« 合同練習試合会 | トップページ | 謹賀新年 »

2010年12月31日 (金)

赤ペン先生が選ぶ 平成22年思い出ベスト10

もう1日寝るとお正月wink

nightsleepysunhappy02fuji

月日の流れるのも早いもので、もうこの季節がやってきました。

そう、毎年恒例の・・・・・

赤ペン先生が選ぶ 平成22年思い出ベスト10 sign03  です。

今年ももうあと一日で終了します。思えば今年も色んなことがありました。

子供たちも今年一年でさまざまな成長、変化を起こしてくれました。

そんな今年を振り返り印象に残った思い出を綴って行きたいと思います。

まず第十位

全日本武道錬成大会note

平成22年8月1日に日本武道館において行われた 全日本武道錬成大会が第十位です。柔道の聖地である日本武道館で行なわれるこの大会。今回は川口道場の高学年、低学年両方の参加でした。

今回の川口道場のチームは、低学年4年生5人、高学年5年生4人6年生1人という布陣で挑みました。

今年もたくさんの全国の柔道少年少女たちが熱戦を繰り広げました。

川口道場の結果は両チームとも一回戦負けといまいちの内容でしたが、全国の柔道を肌で感じることができ柔道に対する意識が高まることができた大会でした。

続いて九位

川口道場王座決定戦crown

平成22年8月26・27日に川口道場において行われた第5回川口道場王座決定戦。
初日に高学年・2日目低学年と別れ、川口道場の王座をかけて熱い試合を繰り広げました。

高学年は川口道場唯一の6年生Y雅が5年生達の挑戦を退けて見事優勝!!低学年の部は、まさかの一年生K志が優勝という意外な結果でした。

このほかにも数多くの番狂わせがあり、見ているほうも熱くなるとても面白い大会でした。

この大会の最後には今年初めての試みでY雅とK平に投の形の演武が行われました。

第八位

松任合同練習会snow

平成22年12月26日(日)に白山市松任啓武館において行われた、松任柔道スポーツ少年団さん主催の合同練習試合会が8位にランクイン!!

時間で区切りローテーションを組んで沢山のチームと試合を行なう練習試合方式で、新潟、長野、富山、石川、京都、福井の有名チームと練習を行なうことが出来ました。

多くの練習試合が行われたくさん負けた試合がありましたが、その負けを次の成長の糧にしてくれているのか試合を繰り返すたびに少しずつ良い動きになってきました。

今年最後の遠征で、この合同練習会をきっかけに大きな変化を起こしてくれる子が何人かいました。出稽古による効果というものに魅力を感じる事ができた練習試合でした。

第七位

越前市合宿

第七位にランクインしたのは、平成22年5月1・2日に越前市武道館において越前市柔道スポーツ少年団さん、柔整会柔道教室さん、川口道場の3チームにより行われた越前市合同合宿。

2日間本当に厳しい追い込んだ練習をしていました。いつもと違う相手で、色々な攻め方をしてくる相手なので、いつもより肉体的、精神的にもきついようでした。

特に、川口道場の3年生の子達は、周りの学年に比べ自分を強くしようという意識がまだ芽生えていないので、その学年に付いて叱咤激励をし練習を行いました。

早速涙まみれの練習となりましたが、合宿の後半の練習で大きく意識が変わったのが2年生の子達。今までは厳しい練習になると力を抜いて休んでしまうところがあったのですが、今回は最後まで力を抜かない練習ができていました。この学年でこの練習内容は厳しいと思いましたが、『やり抜こう!!』という意識が芽生えると学年など関係なく成長をするものだと感じさせてもらいました。きっと周りのチームの意識の高い子供たちに刺激を受けて起こった変化でしょう。

第七位にはこの低学年のこの劇的な意識変化がおこった越前市合宿を選びました。

第六位

醍醐敏郎杯全国少年柔道大会shine

平成22年11月21日に松本総合体育館において行われた醍醐敏郎杯少年柔道大会。

今年は、高学年、低学年各1チームずつの参加でした。

高学年はM里、鰐湧、Y雅、T晟、K平の5・5・6・5・5年生といったほとんど5年生主体チームで参加。

低学年は、K志、Y太、M穂、Y亮、T太の1・2・3・4・4年生で参加しました。

この大会、高学年の試合前にトラブル発生。なんとキャプテンのY雅が持病である喘息発作を起こしてしまいました。症状を見て無理をさせることは出来ないと判断し子供たちを集めて今回Y雅を棄権させるよう話をしたが、そのときY雅が泣きながら『試合に出させてください!』と懇願してきた。今まであまりそのような姿を見たことがなくあまり無理をさせたくは無く、一度はダメだとなだめたが、あまりにも真剣に願い出てくるので、保護者の方と相談させていただき試合前までに症状が落ち着いたら試合に出場させることを決断した。幸い症状も一時的なもので落ち着き何とか試合に出場することが出来た。試合ではそのY雅の活躍もあり初戦は4-1で勝利することが出来た。この大会では2回戦で残念ながら敗れてしまいましたが、このキャプテンのチームを思う気持ちに感激した大会でした。

第五位

ひのまるキッズ北信越小学生大会&第6回児玉杯争奪少年柔道大会

平成22年11月23日(祝火)に越前市武道館にておこなわれた児玉杯争奪少年柔道大会。そして、同日に富山県アルビス小杉総合体育センターにおいて行われたスポーツひのまるキッズ 北信越小学生柔道大会。

この日は、福井県で児玉杯、富山県でひのまるキッズとふた手に分かれて試合に参加しました。

まずは福井県で行われた児玉杯。この試合には善雄先生と自分が引率して大会に参加しました。

この大会は低学年1・2・2年生、中学年3・4・4年生、高学年5・6・6年生で構成される3人制の団体戦で、予選リーグ1位で争われる決勝トーナメントとそれ以外で争われる交流トーナメントが行われました。たくさんのチームと試合が出来、とても面白い試合が出来ました。
特に高学年の第一試合で、いつもお世話になっている滋賀県の湖東錬成館さんとの試合での大将戦。お互い守らずガンガン技を掛け合うとてもいい試合が出来ていました。

そして富山県で行われたひのまるキッズ北信越小学生柔道大会には、川口先生が引率して大会に参加。初めての参加で、試合のほかにさまざまなイベントが行われたそうです。

そんななか、一年生のK志が、激戦を勝ち抜き見事優勝!!決勝の相手は長野県遠征で練習をした事のあるライバルの子との対戦でした。動画を見ましたがしっかり組み合っての決勝戦の戦いは非常に良いものを感じました。

また、この試合に参加していた一年生のR香が、非常に良い礼法をしていたらしくマナー賞という賞状をいただきました。

二手に分かれての試合というところで不安がありましたが、予想を上回る良い試合をしてくれた大会でした。

第四位

長野強化合宿

平成22年8月7日・8日に長野県へ毎年恒例の強化合宿。

いつもお世話になっている長野県の旭日柔道場さんにお声を掛けていただき2日間合同練習を行ないます。今回で3回目の参加となるこの練習会。毎年、肉体的、そしてなにより精神的に大きく成長をしてくれるとてもためになる練習会となっています。

今回は、車三台に乗り込み出発rvcarcarrvcardash

長い道のり、車の中では子供達が遠足気分で大騒ぎsign03みんなでお出かけするという事だけでテンションが上がってしまうのでしょう。ものすごい騒ぎようでしたねsweat01
これから始まる地獄のような練習があることもしらずに・・・・・・・catface

今回の合宿はのっけからハードな練習でした。練習が終わったあとにも山へのランニング、朝も朝練、そしてまたハードな練習・・・・

思わず涙してしまうようなそんなれんしゅうでしたね。

子供達は取ってもきつい経験をしたと思います。それでも、『楽しい』と言っている子供たちの精神的成長をうれしく思いました。

第三位

川口道場夏合宿

平成22年8月21・22日に川口道場において行われた毎年恒例の道場合宿。

いつもは7月の中旬に行っていたこの合宿ですが、試合の関係等もありこの時期に合宿を行うことになりました。

土曜日の午前中に仕事を済ませ、午後から合宿がスタート。まず最初に子供たちを4つのグループに分け班別行動の説明と今回の合宿の目的を説明しました。

高学年は自分のことはもちろん後輩達の面倒を見なくてはいけませんし、低学年の子はみんなで協力して団体行動を行わなくてはいけません。

そのことを確認してから合宿スタート。この日は非常に暑い日で、体操の段階で子供達はすでに汗だくになっていました。

でも、とっても楽しそうな子供たち、厳しい練習、おいしい夕食、みんなではいるお風呂、そして精神修行?色々なことがありました。

また、深夜には、島根で行われた全国中学生柔道大会にて見事5位入賞したN桜が、この合宿に参加したいがために試合で疲れているはずなのにわざわざ福井に帰ってきました。そして夜中の3時にかえってきたN桜も朝練を行っていました。

2日目もいろんな練習をし無事けが人も出ず終了。練習のあとはみんなでBBQ大会。

みんなでお腹いっぱいになりとても楽しい夏合宿でした。

第二位

坂井町団体大会

平成22年11月14日(日)に坂井町武道館において行われた第9回坂井町柔道団体大会。

幼年・初心者の部、1・2年の部、3・4年の部、5・6年の部、中学生の部に分かれて熱戦が繰り広げられました。

今回のこの大会で、川口道場は大躍進。なんと全部門で優勝という快挙を成し遂げました。

試合の結果がよかったというのもありますが、今回のこの大会は団体戦ということもあり、各チームが一丸となれた大会でした。

仲間が戦っている姿を必死で応援し、その応援を自分の力と変えて戦う子供たちの姿に大きな成長を感じることが出来た大会でした。

試合の勝ち負けだけでなく、この試合に取り組む姿勢、そして仲間との絆が生まれることが確認できた大会でした。

そしていよいよ今年の第一位!!

寝技師決定戦&納会

今回堂々の1位にランクインしたのは 平成22年12月11日(土)に川口道場において行われた寝技師決定戦と納会でした。

まず、寝技師決定戦では、川口道場特別ルールで、寝技だけの試合を行いました。寝技を大事にして指導しているのでこのような大会で少しでも寝技に興味を持ってもらおうと行っている大会です。

今年のこの大会もみんなガンガン攻める寝技を見せてくれました。優勝したのは高学年はキャプテンの意地を見せてY雅が優勝。低学年は、一年生のK志が見事優勝で幕を閉じました。

寝技師決定戦のあとは、川口道場の練習を締めくくる納会が始まり、おいしい料理と、柔道談義、そして楽しいビンゴゲーム,そして一番の感動シーンは、子供たちと保護者の方々からサプライズで今年の日整全国大会で優勝された川口先生にお祝いの品が送られました。このあったかい雰囲気が川口道場の良いところ、みんながみんなを思いやり支えあう自他共栄の精神を感じることが出来た出来事でした。よってこの寝技師決定戦&納会が今年の赤ペン先生が選ぶ平成22年思いでベスト10堂々の第一位とさせていただきました。

本当に長々とすみません。もっと簡潔にまとめたったのですが、思い出がありすぎてしまって・・・・・・・・こうして思い返せば本当に色々とありました。このほかにも色々書ききれないくらいの出来事があったと思います。今年一年感じたことそして課題を大事に来年もがんばって行きたいと思います。

最後になりましたが、今年もこのようなまとまりの無いブログにお付き合いいただき誠にありがとうございます。たくさんの方からブログにコメントをいただいたり、会場でお声をかけていただいたりして温かいお言葉を頂戴いたしました。来年もこのことを大事にそしてここで学んだことを活かして子供たちの成長を促して行きたいと思います。本当にありがとうございました。そして来年もよろしくお願いします。

それでは皆さん、良いお年を!!

|

« 合同練習試合会 | トップページ | 謹賀新年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/38282812

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ペン先生が選ぶ 平成22年思い出ベスト10:

« 合同練習試合会 | トップページ | 謹賀新年 »