« 厳しいけど楽しい長野遠征2 | トップページ | 金井学園合同練習 »

2011年8月11日 (木)

厳しいけど楽しい長野遠征3

長野遠征2日目

朝5:40に目覚め、朝トレーニングの準備。毎年ここから山を走るのだが、ここで川口先生から提案が・・・・・

『練習の内容が濃いから、山を走らず、練習に体力を残しておこう!!』

Img_8134 と言う事で、朝は山を散歩して体操をするだけにしました。

散歩の途中、近所の人がレタスの収穫をしていました。子供達は元気よく

『おはよ~ございますup

Img_8145 この挨拶が良かったからか、収穫したてのレタスをいただきました。

本当にありがとうございます!!

Img_8148 散歩の後ラジオ体操を行なって、朝食タイムrestaurant

早速頂いたレタスと、庭で栽培されていたきゅうりやトマトを収穫しサラダにして頂きました。

朝から皆ガッツリ朝食を食べ、練習に出発rvcarrvcarcardash

Img_8153 この日、昨日参加されていたチームが何チームが参加していませんでしたが、代わりのチームが参加してくださっていました。これまた長野県のトップクラスのチーム・・・・・

本当にありがたいです(v^ー゜)ヤッタネ!!

Img_8155 体操と基本練習が終わったらこの日は、ランニングをしました。元気よく走る子供達run

そういえば去年走ったときは、山を走り終えた後だったので、皆うんざりした顔で走っていたことを思い出しました。

ある程度走った後、各チームの代表1年~中学生の7人でリレーを行いました。

これがまた盛り上がる盛り上がる!!

これくらい盛り上がった練習をすると柔道も強くなるのだが・・・・・

さて、子供たちのテンションが上がったところで、寝技の練習から開始。

高学年、低学年、中学生に別れ、寝技の乱取りを行いました。自分はこの日中学生のところに混ざり一緒に稽古しました。

中学生の子達は皆元気いっぱいで、非常に疲れましたcoldsweats02sweat01

子供達も昨日同様、色々な技の入り方を試して思い切った練習をしていました。

環境に慣れてきたからか昨日より動きがよくなっているように感じました。

休憩の後立技練習。

立技は今回2班稽古を行いました。一本やったら一本休めるので、集中した稽古ができます。

Img_8156 この稽古も大変よい練習が出来ていました。同じ練習でもやり方を少し変えるだけで子供たちの集中力がよみがえってきます。

また低学年の子達は高学年や中学生の柔道を見ることができるので、それもまた勉強になりよい練習になったと思います。

Img_8159 こうして午前中の練習終わり。

体操をして、お昼ご飯の時間になりました。

Img_8160 Img_8161 Img_8162 今回も、旭日柔道場さんの保護者の方が用意してくださった。鳥そぼろ丼をいただきました。
つゆだくの丼と言う事で、大変食べ易く、厳しい練習後でも、しっかり食事をとることができます。
この様な準備までしてくださるとは本当にありがたい。

食事の後はしばらく道場で腹ごなし・・・・・・

自分は帰りの運転に備えて車の中でお昼寝タイムsleepy

あっという間に昼休みが終わり、午後の練習が再開。午後からは、体操の後、しばらくスタティックトレーニングを行ない。体幹を鍛えます。これなら激しい動きがないので食後で気持悪くなる子も少なくなるでしょう。

とはいえこのトレーニング相当辛い。やっと終わったーっと思ったら、I下先生から衝撃の一言。

『これは練習で次から本番smile

子供達は相当精神的にダメージを負ったことでしょう。

こうやって精神力は強くなる!!

というわけでもう一セット頑張ってもらいました。

その後、基本練習がまた始まります。

『え・・・・トレーニングで終わりじゃないの?』

皆口には出しませんが、そのような顔をしていましたshock

基本練習をみっちりした後は、打ち込み、移動打ち込みを行ない、また午前中同様2班稽古をしました。

練習は皆本当によい練習を行なっていました。声も出てるし動きもよかった。また練習してくれている長野県の選手達も素晴らしい動きで柔道をしていました。

素晴らしい選手がたくさんいたのですが自分がとくに素晴らしいと思ったのは、K井沢さんの4年生S賀君!!小さい身体ながら立ち背負いでボンボン投げる姿を、『カッコイイheart04』と思いながら見ていました。本当に将来性を感じる柔道でした。そしてそのチームの素晴らしい事は中学生のM木君が小学生に細かくアドバイス、そして気合を入れているのです。小学生の子達もその言葉を素直に受け取りガンガン練習する。

今回の川口道場の目標である上下関係の構築のお手本と言ってよい素晴らしい上下関係でした。このような関係が築けているからこそ素晴らしい柔道が育ってきているのだと感じました。

練習も架橋に入ったところで、今回初参加のH乃が体調を崩してしまいました。お昼から気温が高かった事もあり、軽い熱中症の症状が出てきてしまったのです。この際J整会の保護者の方に大変お世話になりました。本当にありがとうございます。

何とか症状も落ち着きましたがその後の練習に参加することはできません。H乃はとてもくやしそうでした。

今回初めてこの様な遠征に同行。高学年ですが体の小さいH乃を低学年のところで練習させようと思っていたのですが、本人が『高学年で練習したい』と訴えてきたので、高学年のところでの練習に参加。

ちいさいH乃には、かなりキツイ練習となっていました。そして残念な途中リタイア・・・・・

このくやしそうにしている姿を見ていると、何とか強くさせてあげたいと思ってしまいました。

1人残念なリタイアとなってしまいましたが、残りのみんなは声を出して必死で練習を行ない、立技練習終了。

やっと終わった~と達成感から笑みのこぼれる子供達。

I下先生の、『体操隊形に広がれー』

の言葉に駆け足で広がる子供達・・・・・・・っが、I下先生の手にはストップウォッチがwatch

それに気付いた笑顔の子供達は、段々青ざめていきましたshock

もちろん、とどめのサーキットトレーニングsweat01

もう涙だか汗だかわからない状況。

Img_8165 Img_8166 Img_8167 Img_8168 Img_8169 Img_8170 Img_8172 Img_8173 でも皆大声を出して必死にやりぬき何とか練習終了。

いや~、肉体的にも精神的にもとことん鍛えられました。

毎年とことん追い込んでくださるI下先生には感謝感謝です。

こうして今年の長野遠征の練習終了。最後に各先生方に挨拶をして、宿泊しているおじさんの家に帰っていきました。

帰り道、またもやゲリラ豪雨に襲われます。道が川のようになる勢いの大雨。今から荷物を積み込まなくてはならないのに・・・・・crying

到着したらすぐに荷物の整理と、掃除を行います。

ある程度片付いたところで、お母さんがスイカを切って待っていてくださいました。

Img_8151 天然の冷蔵庫で冷やした美味しいスイカ。

Img_8174 Img_8175 皆で、あま~いスイカにかぶりつきます。練習後で喉が渇いていたからかみんなあっと今に完食。とっても美味しいスイカでした。

そうこうしている間に、子供達の荷物を車に積み込み完了。大雨の中福井県へ向けて帰路に着きました。

今回の合宿で目標としていた上下関係の構築にはまだまだ課題が多く残されていますが、練習自体は素晴らしい成果があったと思います。慣れない環境のなかで必死にがんばることで得られる成果があったと思います。子供達に練習の感想を聞いてみたところ『楽しかった』という感想が返ってきました。厳しい練習で非常につらかったと思いますがお互いに本気でぶつかり合うことで感じる楽しさがあったようです。これが柔道の本当の楽しみ方!!そういう楽しい練習が出来たようです。

このような素晴らしい経験が出来たのも、長野県の各チームの選手達が思い切りのよい柔道で相手をしてくれたからだと思います。

今回、合同練習を企画運営してくださいました、旭日柔道場のI下先生をはじめ、色々とお世話をしてくださいました保護者の皆様、そして練習をしてくださった各チームの皆様。そして宿泊をさせていただいた、山田様本当にありがとうございました。

また来年も宜しくお願いいたします。

最後に、今回連絡の不備があり保護者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけしましたこの場にてお詫び申し上げます。

|

« 厳しいけど楽しい長野遠征2 | トップページ | 金井学園合同練習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

2日間お疲れ様でした。毎年素晴らしい練習ですが今年は例年以上に素晴らしい練習だったと思います。いつもなら先生に怒られながらやらされている感じに見える子供たちが自ら一生懸命練習をしているように見えました。何より子供たちのhappy01が素晴らしかった。厳しさの中に楽しみを見つけられるなんてあるいみ究極ですよね。また、一緒に練習出来る日を楽しみにしています。本当に2日間有難うございました。

投稿: 柔道愛好者 | 2011年8月11日 (木) 23時53分

柔道愛好者さんコメントありがとうございます。
こちらこそありがとうございました。
今年も素晴らしい練習が出来たと思います。
今回の練習もとても厳しい内容の練習会でしたが、子供達はみんな『楽しかった』と言っていました。
厳しい稽古を行う中に楽しみを見つけることができるということは、今後の柔道人生において非常に大きな意味があると思います。
そのようなことを経験できた今回の合宿は、非常に意義のあるものだったと思います。
それに長野県の意識の高い柔道少年少女達と触れ合う事で感じることが多かったのが一番良かったのだと思います。
この2日間で感じたことを今後も活かしていきたいです。
2日間ありがとうございました。

投稿: 赤ペン先生 | 2011年8月13日 (土) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/41155481

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しいけど楽しい長野遠征3:

« 厳しいけど楽しい長野遠征2 | トップページ | 金井学園合同練習 »