« 声を出せ!! | トップページ | 第5回坂井市民スポーツ祭(兼)第3回坂井市少年柔道大会 »

2010年10月 9日 (土)

きっかけ

今日の練習はいつになく気合の入ったすばらしい練習が出来た。

最初の体操から非常に一生懸命でいて活気のある雰囲気だった。

この気合の入った練習の原因・・・・・・・

この日、ジャパンスポーツコミッションの方が来月11月23日に行われるスポーツひのまるキッズ北信越小学生柔道大会の説明と川口道場の雰囲気を取材したいとやってきたのである。

子供達は、知らない人に見られているカメラで写真を取られているということでいつもより気合が入っていたようだcoldsweats01(いつもこれくらいやってもらいたいものだ)

金曜日にやる回転運動のあとの簡単なトレーニングでも、いつも以上の運動量。

反射神経と心肺機能を高めるトレーニングでは、動きに付いてこれないと途中で脱落してしまうメニューでも大半の子が最後まで生き残った・・・・・

その後も寝技の反復・乱取り・打ち込み・元立ちと休憩を入れずに行ったのだが最後まで集中力を切らさずに練習をやりぬいていた。

ちょっとした変化でも子供達は敏感に反応する。最近良い雰囲気だと感じていたところが飛躍的に変化していった。

特に低学年、幼児の子達がいつもより張り切って練習に取り組んでいたのが印象的であった。子供らしく元気よくそれでいて非常に楽しそうに練習していた。

このような雰囲気は少年柔道においてとても大事なことだと思う。今日の練習では理想に少し近づけたような気がした。

ちょっとしたきっかけで子供達は大きな変化をもたらす。

このきっかけで大きな変化に繋がったということを子供達にも気づいてもらいたいしこの気付きを今後にも活かしてもらいたい。

取材が終わり、記念撮影を終えたらいつもの居残り練習。

本来は中学生以上の練習だが、金曜日は次の日が休みということも有りたくさんの小学生の子も居残り練習を希望してくる。この日もたくさんの練習生が残っていたのだが、その練習の取り組み方を見ていて少し物足りなさを感じた。

練習も長くなってきて疲れが出てきているからかもしれないが、非常にゆったりとした緊張感のない練習に思えた。

なので、練習のやり方を変更。中学生以上と小学生に分けて交互に交代しながらの乱取りとした。一本やったら一本休める。その代わり中身の濃い練習をしてもらいたかった。

この日来ていた中学生と高校生の子達が、非常にお手本となる練習をしてくれたおかげで小学生の子達の動きが劇的に変わった。

『百聞は一見に如かず』

まさにこの言葉どうりであった。

お互いが技をかけあい、ギリギリの攻防をする。お互いに投げきろうとする意識が出てきた。そのせいで投げられる場面もあったが、この投げようとする気持ちを大事にしてもらいたかったので

『投げられることを恐れるな、投げようとする気持ちを前に出せ!!』

と檄を飛ばした。

このような練習になってから練習の雰囲気ががらりと変化。自然と大きな声があちらこちらで聞かれた。時間が時間だけに近所迷惑になるのではないかと心配になるほどの本気の声・・・

この取るか取られるかのギリギリの攻防がやっている者も、見ている者も熱い気持ちにさせてくれたのだろう。
この先輩達が教えてくれたきっかけによりこの日残っていた子達には、非常に大きなそして大事な柔道の心が少しわかってもらえたような気がする。
練習後、

『今回経験したこの雰囲気。これを経験することが出来たのは非常に大きい。この変化するきっかけを大事にするか今日だけで終わらすかは自分自身次第。このきっかけにより気付いた事を今後に活かしていけることが出来るかが今後の課題である』

と伝えた。

今日一日の練習で、たくさんのきっかけをもらえた。自分自身もこのたくさんのきっかけを今後の指導に有効に活かして生きたいものである。

|

« 声を出せ!! | トップページ | 第5回坂井市民スポーツ祭(兼)第3回坂井市少年柔道大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/37146004

この記事へのトラックバック一覧です: きっかけ:

« 声を出せ!! | トップページ | 第5回坂井市民スポーツ祭(兼)第3回坂井市少年柔道大会 »