« 伝わる言葉 | トップページ | きっかけ »

2010年10月 5日 (火)

声を出せ!!

『声を出せsign03

よくこのように指導する場面がある。

川口道場では、元気よい練習の雰囲気を目指しているためによくこの言葉を使っている。

最近では、体操のときでもみんなで声を出してだんだん良い雰囲気を作れるようになってきている。

しかし、今日の練習を見ていると、少し気になることが・・・

というのは、全員が一応声を出しているのだが、その声にだいぶむらがあることである。

一生懸命出しているこの声は非常に力強く、ただ声を出している子は、ただ声を出せといわれているから声を出しているだけの覇気の無い声である。

声一つで本気かどうかを判断することが出来る。

そこで特に声だしをあおることなく、しばらく黙って観察することにしました。

本気の声を出している子は、キャプテンの指示にいち早く反応し動きも実に機敏である。それに比べて本気の声を出していない子は注意力が散漫で、指示とは違う動きをしたり、隣の子にしゃべりかけたりする。
そして、本気の声を出していること子とそうでない子のほかにもやたら自分と目が合う子がいる。自分と目が合うと大きな声を出して機敏な動きをする。そうして決まってもう一度自分のほうを見てやってますアピールをしてくる(*゚∀゚)=3ハァハァ

一通り子供達を観察し回転運動が終わったところで子供達を集めて、なぜ声を出すのか?ということを質問してみた。
以前一度説明してあったのだが難しい話しだったために断片的にしか覚えていなかったようでいした。
なので、もう一度説明!!

声を出すことにより、最大筋力の発揮を手助けするということ。声を出すという行為が脳の制御(リミッター)をはずす役目をしてくれるということがあります。ハンマー投げの選手が投げたとき爆発的に叫ぶのもその効果を期待してのことだそうです。
柔道では主に投げる瞬間に『ヤー』と気合とともに投げますがこれも、この効果を期待してのことでしょう。

このほかにも、感情を高めるという効果もあります。なので準備体操などで積極的に声を出して気持ちと体を高める効果が期待されます。こうすることで短期間で効率よく体をほぐしウォーミングアップを行うことが出来ます。

そして声を出すことによる集中力の向上もあります。今回観察していて、声を終始出しているこの動きは格段に良いものがあり集中力の向上に役立っているようです。

とまあこのようなことを説明し、最後に『何事も本気で取り組むという姿勢が大事、この本気を出しやすくする方法の一つで声を出すということが大事になってくる』と説明して練習を再開しました。

今回説明したことは、『スポーツオノマトペ』というもののパフォーマンス向上効果というものの一部であり、子供達には少し難しい内容だったかもしれないが、用は本気で物事に取り組むという大事さを伝えたかった。

その後の練習で劇的に変わったかというと・……ビミョーでしたがcoldsweats01このような声掛けの繰り返しで子供達の変化が生まれることを期待したい。

次回の練習がどうなるか( ̄▽ ̄)非常に楽しみです。

|

« 伝わる言葉 | トップページ | きっかけ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントさせていただきます。

いつも大変ためになるブログをありがとうございます。

声を出すということをただ言うのではなくしっかりその理由も教えているのですね!

わたしも元気のある練習を見るのが大好きです。

今度、子供になぜ声を出す必要があるのかを話してみます。
一度川口道場さんの練習を見てみたいなぁ〜

これからもブログを楽しみにしています。頑張ってください。

投稿: やま | 2010年10月 5日 (火) 19時39分

我が道場では、監督が一番声を出していますcryingcryingcrying

投稿: クリリン会長 | 2010年10月 6日 (水) 11時05分

やまさんコメントありがとうございます。
いつもブログをご覧頂ありがとうございます。

声を出すということにより子供達に本気で取り組むということを指導していきたいと思いこの様に声を出させています。
ただ声を出せといっても、なかなか声を出してくれないものですが、なぜ声を出さなくてはいけないのかということを教えて、声を出す事による利点を教えてあげると子供達も本気の声を出しやすくなるかと思います。

そして声を出して一生懸命練習に取り組む子をどんどん褒めて伸ばしてあげたいです。

投稿: 赤ペン先生 | 2010年10月 6日 (水) 12時19分

クリリン会長コメントありがとうございます。
確かに丸岡さんは指導者が率先して声を出していますねsign03
この熱い熱血指導があればきっと、あつ~い指導者が続々と生まれてくることでしょう。

これからも熱い指導を勉強させて頂きます。

投稿: 赤ペン先生 | 2010年10月 6日 (水) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/37079465

この記事へのトラックバック一覧です: 声を出せ!!:

« 伝わる言葉 | トップページ | きっかけ »