« 第5回川口道場王座決定戦 高学年の部 | トップページ | 写真追加しました »

2010年8月29日 (日)

第5回川口道場王座決定戦 低学年の部

川口道場王座決定戦2日目

この日は低学年の部が行なわれました。低学年の部は試合時間2分で1分のGS方式決勝は3分で2分のGSを採用。
幼児~3年生までの子供たちによって王座が争われました。

この低学年の部は絶対的な優勝候補はおらず、誰が優勝するのか自分もまったくわからない混戦模様。

とても楽しみな試合でした。また、新人の子のデビュー戦ということもありそちらも楽しみな大会でした。

試合前に、試合の礼法やルールを細かく説明。新人の子にはちょっと難しい内容の説明もあったかと思いますが試合を通じて徐々に覚えていってもらいたい。

そして、いよいよ試合開始。

高学年の試合にくらべるとなんともほのぼのとした、微笑ましい試合が行われました。新人の子達は、初めての試合ということもあり、礼法一つにしてもおどおどしながら動いていましたねhappy01
また投げた後に押さえ込みに行かなかったり、自分から転がって受身をしたりしていましたcoldsweats01
Img_6131 Img_6153 でもこの試合は敗者復活戦もあり何試合か試合をする度に少しずつ激しい試合が行えるようになってきました。

なかでも、幼児のT河が1年生の子を大外で投げて有効を取った試合や,これまた幼児のH向が2年生の子を相手に抑え込まれてもそこから2回ほど脱出するガッツを見せるなど幼児の子の活躍がこれからを期待させる面白い内容でした。

結果はというと非常に意外な結果が待っていました。

優勝したのはなんと、一年生のK志!!

この結果には本当に驚かされました。

Img_6147 次々と学年の上の先輩達を撃破していき、いつの間にか決勝にまできていましたね。
Img_6135 決勝は優勝候補として順調に勝ち上がって行ったM穂との姉弟対決。3分間はお互い譲らずガンガン攻めあう好勝負。
Img_6157 Img_6158 ややお姉ちゃんが先々に攻めて優勢のまま3分終了。GSに突入。GSでもガンガン攻めあっていましたたが、M穂が小外で追いかけていったところにK志の内股が炸裂。見事な一本勝ちで川口道場王座決定戦史上初の1年生チャンピオンが生まれました。
決勝戦にふさわしい本当にすばらしい試合でした。

このほかにも2年生の子達が非常に充実した試合を行っていました。中でも光っていたのはY太、Hの2人。二人とも非常に小さいからだの持ち主です。しかしその試合内容はとても気持ちのこもった非常に熱い試合をしていました。二人とも順調に勝ち上がりY太は準々決勝で3年生のM宏に敗れ、敗者復活戦へ、Hは3年生のRと対戦しなんと背負いで技ありを奪いまさかの勝利!!準決勝でM穂に敗れて3位決定戦へ・・・

この3位決定戦が非常に熱い試合でした。まずY太は敗者復活戦を勝ち上がり3位決定戦へ駒を進めました。そこで待っていたのは、先ほど敗れたM宏。早速リベンジマッチが行われました。この試合はお互いに技をかけ続ける好試合。小さいY太が、背負いと大内で攻めればM宏は支えと内股で応戦するという手に汗握る攻防が続きます。2分では決着がつかず勝負の行方はGSへともつれ込みました。この試合でもほぼ互角の戦いが行われましたがGS序盤にY太の背負いで相手を崩す場面が見られこの技が評価されて見事リベンジ達成。一度敗れた相手から勝利し見事3位入賞を果たしました。
もう一つの3位決定戦は、準決勝まで勝ちあがったHと敗者復活戦で勝ちあがってきたRとの再戦。これまたリベンジマッチが行われました。
Img_6156 しかしこの試合はHが見事な背負いと大内刈でこのリベンジマッチを制し再度Rから勝利して3位に入賞しました。

こうして今年の川口道場王座決定戦が終了。

Img_6169 今年の高学年入賞者、低学年入賞者はこの子達でした。

全体の試合を通して、今回の試合では勝ち上がると思っていた子の意外な負けというものがたくさんありました。その負けるパターンで一番多かったのが自分で寝技を試みたところで自爆してやられたり、技をかけて返されて負けることです。
しかし最後の講評で、川口先生が

『返されて負けるというのは全然OKです。この挑戦する気持ちをもって続けて行けばその返されている技も本物になりやがて返されることのない技となるでしょう』

と言っていました。

確かに試合に負けると言うことは非常に嫌なことだと思います。しかしそこで負けを怖がることで技をかける自分から攻めると言うことから逃げてしまっては、いつまで経っても自分の技というのは出来てこないと思います。
この試合で、返されて負けた子達にとっては苦い思い出かもしれませんがこの負けから逃げ出さずしっかりと向き合って返されない技を作っていってもらいたいと思います。失敗を成功に繋げるためにsign03
これも川口道場で大事にして伝えて行きたい志rockこの経験を前向きに捕らえて更なる挑戦をしていってもらいたい。

Img_6159 Img_6162 試合の最後に高学年のY雅とK平による投の形の演武が行われ、この熱い試合が行われた川口道場王座決定戦の幕を下ろしました。
この二人は短い期間ですが、まずまずの演技が出来るまでに成長しました。この形を学ぶことで柔道の技の理合いなどをつかんでもらいたいものです(*^ー゚)bグッジョブ!!

こうして今年の夏休みの練習がすべて終了しました。夏休みもあともう残りわずかですがゆっくりと休んでまた来月から始まる生活に活き活きとトライしていってもらいたい。

|

« 第5回川口道場王座決定戦 高学年の部 | トップページ | 写真追加しました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

川口道場の王座戦、熱戦だったようですねwink 見ているファンとしては、このように波乱の多い試合は見応えがあり面白いですし、成長を感じられて嬉しくもなりますね。柔道の試合の醍醐味がたくさん詰まった王座戦、僕も見たかったですhappy01

それにしても、記事を読んで低学年の部の優勝者には驚きましたcoldsweats02 K志君、ものすごい成長ですね。そして姉・弟対決での弟の勝利、M穂ちゃんもこの敗戦を機にまた更に練習に力が入りそうですね!

うちの団では、おそらくまだ1年生が3年生を倒しチャンピオンになる・・・というような波乱は起きないかもしれませんが、それでも少しずつですが1年生も強くなってきているようには感じています。低学年が高学年の尻に火をつける・・・早くそういう力関係になってきて欲しいと願う今日この頃ですhappy01

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2010年8月29日 (日) 21時29分

裕さんコメントありがとうございます。
今年も非常に熱い試合を繰り広げてくれました!!
自分も低学年の結果には驚いています。1年生が優勝、3位2人は2年生、この結果によって3年生達の奮起を期待したいです。
この試合の後はしばらく夏休み。
休み明けにみんな気合十分の練習をしてくれる事を楽しみにしたいと思います。

投稿: 赤ペン先生 | 2010年8月30日 (月) 14時35分

盛り上がっていますね!
それだけ道場内で切磋琢磨しているってことなんでしょうね。
うちは、まだ、そこまで盛り上がらないですね~
良い意味で火花を散らしてもらわないと!
少しでも追いつけるように頑張ります!

投稿: ガツ | 2010年8月30日 (月) 19時23分

ガツ先生コメントありがとうございます。
この道場内の試合では、柔道のルールや応援マナーそして試合を行う上での心構え等を教えるためにはじめました。
子供たちもこの試合の意味をしっかり理解してくれているからか、勝ち負けにこだわらずしっかり組合返されることを恐れない試合運びをしてくれています。そのせいで勝っていた試合を逆転負けしたりしている子がたくさんいましたが、そのような試合でも次に繋がる試合であると伝えて行きたいです。
ガツ先生のところでもきっと先生の教えを守って白熱した試合をしてくれると思いますよ。
これからも先生のブログ等で勉強させて頂きます。

投稿: 赤ペン先生 | 2010年8月31日 (火) 14時30分

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

投稿: 履歴書の添え状 | 2010年9月 2日 (木) 19時16分

履歴書の添え状さんコメントありがとうございます。
いつも観て下さっているとのことありがとうございます。
これからも宜しくお願いします。

投稿: 赤ペン先生 | 2010年9月 3日 (金) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/36405221

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回川口道場王座決定戦 低学年の部:

« 第5回川口道場王座決定戦 高学年の部 | トップページ | 写真追加しました »