« 子供達の成長 | トップページ | 第6回川口道場王座決定戦 »

2011年8月26日 (金)

第42回全国中学校柔道大会への挑戦

平成23年8月22~25日に和歌山ビックホエールにおいて第42回全国中学校柔道大会賀行なわれました。

各県の熾烈な予選を勝ち抜いた代表選手たちによる熱い戦いが行なわれました。

結果はこちらをご覧下さい。

この大会に、川口道場の先輩達が2人出場していました。

まず、女子団体、個人ともに出場していたN桜先輩!!

団体戦は、予選リーグでは、見事2勝し予選を勝ち抜き、トーナメントで東京の渋谷教育学園渋谷中学に2-1で惜しくも敗れましたが、N桜先輩はきっちり一勝を上げる大活躍でした。

個人戦でも、一回戦シードで2回戦からの登場でしたが、技有二つの合わせ技一本勝ち。3回戦はわずか40秒で豪快な内股一本勝ちと大活躍。準々決勝では、東京代表のH選手に有効を奪われてしまいくやしい敗戦。それでも去年同様5位入賞を果たしました。

そして男子個人戦に出場していたJun先輩!!

個人戦一回戦は、秋田県のチャンピオンで東北地区大会3位のK選手。

アップのときの動きを見ていると、素晴らしい背負い投げを軸にとても切れのある動きをしている選手でした。

しかし試合は、Jun先輩が、気迫で相手を圧倒。相手が掛けつぶれたところを、きっちり寝技で抑え込み一本勝ち。

全国初勝利を納めました(v^ー゜)ヤッタネ!!

しかし続く2回戦で、相手の技を受けたときに手を着いてしまい、肘の脱臼という大怪我をしてしまいました。

よい動きをしていた分、非常に残念な結果となってしまいましたが、この怪我をしっかり治してまた頑張ってもらいたい。

この全国大会で、うれしいニュースがもう一つ!!

それは、いつもお世話になっている同じ丸岡町の同志、丸岡柔道スポーツ少年団出身のS川選手が、激戦を勝ちあがり見事準優勝を果たしました。

彼は小学生時代、目立った成績を残す事ができていませんでした。しかし、そのチームの方針である、『しっかり組んで真っ向勝負!!』のスタイルを貫いて返されても返されても、思いっきり大外に入っている・・・・そんな選手でした。

その精神と、福井県の名門福井中学校での厳しい練習により、見事全国大会での準優勝。

準々決勝では、小学生時代川口道場にも合宿に来てくれたことのあるK丸選手との対戦があり、あの強いK丸君から勝利するなど快進撃を見せてくれました。

同じ地区からこの様な素晴らしい選手が育ってくれたという事は本当に喜ばしい事であり、小学生時代の指導に大事なことを学ばせていただきました。T先生をはじめとする丸岡町柔道スポーツ少年団の皆様、そして準優勝をした剛章!!本当におめでとうございます。

川口道場の皆も、間近にいる素晴らしい先輩方をお手本とし、今後とも頑張ってもらいたい。

|

« 子供達の成長 | トップページ | 第6回川口道場王座決定戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

剛章の事までお祝い戴き、ありがとうございます。
正直今回、期待はしていましたが準優勝とはhappy02
期待以上の成績で指導者一同喜んでいます。
これも、川口先生・善雄先生・赤ペン先生のご指導のおかげです。御礼申し上げます。

N桜の2年連続の5位入賞、おめでとうございます。
coldsweats01彼女は不満でしょうが・・・)
全国の強豪の中での安定した成績。彼女の不断の努力がうかがえます。高校でも更に精進してくれるでしょう。
Junは悔しい思いをしましたねweep
自分の形での勝利の後だけに残念だったでしょう。ケガをしっかり治してリベンジして下さいsign03

丸岡から、これからも先輩に続く子供たちを共に育てていきましょうgood

投稿: クリリン会長 | 2011年8月26日 (金) 15時49分

クリリン会長コメントありがとうございます。
剛章の準優勝おめでとうございます。
本当によい選手に成長していますね。
でもまだまだよくなる予感がしているので今後の成長に期待しています。
丸岡の地で競い合って切磋琢磨していた仲間達が全国の舞台で活躍する姿を見て本当にうれしくなってしまいました。
ただJunの怪我だけが残念でした。
試合会場で腕の状態を見ようとドクターが道着を脱がした瞬間、観客席の遠目でもはっきりわかるくらいの見事な後方脱臼だったです。観客席をある意味沸かしていましたcoldsweats01
一日も早い回復を願っております。
このような素晴らしい先輩達を追い越すくらい気合の入った子供達を育てていきましょう。
これからも宜しくお願いいたします。

投稿: 赤ペン先生 | 2011年8月27日 (土) 01時11分

JUN君は大丈夫だったでしょうか?
早く復帰出来ると良いですね。
今回はN桜とY章と丸岡の二人が大活躍してくれました。
少年のときに基本をしっかり教えていただいたおかげで
今回のような素晴らしい結果に繋がったんだと思います。
また何かとお世話になりますがよろしくお願いします。

投稿: 金井M | 2011年8月27日 (土) 16時13分

金井M先生コメントありがとうございます。
JUNの肘は、骨のほうは異常が無く、脱臼も整復されていたのでとりあえずは一安心です。じっくり治療に専念してもらいたいです。
Y章、N桜共に中学に入ってから飛躍的に力をつけてきました。これも中学の先生方をはじめとする皆様のおかげだと思っています。
今後とも宜しくお願いいたします。

投稿: 赤ペン先生 | 2011年8月29日 (月) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/41365129

この記事へのトラックバック一覧です: 第42回全国中学校柔道大会への挑戦:

« 子供達の成長 | トップページ | 第6回川口道場王座決定戦 »