« 県民福井に!! | トップページ | 全日本カデ体重別選手権大会大会 »

2011年4月 9日 (土)

新チームの雰囲気

4月に入り、もう8日が過ぎた。

新チームになった川口道場の練習の雰囲気はまずまずのスタートを切ったと思う。

みんなとにかく元気が良い。

うまい下手はとりあえず置いておいて、この元気な雰囲気は大事にしていきたい。

さて、今日は乱取り練習日。しかし、前半は自分ひとりしか指導者がいなかった。

最近、何人かの体験入門があり自分はそちらに付きっ切りになってしまっているので、前半は寝技の反復練習を行うことにした。

一通り、礼法と受身の指導をし終えて皆の練習を見てみると、反復練習だけで汗だくになっている子たちがいる。高学年だけでなく低学年の子にもそういう子がいるというのはなかなかの成長だと思う。

まだどうしても先生に見てもらわないと一生懸命できない子がいるなかで、低学年ですでに自分で考えることの出来る反復練習が出来ている証拠である。この姿勢は大いに評価してあげたいものである。

体験入門の子供達の練習が終わり、川口先生も来たので、乱取り練習に取り掛かった。

この練習で気になったのは、『温存練習』である。ペース配分を考えた練習の行い方で、なんというか動きに爆発力のようなものがあまり感じられない。ある程度まで相手を崩しているのにそこで一服してしまうので結局極めきれない。

この辺が新チームの大きな課題でしょうか。練習がきついのは良くわかるが、練習を最後までやりきることを目標とした長距離ランナーのような練習ではなく、自分の力を高めていくための爆発力のある我武者羅な練習というのを今の時期は行っていってもらいたい。

最初は練習を最後までやりきれないかもしれないが、このことを繰り返していくことで最後まで練習についてこれるようになってもらいたい。

寝技のあとは、打ち込みを軽く行って、立ち技の乱取りを行った。

立ち技の練習では、全体的に良い練習が出来ていたと思う。特に新3年生がとても活き活きとした元気のある練習を行っていた。高学年の子達よりも目立っている練習をしているように感じた。

このことを、褒めてやると高学年の子も『負けてなるものか』とさらに盛り上がる。

(本当は逆が理想的なのだが・・・・coldsweats01

最後はとても良い雰囲気のなかで練習を終えることが出来た。

なにか今年の新チームは、高学年VS低学年の練習の雰囲気合戦のようになっている。

これは今までのチームには無かった雰囲気である。このような雰囲気の中で切磋琢磨していき、お互いに強くなっていってもらいたいものだ。

今年のチームはどのように成長してくれるのか非常に楽しみである。

|

« 県民福井に!! | トップページ | 全日本カデ体重別選手権大会大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/39540603

この記事へのトラックバック一覧です: 新チームの雰囲気:

« 県民福井に!! | トップページ | 全日本カデ体重別選手権大会大会 »