« 越前市合同合宿・2 | トップページ | 福井県柔道体重別選手権大会 »

2010年5月 9日 (日)

合同練習会

平成22年5月3日(祝月)に県立武道館小道場において合同練習会が行われました。

Img_5416 1日・2日と一緒に合同合宿を行わせていただいた、越前市柔道スポ少さんと柔整さんのほかに金井学園jrさんや県武さんと合同で練習をさせていただきました。

午前中は柔整さんの指揮のもと練習開始。

ところが、1日・2日の合宿の疲れがあるからか子供達の動きは非常に重いものがありました。声にもどこか元気が無くテンションが低い・・・・・

このような練習では怪我の恐れがあるな・・・・と感じていたのですが、楽しい雰囲気のトレーニングにより子供達のテンションが復活!!

練習の雰囲気が一気に良い方向に傾きました。そのまま一気に寝技の練習に突入。最初に寝技の反復練習を行ってから、合宿同様な変則的な一本取り元立ちが行われました。

Img_5417 Img_5418 疲れがある中でみんな精一杯の練習を行っていました。

午前中は寝技を中心とした練習内容で終了。

お昼休憩を取ってから午後の練習に突入しました。

午後はまず最初に、今回の新ルールの説明を行い、大きく変わった点を詳しく説明しました。場内外の判定や、いきなりの足取りの解釈の説明、寝技での変更点などを説明して子供たちに新ルールに変更することによる混乱がおこならにように説明しました。

ルール説明の後は、立ち技中心の練習を行い。打ち込み、投げ込みを行った後、ひたすら変則の元立ち練習。

この練習では、普段川口道場にいないタイプの練習相手を捕まえて非常に内容の濃い練習が出来ていたと思います。

苦手としていた動きに対しての対応が練習を行っていくにしたがって出来るように変化していったことがかなりの収穫でした。

しかし課題もたくさんあります。それは攻撃しようとする際、早く技をかけようとして崩しも意識していないところに技へ入ったり足だけかけて技をかけようとしてしまう『無駄がけ』というものが多いことです。今回国際ルールになるということもあり速く攻撃しなければ反則をもらってしまいます。そのことを意識しすぎてしまい崩しもないのに無理に技に入ってしまうということが多くなってしまいました。これには指導者側からも速く技をかけるように煽ってしまっているところがあるのですがcoldsweats01この辺をもう少し考えてしっかり崩すということを意識しなければいけないように感じました。そうしなければきれいな一本を取る事はもちろん下手をすれば大きな怪我につながっていくかもしれません。この辺が子供達の課題でもあり、自分達の課題であると感じました。

元立ち練習の後は最後に各チームごとに分かれてのリレー大会を行って練習終了。最後はみんな笑顔で練習を終えていました。

こうして、無事けが人も出ることなく合同練習終了。たくさんの課題と手応えを感じさせてくれる合同練習会でした。特に合宿に参加していた子供たちにとっては大変つらい練習であったと思いますが、つらい練習から逃げ出さず最後までやりぬいたということはこれからの人生にきっと役に立ってくれることでしょう。

最後に、今回練習をしてくださいました。越前市柔道スポーツ少年団さん、金井学園jr柔道クラブさん、県立武道館さん、柔整会柔道教室さん本当に良い練習をつけてくださりまことにありがとうございました。これからもまたよろしくお願いいたします。

|

« 越前市合同合宿・2 | トップページ | 福井県柔道体重別選手権大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/34595800

この記事へのトラックバック一覧です: 合同練習会:

« 越前市合同合宿・2 | トップページ | 福井県柔道体重別選手権大会 »