« 練習の甘さ | トップページ | 意識改革 »

2011年7月20日 (水)

北信越ブロック強化合宿

平成23年7月16・17・18日の3連休に、新潟県にて北信越ブロック合宿が行われました。

北信越指定強化選手に選出された各県の代表約15名によって行われる強化育成合宿であります。

今回、幸運な事に、川口道場より3名の強化選手が選ばれ、さらに自分自身も強化指導者として一緒に合宿に参加しました。

自分のような若輩者が参加させていただいていいのか?という不安もありましたがそれ以上に、強化選手達と行動を共にすることが出来ることを非常に楽しみにしておりました。

この合宿の3日間色んな事がありました。それは決してよい事ばかりではなかったです。

でも、最後はとても良い合宿であったと感じることが出来ました。それらを一つ一つまとめていきたいと思います。

まず、練習の事から・・・・・

選手達と新潟県の会場に到着したのはお昼頃、予定より少し早めに到着したので早めに道場に着替えて入ってみると、道場内はかなりの暑さ!!

何もしていなくても汗が流れてきます。

Img_7965 まず最初に先生方のお話を聞いた後、全柔連より派遣して頂いた講師の先生による指導が始まりました。

今回来ていただいた先生は、ジュニア強化コーチの松本勇治先生とアジア選手権金メダリスト江種辰明先生でした。

まず最初に、松本先生から、今、全日本ジュニアの選手達が行っている練習を教えていただきました。

まず、寝技の基本練習です!!

『最近、小学生でも様々返し方、抑え方を知っている。だけど、一度おさえてもすぐ逃げられてしまったりする。それは基本的な練習をやりこんでいない為に起こる現象である。今ジュニアの強化選手達も1時間かけてこの基本練習をとことん練習しています。』

と説明してくださった後、早速基本の動きを指導していただきました。

Img_7970 Img_7972 みんなが大体やった事のあるこの練習。脇締め、エビ、逆エビ、横跳びその他様々な基本動作の練習などをどのような場面で使う動きなのかという説明をつけて丁寧に指導してくださいました。

この地味な基本練習がかなりきつい!!子供達もこの練習だけでもうふらふらになってしまいました。

大変暑かった為、多めに水分補給と休憩を入れていましたがそれでも子供達はしんどかったようです。

残念ながら何人か熱中症の症状が出てしまいました。

しかしながら、この講習の内容は自分にとっても大事にしていきたいところだったので大変ありがたい!!

Img_7976 次に寝技の攻防の指導をしてくださいました。お互い向かい合った状態での寝技の稽古が必要であると指導していただきました。

Img_7979 Img_7980 Img_7981 Img_7982 Img_7983 その後寝技の乱取を行ったときに、『寝技で下になってカメになることを禁じます。必ず向かい合うように攻めてください』と注意。

これはいつも川口道場で注意している事と同じ。こうする事で常に動きのある稽古ができます。とても良い練習が出来ました。

予定ではがっつり乱取りの予定でしたが熱中症のこともあり1時間ほど早く終了しました。

Img_7987 2日目は、前日のこともあり朝練も少し抑え気味の練習でした。

朝食をとり武道場へ移動。

2日目は、前日の講習のおさらいと、寝技の相手の足を捌く方法の指導、それから組み手の指導をしてくださいました。組み手の指導は、早く2つ持って組むという重要性を指導してくださいました。

Img_7990 とくに道着をずらすというテクニックの重要性を教えていただきました。

負けたくない=組み合わないという柔道が多くなってきている。しかしその事が後々一本を取る柔道の弊害になるという話でした。

なので全日本ジュニアの練習では、組むことをどんどん練習しているそうです。そして強い選手、伸びている選手は、皆組む能力がとても高いそうです。

いくつか組み手の指導をしていただいた他にも、江種先生の背負い投げ、松本先生の送り足払いなど、得意技の紹介もして頂きとても内容の濃い講習会をして頂きました。

次に休憩を挟んで、乱取りを行ないました。この乱取りのやり方も少し変わっていて、お互いに組み合った状態からスタートします。

この様なスタイルの練習は、川口道場に持ち帰ってどんどん取り入れていきたいと思いました。

何本か組み合った状態での乱取りをしてから、ふつうの乱取りを5本行いました。本数は少ない本数でしたが、講習で聞いていた事をどんどん活かした練習が出来ていたと思います。

こうして2日目の練習終了。

3日目は前日より少し気温が落ちたため朝トレーニングもみっちり行いました。

そして練習の方は、実戦形式の練習を行ないました。

Img_7995 Img_8002 Img_8005 Img_8008 福井県の選手達は、体重別に分かれてこの稽古をどんどん行い、非常に良い内容の練習を行なっていました。

こうして3日間の練習は終了。

今回どうしても暑さという最大の敵がいたため、練習量としては少なかったと思いますがその分とてもためになる講習会が聞けたと思います。今日本とトップクラスの人たちはどのような練習をしているのか、どのようなことを意識しているのか、そしてどのような柔道を目指しているのか、その部分が垣間見れる内容でした。

この練習をまた福井県に持ち帰り、福井県でも広めていきたいと思いました。

さて、練習では、この様な感じで簡単にまとめさせていただきましたが、自分が今回参加させていただいてとてもよかった!と感じることが出来たことがありましたので次はそちらを綴っていきたいと思います。

つづく

|

« 練習の甘さ | トップページ | 意識改革 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

赤ペン先生、合宿お疲れ様でしたhappy01


合宿の内容、大変参考になりましたsign01


自分も今、次男と自主練習で、組み合ってからの乱取りを行っています。


しっかりと二つ組む→相手を動かす(崩す)→技をかける→連続させる→必ず投げるsign03 を意識させています。


この夏がひとつの山だと考えています。

秋の県大会に向けて、キッチリ仕上げて行きたいですdelicioussign01


お互いに頑張りましょうsign03

投稿: ロードマスターズ | 2011年7月21日 (木) 10時19分

ロードマスターズさんコメントありがとうございます。
今回の合宿での講習会は大変ためになりそして実践していきたいものだと感じることが出来ました。
2つ持つ重要性と道着のずらし方、そこからの技の入り方など、細かい部分の指導が大事なのだと感じました。
この夏は、本当に大事な夏となるでしょう。
お互いがんばりましょう!!

投稿: 赤ペン先生 | 2011年7月23日 (土) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/40872928

この記事へのトラックバック一覧です: 北信越ブロック強化合宿:

« 練習の甘さ | トップページ | 意識改革 »