« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月27日 (火)

新潟遠征

平成23年9月24・25日に新潟県の鳳雛塾さんの所に合同練習へ行って来ました。

この新潟遠征は5月の安全管理指導講習会の時に合同練習のお声をかけていただき、やっと実現した合同練習会でした。

今回の合同練習には、長野県の強豪、克己塾さんも参加すると聞き『レベルの高い練習になるな』と若干緊張気味で、でも楽しみにしながら参加させて頂きました。

Img_8438 24日はお仕事の関係で、移動日となり、夕方に新潟に到着bus

この日から練習されていた鳳雛塾さんと、克己塾さんと合流し練習後の宿舎となる公民館へ移動。

宿舎となる公民館で、星野先生より宿泊の注意事項を聞いた後、皆で布団を運んで、お泊りの準備に取り掛かりました。

今年合宿はこれで3回目。みんなずいぶんと慣れてきたのか、行動がずいぶん素早く行なえるようになっていました。とくに高学年が指示を聞きに来て,それを中学年が実行するといった感じの上下関係が機能してきているようでした。

布団の準備が出来たら、子供達と皆でお風呂に入りました。大きなお風呂で汗を流したら(って汗はそんなにかいてませんでしたがcoldsweats01)子供達は夕食をいただきました。

その間、指導者たちは明日の練習についてのミーティングと懇親会。手厚い御持て成しをいただきました。

やはり強いチームの指導者たちは本当に熱い。この情熱が子供達を育てていくのでしょう。大変勉強になりました。

次の朝。

Img_8444 Img_8445 Img_8447 5:50に起床し、歯みがきをし顔を洗ったら布団をかたずけ、朝の散歩を行い身体を目覚めさせます。

みんな次の日の練習がしんどいという事がしっかりわかっているからか、21:00ぐらいには眠りに付いただけあって朝からしっかりとした行動が取れていました。まあ若干一名、男子の部屋から女子の部屋に侵入しお姉ちゃんのとなりで寝ていた子もいるというハプニングもありましたが・・・・

Img_8450 その後、朝ごはんを頂き、練習会場である白根第一中学校の武道館へ移動。出来たばかりということもあり大変綺麗な道場でした。

最初に、星野先生からの挨拶があった後、中学生の子による、勉強の大切さについての講議?smileがあったあと、いよいよ練習開始。

Img_8452 Img_8455 Img_8457 まず最初は体操と基本練習。

Img_8454 この基本練習もしっかり解説付きで丁寧に練習してくださりました。

Img_8456 出来ない子がいるときっちりその子が出来るまで親切にそして徹底して基本練習を行なっていました。こういう練習に本当に妥協がない印象がありました。自分達もこのような練習を大事にしていましたが、足の指の位置や、目線など、本当に細かいところまで指導されていました。

Img_8460 その後は寝技の乱取り、向かい合わせでスタートする寝技と、背中合わせでスタートするやり方など幾通りかの形で乱取りした後、反省点を反復練習し、寝技の練習終了。

次に軽く練習試合を行ないました。
Img_8462 Img_8470 Img_8466 Img_8477 Img_8500 練習試合では、勝ったり負けたり色々ありましたが今練習している大内刈りや連絡技にまずまずの成果が出てきていたのが収穫でした。

また試合を行なっていて高学年、低学年に共通の修正点もあり、この辺を強化していきたいと思います。

午後からは星野先生による『打ち込み十段』なる、打ち込みのポイント講習をして頂き、色々な発見がありました。

またそのデモンストレーターである全中3位S君の上手い事上手い事(*^ー゚)bグッジョブ!!

あれくらいの打ち込み投げ込みが出来る子を育ててみたいです。

その後はガンガン練習。

一本取り形式の元立ちで練習を行ないました。これならたくさんの子がいても練習を色々することが出来ます。

Img_8508 この練習を見ていて、他のチームの事川口道場の子達との違和感に気付きました。みんな一生懸命練習をしているのは変わらないのですが、川口道場の子達は、肩に力が入って手を突っ張った状態で技を仕掛けています。
当然そんな状態では腰も回らないし、間合いをつめることが出来ません。
他のチームの子は、すぅっと相手によってきて間合いをつめたら思いっきり技に入って最後まで投げきっています。

見てると、うちの子達は投げられないけど投げれない。他の子は投げられるかもしれないが豪快に投げてもいる。

ここに大きな差があると思いました。

『負けない練習』と『投げる練習』

負けない練習は、相手に技を出し難くするように、力いっぱい手を突っ張ったり腰を引いたりして守っています。

投げる練習は相手に思いっきり近づいて技に入って攻めています。

こうなると、前者は投げられる回数が少なくなりますが、投げることが出来ません。せいぜいコケさせる程度です。

後者は、相手に近づくので相手の技をくらい易くもなりますが、自分の技が入ったときは豪快に気持ちよく投げています。

この二つの柔道では、同じ一生懸命していても楽しさが違うと思います。

やっぱり100回投げられたとしても1回納得のいく技で投げれるほうが自分は楽しいと思います。投げる魅力、『一本の魅力』とでもいいましょうか、この快感を味わう事ができれば柔道をどのような環境でも続けて行くことが出来ると思います。

逆に負けない練習では、しんどいだけで楽しさがないように感じてしまいます。

今回の練習を見てこういう部分が足りないと感じました。

また指導のやりかたでも、大変勉強になり、練習中、かなりヒートアップして、練習を見ていたのですが、ふと、周りを見渡してみると、鳳雛塾の指導者であるY部先生が子供たちのフォローをしている姿を見かけました。

それが、違うチームの子達にも声掛けをしてくれていたのです。

『やる気ないなら、下がってみてろannoy!!』

と言われて、しょんぼりしながらその子が下がろうとしたとき、『下がれって言われて下がっちゃダメだよ、向かっていかなきゃ!!』と易しく笑いながら言っている姿を見て、このようなさりげないフォローがあるから意識の高い子達が育っていくのだな~と感じました。

克己塾の神農先生もマメに子供たちに声掛けをされていました。しかし、練習ではそれはそれは厳しかったです。それでも子供達が付いてきているのは愛情がある厳しさなんだろうと思いました。

乱取りの後は皆でトレーニングをして練習終了。1日みっちりと練習しましたが、あっという間に終わってしまったという印象のある、大変中身の濃い練習でした。

今回の合同練習では、子供達の成長を確認する事ができそして、足りない部分もはっきりと見えてきました。

この合宿で子供達も勉強になったと思いますが、それ以上に指導者が勉強になりました。

今回の合宿で学んだ事を今後の指導に活かしていきたいと思います。

最後になりましたが、今回主催してくださいました星野先生をはじめとする鳳雛塾の先生方や色々とお世話をしてくださいました保護者の皆様、激しい練習をしてくださった克己塾の神農先生をはじめとする皆様方本当にありがとうございました。

Img_8441 今後とも宜しくお願い致します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

保珍先生・上田先生昇段祝賀会

Img_8514 平成23年9月23日(祝金)にパレスホテルにおいて、保珍良市先生・上田雅明先生の七段昇段祝賀会が行なわれました。

柔道フェスティバルが終わったらすぐにパレスホテルに移動し色々とお手伝いをさせて頂きました。

日頃お世話になっている先生ですので、そういった先生の昇段というのは我事のようにうれしいものですね。

160人を越えるたくさんの先生方が両先生のお祝いに来られていました。

色々な先生方のお話を聞かせていただき、昇段をするということの大切さ、そして難しさを痛感致しました。

七段という段位は、柔道をただやっていても手が届かないと思います。柔道と共に生き、その柔道で学んだ事を、世の中に役だて、次の世代に伝え育てていく・・・・・・

柔道というものをしっかり伝え広めていける生きかたができる先生に与えられる名誉ある段位だと思います。

この両先生を目標とし、これからも柔道に携わっていきたいと思います。

保珍先生・上田先生本当におめでとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

柔道フェスティバル

平成23年9月23日(祝金)に福井県立武道館において第3回福井県柔道フェスティバルが行なわれました。

この大会は、小学生から一般まで各部門に分かれて争われる個人戦の大会で、川口道場から小学生各学年の代表一名ずつ出場しました。

また今回から設立された、柔道経験5年未満のお母さん達で争われるママさんの部に4名の保護者の方も参加しました。

まず試合前に、自分が今度全国大会に出場する固の形の演武を披露させていただきました。

何回やっても人前での演武は緊張しますsweat01

前日に北信越の会長じきじきにご指導いただいていた修正点を意識して、まずまずの演武ができました。

たくさんの子供達から『全国大会頑張って下さい』と激励の言葉をいただきました。

さて、大会のほうはというと、結果は2年生の部でK志が優勝!!決勝はJ整会のHくん。大外で危ない場面もありましたが、何とか優勝する事が出来ました。

Img_8413 そのほかは、6年男子のK平、女子のM里、5年女子のY未、4年女子のM穂、1年男子のT河が3位という結果でした。結果はあまりよくありませんでしたが、内容が目に見えてよくなってきていました。とくに、足技からの連絡が出来てきたように思います。

まだまだ組むのが遅くて一本を取る技が出来ていませんが、少しずつ『おっsign03』と思わせてくれる場面が出てくるようになって来ました。

先輩達もこの大会に出場しており、高校男子で、Y哉先輩が3位、高校女子でY先輩が準優勝していました。

Img_8437 でも決勝では完敗していましたね・・・・・・このくやしさを今後の練習で活かして貰いたい。

Img_8418 完敗といえば、ママさんの部に出場したお母さん達みんな初戦で、くやしい思いをさせられました。

まあ初めて間もない状態だったので仕方ないことかもしれませんが、やっぱりくやしいものはくやしい。善雄先生が一番くやしがっていたのではないでしょうか?

でも、この経験をする事で、負けたわが子の気持ちがよくわかるのではないでしょうか。この経験があると掛ける言葉も変わってきますし、子供達の聞く耳も変わってくると思います。

そういう意味ではこの大会の試みはとても良かったのではないかと思います。

こうして無事ケガ人もなく大会終了。

また来年もこの大会で思いっきり試合ができるよう鍛えていきたいと思います。

今回この大会を運営していただいた先生方、本当にありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

金井丸岡川口合同練習

先週の金曜日に、金井学園さん、丸岡スポ少さんのお誘いを受けて丸岡町武道館に合同練習へ行って来ました。

2週間前に丸岡スポ少さんにお邪魔させていただいた時にも、2面ある広い道場が狭く感じましたが、今回は更に金井さんが来られた事もありあの広い道場が非常に狭く感じます。

この日の練習もいつものように、基本練習、寝技、打ち込み、立技元立ちと練習を行ないました。

前回初出稽古を経験した子達も、2回目ということもありだいぶ落ち着いた練習を行なっていました。

子供たちの元気な声がこだまし、最初から最後まで、みんな一生懸命の練習が出来ていました。

両チームともしっかり組んで投げに来るスタイルなので、とっても練習になりました。

川口道場もしっかり組むことにこだわった練習をしているので、強い相手にごまかしが効かない分、子供達は大変辛い練習だったことでしょうψ(`∇´)ψ

しかしこれが強くなるための近道!!

これからも頑張ってもらいたい。

この日は、子供たちのほかにも、ママさん達も出稽古での初乱取りを行ないました。

こちらも、かなり良い練習が出来ていました。気迫は子供達以上でしたねwink

短期間で、だいぶ柔道らしくなってきました。

この様に柔道の練習を行なう事で、子供たちの気持も理解でき、共通の話題で盛り上がることもできるので大変良い事だと思います。

こちらも怪我をしないようにしながら頑張ってもらいたいです。

さて、今週の金曜はいよいよ柔道フェスティバル!!柔道の祭典ですhappy02

大人も子供も、皆で大いに盛り上がりたいものですね。

この大会で、自分も開会式のあと、形の披露があるので、頑張りたいと思います。

最後になりましたが、今回合同練習を行なってくださいました、金井学園jrさん、丸岡スポ少さん本当にありがとうございました。また今後とも宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

低学年の向上心

夏休みも終わり、子供達は、ようやく普段の生活に慣れてきている様子。

しかし、まだまだ残暑厳しく、暑い中での練習の日々が続いております。

そんな練習に、夏休み後から変化が出てきました。

その変化とは、低学年の子達の練習時間です。

本来、川口道場では、金曜日は次の日が休みということもありPM7:00~9:00までの練習となっていますが、月曜日、水曜日の練習は次の日が学校ということもあり、PM7:00~8:00までが低学年の練習時間で、その後9:00までが高学年を中心とした厳しい練習になっています。

でも、一部の低学年の子達は、『強くなりたいsign03』と、自主的に高学年の練習に参加していました。

そして、今年の夏休みが終ろうとする頃・・・・

ほとんどの低学年の子達が、次々と9:00までの高学年の練習に残りたいと申し出てきました。

柔道を教えているこちらからすればとても喜ばしい事です。厳しいと解っていながら、自らを高める為に、練習を希望する・・・・・

とても素晴らしい事だと思います。

しかしながら、『この子達を受け入れていいものか?』という不安もあります。

小学校低学年で9:00までのこって練習するという事は、子供達にとってはとても負担になる事だと思います。体力的に不安な子もいます。

下手をすると、次の日の学校の授業に悪い影響が出てしまうかもしれません。

指導者としてそういう低学年の子達を受け入れるという事に、正直迷いがあります。

でも、保護者の方が『まだ早い。』と、なだめても、『残りたい!!』と訴えている子供たちの気持を大事にしてあげたくて、申し出のあった子供達を全て受け入れる事にしました。

この様に残りたいと言ってきた子に、伝えている事があります。

『柔道の練習を遅くまでやっているという事を何かのいいわけにはしないように。柔道の練習をしているから宿題が出来ない、学校で居眠りしてしまう、疲れで集中力がなくなる、など言い訳の材料にするのであれば、遅くまで残る意味がないし、柔道をやっている意味がない。柔道をやる事により、集中力を高め、精神力を鍛え、物事をやり抜く体力を養う。何より自分に負けない克己心を磨くことにより、学校や私生活での行動を今まで以上に向上させるということが柔道をしている目的である。柔道が何かの妨げになってしまうようではそれは柔道を正しく行なえていないということになる。そのような覚悟を持って練習に残るように!!』

実際・・・・

この様に言いながら、『難しいことを子供達に要求しているな・・・・・』と感じていますcoldsweats01

しかし、己から厳しいとわかっている練習に残りたいという意思があるのであれば、このような正しい柔道を行なえるのではないかと期待しています。

限られた時間で、何に対しても集中力を持ち、行動することが出来れば、柔道であれ学校であれ普段の生活が充実したものになって行けるでしょう。

川口道場の先輩で、このような正しい柔道を体現していた先輩がいます。今より厳しい練習内容だったにもかかわらず、学校の成績が向上したという先輩達・・・・

このような先輩達を見習って是非とも柔道だけの成績向上ではない、人間としての成績向上を目指して頑張ってもらいたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

川口道場BBQ大会

平成23年9月11日(日)に川口道場前駐車場において毎年恒例の川口道場BBQ大会が行われました。

川口道場の保護者会の皆さんが主催で日頃がんばっている子供達のごほうびとして行っているこの行事!!

いつもは合宿のときに合わせて行っていましたが今年は合宿の際川口先生が北信越国体の審判に出ていたため、この日の開催となりました。

午前9時30分に道場で準備開始!!

テントを建てて、炭を熾したりしながら準備を進めます。

この日は、みんなの日頃の行いが良いからか、かなりの晴天!!

若干風が強かったですが、最高のBBQ日和でした。

準備が整い、さっそくお楽しみのBBQ大会開始。

Img_8329 Img_8330 Img_8331 七輪を囲んで、美味しいお肉にかぶりつきます。

Img_8332 Img_8333 Img_8334 高学年の子達は、後輩達の面倒をしっかり見ながら自分達の分を食べていましたね。

Img_8336 Img_8347 Img_8348 皆で美味しいお肉や焼そば、フランクフルト、ジュースにアイスと、がっつり食べていました。

Img_8349 Img_8350 Img_8351 皆で、わいわい話して、遊んで、ダンス?をして、BBQを満喫していました。

Img_8356 最後は皆で記念撮影。

この仲間達が、いつまでもこうやって集まり仲良く楽しんでいってもらいたいものです。

こうして楽しい時間があっという間に終了。

このBBQでリフレッシュしてもらい、また明日からの練習で、気合の入った盛り上がりを見せてもらいたい。

最後に、今年も忙しいなかお集まりくださり、盛大にBBQ大会を盛り上げていただいた保護者会の方を中心とした保護者の皆様、本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

出稽古!!

先日、いつもお世話になっている丸岡スポーツ少年団さんに合同練習へ行って来ました。

丸岡の武道館に着くと、すでにたくさんの子達が道場に到着していました

今回、川口道場の何人かが大きな緊張感を漂わせていました。

それは柔道を習い始めて間もない子達と幼児達。

今回初めての出稽古、『出稽古デビュー』を果たした子達です。

川口道場以外の道場に初めて足を踏み入れる子達。さすがに緊張の色は隠せずにいましたね。挨拶もいつもの元気がありませんし、どうしてよりやらわからずに、キョロキョロそわそわしていましたね。

しかし、練習が始まると周りの子達を見ながらすぐに順応!!

子供たちのこういう能力はいつ見てもすごいと感じます。すぐに友達を作っていたようでした。

さて、練習のほうはというと、台風が接近している影響からか、大変蒸し暑く、前半の寝技の練習が終わったころには汗だくになっている子供達。

そのなかで特に汗だくになっている子が・・・・・

実はこの日の練習に、遠方から一人武者修行に来ている子がいました。

所属の代表に許可をもらい、お父さんと2人で出稽古に来る・・・・・・

大変勇気のいる行動であると思います。

練習も慣れない環境・慣れない相手で、疲れも数倍に感じることでしょう。

しかしながら、そんななかでも一生懸命練習に取り組む姿が印象的でした。

こういう子が一人いるだけで、全体の雰囲気がまたよくなっていきます。その子と同級生の子達は顔つきが変わっていて、とてもよい気持ちのノリで稽古できていました。

こうやってお互いを刺激しある関係はとても素晴らしいものだと思います。このような関係をこれからも大事にしていってもらいたい。

さて、自分はこの日、新人の出稽古デビューの子達を中心に練習を見ていました。内容は、デビューにしては合格点の内容でした。

当然のように投げられてばかりいましたが、そこで、悔しさを全面に出して相手に飛び掛っていくという、今までに無い一面も見れましたし、何より最後までやりぬくことが出来たということが一番の収穫です。慣れない事をするというのはとても嫌なことだと思います。不安や恐怖があり、逃げ出したくなるのが普通でしょう。

今回の出稽古では、みんな最後まで弱い自分に負けることなくやりぬくことが出来ていたのがよかったです。

練習後、居残り練習にもたくさんの子達が参加していました。お互いにこんな遅くまで切磋琢磨している姿は見ていて気持ちがいいですね。

自分は、この時間帯、今度の9月23日に行われる柔道フェスティバルに参加されるママさんたちの柔道教室を開催。子供達に負けないくらいこちらも頑張っていました。

幼児の子から、出稽古デビューの子、単身武者修行に来ている子、ライバル関係の子達、中学生、高校生、大学一般の人たちにママさんと本当にたくさんの年代の人たちが道場で汗を流す・・・・・とても理想的な環境でしたね。

このようなあらゆる年代で柔道が愛される環境をこれからも増やして行きたいです。

最後になりましたが、今回、急な申し出にもかかわらず快く出稽古を受け入れてくださった丸岡柔道スポ少の皆様、そして単身遠方まで出稽古に来て下さったK様本当にありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »