で技ありを奪うと、その後もつれたところで寝技で押さえ一本勝ち。
決勝もいつもやられている相手に今までで一番よい試合内容で戦う事ができるようになっていた。(結局やられたけど・・・・・)

この迷いのない挑戦者の気持ちで戦うスタイルを忘れないでもらいたい。

このように内容的に良かった明るい材料もあったのだが、残念な課題もある。

それは、守りに入ってしまっていた子が何人かいた事だ。自分から攻めることなく、慎重に試合を進めてそのまま終わってしまっていた。

ある子は、前回の試合で目標としている選手に勝ち優勝する事が出来た。

そのときの試合は、前に前に出て、常に攻めるスタイルで優勝をしてきた。しかし今回の試合はそれが出来ていなかった。踏み込む事をせず足を払う事を繰り返し、無難に試合を進めようとしていた。前回勝ったことで、勝つことへの悪い執念が出てしまったようである。勝ちにこだわり、危険を冒さず、無難な試合で負けない事を意識した試合運び。
結局その試合スタイルが悪いほうに出てしまい、準々決勝で判定負けとなってしまった。

勝つことで、いらぬプレッシャーを感じるようになってしまったのだろうか?

勝ちたい気持ちはもちろん大事だが、それ以上に投げようとする気持ち一本を取りたいという気持ちを前面に出した試合を行ってもらいたい。

この辺の気持ちのコントロールは大変難しいが、何かをやってみたいという精神で試合をしたほうが楽しいと思う。

次の試合では、その辺のフォローをしていってあげたい。

今回の試合では、日ごろの練習の成果を確認できたという良い面と、試合に臨む上での気持ちのコントロールの難しさという課題と両方が確認できた。

チームで出てきた良い面と悪い面。良い面はみんなで真似をしていき、悪い面はみんな自分の事のように修正して行ってもらいたい。

そういう意味では大変意味のある有意義な大会だったと思います。

Img_8632 これからの練習にしっかり取り入れていきたい。

最後になりましたが、今回主催運営してくださいました敦賀地区柔道協会の先生方関係者の皆様本当にありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

|

« 第13回今尾杯争奪柔道大会 | トップページ | 観察力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日曜日はありがとうございました。

そして三位入賞おめでとうございますsign03

礼儀正しくしっかり鍛えられてる様子が良くわかりました。

毎年参加していただいてありがとうございます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: カニーマン | 2011年10月19日 (水) 15時30分

こちらこそありがとうございました。

先生のご子息も、すばらしい成長と、すばらしい礼法でした。
あの礼法は感動ものですよ。
これからも続けていってもらいたいです。

強い選手があのような態度を取れるという事がとても望ましいと思っている今日この頃です。

投稿: 赤ペン先生 | 2011年10月20日 (木) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/42571177

この記事へのトラックバック一覧です: 良い面と悪い面:

« 第13回今尾杯争奪柔道大会 | トップページ | 観察力 »