« 全日本カデ体重別選手権大会大会 | トップページ | 久しぶりの出稽古 »

2011年4月13日 (水)

一番大事なこと

桜の開花宣言が発表され、春真っ盛りの今日この頃cherryblossomcherryblossom

春は出会いの季節。

川口道場にも、新しい体験入門者が続々と訪れている。

新人担当の自分としたら、とても忙しい時期になってきた。

さて、新人を前にして何から指導をすべきか?っと考えた時、自分は柔道で一番大事なこととして教えているものがある。

柔道で大事なことは沢山あると思うが、自分の中で一番大事なものとして子供達に伝えているもの・・・・

それは、『礼法』である。

柔道における礼法とは、

『人と交わることにあたり、まずその人格を尊重し、これに敬意を表する事に発し、人と人との交際をととのえ、社会秩序を保つ道であり、礼法は、この精神をあらわす作法である。精力善用・自他共栄の道を学ぶ柔道人は、この内に礼の精神を深め、外に礼法を正しく守ることが肝要である』

とされています。

自分は一番最初に、この事を、子供達に伝えるようにしています。

とはいえ、幼児や小学生にこのまま言ってもなかなか伝わらないと思うので、自分なりに工夫し、子供達に伝えやすくするため事、『感謝』という言葉を使い、みんなに説明しています。

柔道が強くなりたいと願う人は、初心者であろうと、だいたい皆そのような気持ちを持っています。
しかし、強くなるためには、練習が必要です。より強くなるためには、練習相手が必要です。また練習場所が必要です。
それらの事すべてに感謝する気持ちというものがあれば、自然とその輪が広がっていき、より良い環境というものが整っていくと思います。自分自身の態度一つでその周りの環境がより良い方向に変化すると思っています。

そして、この『感謝する心』、『ありがとうの心』があれば、自然と相手を尊重しその気持がしっかりとしていれば、自然と態度になって現れてくると思います。

早速何人か川口道場に体験に来ている小さい子達も、しっかりとした礼法を覚えてくれました。

しかし、この礼の精神を伝えていく事の難しいのはこれから!!

最初に、礼法を教えて、しっかりとした礼法が出来るようになった子でも、月日が流れていくと段々疎かな形だけの礼法になって行きがちです。

なかなかこの礼の精神の本質的な部分を伝えるという事は伝わっていきにくい事だと感じています。

でも、我々指導者は、その度に、しつこく礼の精神を伝えていかないといけないと思います。

柔道を練習して行けば、強靭な力を手に入れることが出来るでしょう。鋭い技を身に付けることも出来ます。

柔道で手に入れる、力(精神力)をより良い方法で使う事により大変便利な道具としてその人を助けてくれるでしょう。
しかし、その力を間違って使えば、大変危険な凶器にもなりかねません。

柔道を指導するものとして、まず最初に、力の使い方をしっかりと指導し、それを通じてより良い環境を築き上げて行ってもらいたいと思っています。

さて、今日の練習でも、この一番大事なことを、柔道の入り口に入りかけている子供達に楽しく伝えて行きたいと思います。

|

« 全日本カデ体重別選手権大会大会 | トップページ | 久しぶりの出稽古 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

赤ペン先生、お久しぶりです。


旭柔道協会も、一ヶ月振りに練習再開のめどが立ちました。

明日から練習再開ですsign03


一ヶ月の遅れを取り戻したいです。


これからも、よろしくお願いします。

投稿: ロードマスターズ | 2011年4月16日 (土) 18時26分

ロードマスターズさんコメントありがとうございます。
練習再開おめでとうございます。
一ヶ月間という長い間本当に大変だったと思います。
これから思う存分稽古を楽しんでください。
まだ、地震の傷跡があり大変だと思いますが、がんばってください。福井の地より応援しております。

投稿: 赤ペン先生 | 2011年4月17日 (日) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/39595379

この記事へのトラックバック一覧です: 一番大事なこと:

« 全日本カデ体重別選手権大会大会 | トップページ | 久しぶりの出稽古 »