« 丸岡合同練習3 | トップページ | 北信越中学校総合競技大会 »

2010年8月 2日 (月)

全日本少年武道錬成大会(柔道)

Cimg0498 平成22年8月1日に日本武道館において平成22年度全日本武道錬成大会が行われました。

柔道の聖地である日本武道館で行なわれるこの大会。今回は川口道場の高学年、低学年両方の参加でした。

前日の夜10時頃に福井県を出発。車中泊で東京を目指します。

武道館には朝の4:30分頃到着。もうすでに全国からたくさんのチームが集まってきていました。

初めて武道館に来た4年生の子達は、その武道館の圧倒的な大きさに度肝を抜かれているようでした。

今回の川口道場のチームは、低学年4年生5人、高学年5年生4人6年生1人という布陣で挑みます。低学年は圧倒的なポイントゲッターこそいませんが、全体的にバランスの取れたチームでした。新人のY未を初めて起用するので不安がありましたが最近の出稽古で急速に力を付けてきたので非常に楽しみでした。
高学年は、5年生4人で厳しい戦いになることが予想されましたが、こちらもこの夏で力を付けてきているので今の実力を測るには非常に良い大会だと思います。

Cimg0500 道場に入り開会式に参加。あまりにも多い人の数に子供たちはそわそわしていました。
このような素晴らしい会場に柔道衣を着て畳の上に立つ事ができる・・・・この経験は非常に貴重な経験だと思います。

そして全国の素晴らしい柔道を見る、そして肌で感じる事、そうする事で柔道に対する意識が高まると考えて毎年この大会に参加しています。

今年もとてもよい経験ができました。

開会式の後は観客席から基本錬成を見学。横沢先生、真喜志先生,鳥居選手の素晴らしい技の講習や向井先生による寝技の基本練習などとても勉強になりました。

基本錬成の後はいよいよ試合錬成開始。試合順番が遅くお昼頃に初戦を迎えました。

まず最初に試合を行なったのは高学年から。初戦の相手は、あの有名な世界チャンピオン岡田弘隆先生が監督を務めるつくばユナイテッド柔道さんとの対戦でした。

川口道場はシードで2回戦からの戦いだったので、一回戦の戦いぶりを見せていただいたのですが、しっかり組んで投げきるといったとても素晴らしい柔道をしていました。

自分達が目指す柔道スタイルheart04力的には向うが上だと感じましたがこのような良い柔道をするチームに挑戦出来るという事は非常に良い事です。

まず先鋒M里。試合開始と同時に大きな声を出し気合十分で相手と組み合います。そこで前に出ようとしたときにいきなりの袖釣り込み腰!!なんとかこらえたのですがすぐに今度は大内刈。前後ろに技をかけられ完全に崩されてしまいそのまま一本負けdown何もさせてもらえませんでした。
嫌な流れで迎えた次鋒の鰐湧。相手は世界チャンピオンのDNAを引く岡田先生Jrsign03開始早々内股と背負いの打ち合いで試合が始まりました。ケンカ四つの組み手で足技、背負いで攻める鰐湧でしたが、技のかけ終わりに大内、内股と攻められます。ひじょうに手に汗握る戦いは内股で危ない場面がありながらもなんとか引き分け。
中堅のキャプテンY雅に試合を託します。川口道場唯一の6年生。なんとかポイントが欲しいところ。試合開始そうそうY雅が前に出ます。そして大内から渾身の内股sign03相手が崩れてケンケンで追い込みます。あと少しというところで場外待て!!このチャンスを逃してしまいます。そのあとは相手の反撃。逆に袖釣り込み腰で危ない場面を迎えますがなんとか腹ばいで逃れます。その後寝技のチャンスを迎えますが極め切れず引き分け。ここで同点に追いつきたかった。
副将T晟は、なんとか頑張りますが、相手のほうが一枚も二枚も上手で払い腰で一本負け。この時点で負けが決定してしまいました。大将のk平の試合は前半あまり動きのない展開でしたがもつれて潰れた際寝技のチャンスが訪れます。後もう一歩というところでまてがかかってしまい絶好のチャンスを逃してしまいました。その直後、このチャンスを決め切れなかったことから集中力が切れてしまったのか組際の袖釣り込み腰についていってしまい一本負け3-0で残念ながら初戦で負けてしまいました。

この高学年の試合とほぼ同時に低学年の試合も始まりました。
相手は埼玉県の新井道場さんでした。
先鋒Y亮は、開始早々相手の大外に出てきた動きを捌いて出足払いで相手を倒し素早く後ろに付いて縦四方に抑えて一本勝ち。練習している立技と寝技が繋がっている非常に良い勝ち方をしてきました。このまま勢いに乗りたい次鋒戦T人の試合でしたが、試合の動きが硬くなりすぎてしまっていました。上半身に力が入りすぎてしまい力で技をかけようとしてしまいます。試合の中盤相手の支えつりこみ足にて技ありを奪われるとその姿勢から引き込んで寝技勝負に出ました。しかし焦って下から攻めたため返そうとした足が抜けてしまい逆に押さえ込まれて一本負け。
悪い流れになった中堅戦で今度はT太が相手を寝技に誘って後ろ袈裟で見事に一本勝ち。2-1とリードする事ができました。
ここで副将のY未。しかしこの場面は新人のY未には厳しい場面でした。この大きな会場そして競り合っている試合展開に完全に地に足がついていない状態。試合開始と同時に不用意に大内をかけたところを返され一本負け。これで2-2の同スコアで大将戦を迎えることになりました。
大将はT弥、4年生の中では一番からだが大きいのだが受けの脆さがありなかなか試合のチャンスに恵まれない子でした。最近ちょっとずつしぶとさが出てきていたのですが、試合の中盤に抱きつきの大内に対応できず一本負け。
2-3で惜しくも敗れてしまいました。

こうして、今年の日本武道館での挑戦は初戦敗退ととても残念な結果に終わってしまいました。しかし、敗れた両チームともしっかり組んで技をかけてくると良いチームだったので子供たちにも良い勉強になったことだと思います。

Cimg0506この日本武道館での経験を今後の成長に伝えて行ってもらいたいと思います。
最後に同行していただいた保護者の皆様本当にお疲れ様でした。そして色々とお世話をして頂きありがとうございました。頑張っている子供達に結果を出させてあげれずもうしわけありません。
この経験を無駄にしないようこれからもしっかり鍛えていきたいと思いますので今後とも宜しくお願い致します。


|

« 丸岡合同練習3 | トップページ | 北信越中学校総合競技大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

赤ペン先生、遠征お疲れ様でしたsign01 川口道場さんの試合、高学年と低学年の試合が重なっていて大変そうでしたがsweat01 どちらも見せていただきましたhappy01 そしてどちらも面白い試合展開に手に汗握りましたsweat01 特に低学年の部は、取って・取られての展開でしびれましたねgood 

その低学年の部の大将戦、僕のイメージとは随分成長しているT弥くんの試合が見れて、負けはしましたが驚きました。

お互い、今年は悔しい思いが残りましたが、収穫ありsign01 でしたねhappy01 来年はスカイツリーを見に行く時間がないくらい、勝ち残りましょうbleah

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2010年8月 2日 (月) 21時31分

裕さんコメントありがとうございます。
裕さんのほうこそ応援&運転お疲れ様でした。
帰りの運転は相当大変だったのではないでしょうか?
試合のほうは両チームとも残念な結果となってしまいましたが、とても収穫のあった試合が出来たと思います。
低学年チームはあと一歩でしたがあの接戦に勝てない部分が自分達の弱いところでしょう。もっと鍛えて行きたいと思います。
丸岡さんもとても手に汗握る試合を行っていましたね。
今度はこの接戦を制して勝ち上がっていけるようにがんばりましょう。

投稿: 赤ペン先生 | 2010年8月 3日 (火) 22時46分

Some time ago, I needed to buy a car for my corporation but I didn't earn enough cash and could not order something. Thank goodness my sister suggested to try to take the business loans from trustworthy bank. Hence, I acted so and used to be satisfied with my car loan.

投稿: ConradTOMMIE34 | 2010年8月 5日 (木) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/35992869

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本少年武道錬成大会(柔道):

« 丸岡合同練習3 | トップページ | 北信越中学校総合競技大会 »