« やった通りになる!! | トップページ | 第1回福井県柔道整復師会会長杯少年柔道大会 兼 第38回福井県少年柔道大会 »

2011年6月29日 (水)

国際柔道連盟試合審判規定『少年大会申し合わせ事項』変更点

平成23年6月6日に審判委員会において国際柔道連盟試合審判規定『少年大会申し合わせ事項』いくつかの変更があったようだ。

お世話になっている先生がFaxしてくださった内容では、以前までの国際柔道連盟試合審判規定『少年大会申し合わせ事項』に4つほど変更がなされていました。

1.相手の後ろ襟、背部又は帯を握ること関係

内股に限らずケンケンではいる技(例えば大内刈・大外刈等)を対象とする。この場合、連絡・変化技が途切れるまで認める。

2.関節技絞め技を用いる事。関係

立ち姿勢のとき、『腕返』(俗称)を施した場合は、『反則負け』の罰則を与える。

3.寝技関係

寝技の攻撃・防御において、頸の関節及び脊椎等の故障につながると審判員が判断したときは『待て』の宣告をする。

4.置き換えるもの 第20条(一本)附則

絞技においては、『技の効果が十分現れた場合』を適用し、審判員の見込みによる『一本』の判定を下す事が出来る。(中学生)

以上この4つが、変更点として書かれていました。

1は、今までケンケン内股等をかける場合は・・・・・と書かれていましたが、これから内股に限らず背部を握ってもケンケンで追っていけば奥襟が認められるということなんでしょうか?

2は、『腕返』を少年の試合で見た事がないのですが、安全配慮を考えると当然のような気がします。今少年でもこの技が使われるのでしょうか?それとも『足を持たない肩車』がすっぽ抜けた時にこのような形になってしまうのでしょうか?

いずれにしても安全面を考えると当然のような気がします。

3は、今までも『頸の関節及び脊椎等の故障につながると審判員が判断したときは『待て』の宣告をする。』という文面はありましたが、今回『寝技の攻撃・防御において』という一文が付け加えられました。
以前まではたぶん、防御中心に考えられていたと思われます。寝技の防御をしているものが無理に踏ん張り頸の関節及び脊椎等に危険な場面があったため、事故を未然に防ぐ意味での『待て』だと思いますが、最近相手の頚を極めながら押さえ込む方法が流行ってきておりその事に対しての変更なのかと感じました。

4は、中学生において絞め技の見込み『一本』の事ですが、これも安全配慮の変更だと思います。

これらの変更点を見て、審判の技術により勝敗が左右しやすくなってきていると感じます。

目まぐるしく行われている変更点に審判員がしっかり着いていけるのでしょうか・・・・・・・

まだ曖昧な解釈しか出来ていないので、しっかりと掘り下げて勉強したいと思います。

|

« やった通りになる!! | トップページ | 第1回福井県柔道整復師会会長杯少年柔道大会 兼 第38回福井県少年柔道大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

赤ペン先生、おはようございます。


毎年目まぐるしく変わる審判規定、指導者も日々勉強ですね。


先日の説明会でも、国際試合はもちろん、少年柔道でも、県大会クラスでは、道着がミズノに統一されるとの事。


外国選手の道着対策だと思うのですが、どうなんでしょうかsign02


また、指導者資格制度、三段以上との事ですが、これも妥当なのでしょうかsign02


ちなみに自分は弐段です…

投稿: ロードマスターズ | 2011年7月 1日 (金) 07時38分

ロードマスターズさんコメントありがとうございます。
本当に次々と変わっていく審判規定に追いつく為、日々勉強していかなくてはいけないですね!!

それと、道着の件ですが、国際規格の道着はミズノさんだけというわけではないようですよ!!

こちらをご参照ください。
http://www.judo.or.jp/

各県によって違うのかもしれませんが、道着を統一するという話は聞いた事がありません。

ちなみに自分たちは、親切丁寧は対応をしてくださる、早川繊維大阪支店さんにいつもお世話になっておりますwinkgood

資格制度については、これから大変であろうと思います。とくに少年指導の指導者の人数確保がとても難しくなるのではないかと思います。
しかし、そのくらいしっかりした指導者でないとこれからの安全指導を行っていけないと判断したものと思われます。

段位は柔道の修行年数が係ってくることから、一番妥当な3段くらいというのをC級の最低ラインに設けたように思います。

少年指導者の人数確保の事を考えるとこれから大変なのは目に見えておりますが、『柔道は安全である』という信用を得るためには、仕方ないのかもしれませんね。

投稿: 赤ペン先生 | 2011年7月 1日 (金) 10時46分

赤ペン先生、丁寧な回答、ありがとうございました。


大変参考になりましたsign01


今後も、少年柔道に携わっていけるように頑張りたいと思いますsign03

投稿: ロードマスターズ | 2011年7月 2日 (土) 08時55分

ロードマスターズさんコメントありがとうございます。
今後ともお互い頑張って柔道を盛り上げて行きましょう。
これからも宜しくお願いします。

投稿: 赤ペン先生 | 2011年7月 4日 (月) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/40599072

この記事へのトラックバック一覧です: 国際柔道連盟試合審判規定『少年大会申し合わせ事項』変更点:

« やった通りになる!! | トップページ | 第1回福井県柔道整復師会会長杯少年柔道大会 兼 第38回福井県少年柔道大会 »