« 福井県柔道連盟公式ホームページ | トップページ | 新ルールで審判してみて »

2010年5月11日 (火)

大会をおえて

昨日行われた全国小学生学年別大会予選!!

今回この大会には子供たちそれぞれにそれなりの手ごたえを感じていました。

ここ最近の練習での成長ぶりを見ていて短期間に力をつけたように思えており、この成長を試すにはとても良い機会であると楽しみに大会を迎えました。

Img_5448 午前中は小道場で行われた国体予選の審判をこなし午後からいよいよ大会開始。

まずは5年生から

五年男子45kg級には、鰐湧が参加。

Img_5454 初戦は、いつものように動きが硬くcoldsweats01いつもの動きではないもののしっかり寝技で一本勝ち。
Img_5464 2回戦でひとつの山場であるY選手との戦い。低学年のときからよく戦っている相手だけに手の内はお互いに知り尽くしている中、きわどい勝負でしたが何とか判定で勝利。
準決勝では、苦手としている選手と対戦。両袖の袖釣り込みに前半自分の組み手になれませんでしたが、1分過ぎから徐々に組み勝てるようになってきました。
Img_5470 残り一分はしっかり組んで足技から崩し相手が潰れたところを寝技で攻めるという戦いでしたが、残念ながら判定負け。しかし今までとは違いしっかり組む強さのようなものがついてきました。
続く3位決定戦でも、強く組んで攻め込む柔道が出来ており判定で勝利。しかしもっと切れのある技を身につけてもらいたい。

5年45kg超級にはT晟、K平が参加。

Img_5457 T晟は、初戦を押さえ込みで勝利。2回戦で気持ちの下がった試合をしてしまい敗れた。最近なかなか面白い成長を見せてくれていたT晟でしたが、試合での気持ちのコントロールという部分でまだ課題が残っているようです。

Img_5476 もう一人参加のK平は、一回戦シードで2回戦豪快な払い腰で一本を奪うと続く2回戦では強敵をケンケンで追い込む大内刈で見事に一本勝ち。相手も力の強い相手だっただけにこの一本勝ちは非常に驚きました。
そして迎えた決勝戦。この戦いにはまだ力の差を感じてしまいましたが、相手の攻撃を際どい所で交わし押さえ込まれてもそこから脱出。今まで淡白な性格で簡単にあきらめていたのだが少し粘りが出てきました。しかし最後は払い巻き込みで技ありを取られてあわせて一本負け。しかし、確かな成長を見せてくれました。

5年女子40kg級にNonとM里が参加。

Img_5459 Nonは初戦を一本で勝利し続く準決勝で優勝候補の子と対戦。組み手で常に先をとられて主導権を握られてしまい。有効、技ありを奪われてしまい優勢負け。組合チャンスがあったがそのチャンスを活かしきれずに先に技をかけられてしまい敗れてしまいました。
続く3位決定戦では、その悔しさを晴らすように相手より先々かけて有効を奪い勝利しました。

M里は、一回戦で苦手なタイプと対戦。相手の技を警戒しすぎたのか組み手で自分の組み手を作れずにいました。
Img_5463 しかし寝技のチャンスで後もう少しというところまで追い込みます。しかし体の柔らかい相手を決めきることが出来ず逆に相手の背負いを反対側から落ちてしまい有効。残念ながら敗れてしまいました。

ここ最近で一番力をつけてきたように感じていたのですが、試合に対して同じリズムで戦ってしまいなかなか結果につながっていきません。しかし今積み重ねている力は必ず開花するときを迎えるはずです。その時期が速く来ることを願いたいです。

Img_5452 最後に6年生で唯一参加のキャプテンY雅。初戦、気負いすぎているからか技が空回りするも豪快に投げて一本勝ち。
次の試合に駒を進めました。
次の試合は優勝候補との戦い。前回試合をしたときはあっという間に投げられてしまった子でした。しかし今回はその相手の猛攻を上手く裁きそしてこちらからも攻め込みます。
Img_5474相手のほうがスピードが速く常に先手を取られますが、その中でも自分の形を作り攻めていきます。
寝技でチャンスを作るも極めきれず、両者ポイントのないまま試合終了。惜しくも判定で敗れてしまいました。
まだまだ体の力もなくスピードのないキャプテンですが、試合に対しての集中力はあるようで最後まであきらめないしぶとい試合を行っていました。この気持ちと体がバランスよくなったときこの子の能力は大きく花開くことでしょう。

こうして、今回の試合は終了しました。

残念ながら誰一人優勝することが出来ずじまいでしたが、気持ちの上での成長そしてその気持ちに技術的、体力的な向上が少しずつ近づいてきているように思います。
今回敗れた子達一人ひとりに日頃の練習の成果が確実に見れるようになって来ました。
後はその力を試合でいかに上手く発揮できるようになるかが課題です。

Img_5485 向上している試合内容と結果が早く繋がっていけるように子供たちとともにがんばって行きたい。

最後になりましたが、今大会を主催・運営していただきました福井県柔道連盟の先生方、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

|

« 福井県柔道連盟公式ホームページ | トップページ | 新ルールで審判してみて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

子供達の成長に先生がしっかり向き合っている姿がさすがですね。我が息子も小学生最後の戦いが迫っています。講道館から国際へ審判規定が変わる事に伴い我が県では、五年生以上からは試合時間を三分とし引き分けの時は二分によるゴールデンで決着すると言った内容が盛り込まれました。実力も然れどながら本当に練習を積んだ者が残って行けるような内容かなと思っています。節目の年何とか……と思っている次第です。
話しは変わりますが、先日形の大会があり我が協会の先生が、北信越大会に出場する事に会場は福井県と聞き応援に行けるようになればお会い出来るかなと思っています

投稿: 柔道愛好者 | 2010年5月11日 (火) 23時15分

柔道愛好者さんコメントありがとうございます。
柔道愛好者さんの県ではゴールデンスコアを採用されるのですね。福井県は採用せずの旗判定でした。全部で5分の試合・・・・
どれだけ鍛えているかによって勝負が分かれそうですね。
息子さんの試合良い結果が出ることをお祈りしております。
形の大会に応援にこられるのですか?
自分も今年北信越大会に出れるよう形の練習を行なっている最中です。今月の23日に形の福井県大会があるのでまずはそこで代表になれるよう頑張りたいです。
会場でお会いできるといいですね。

投稿: 赤ペン先生 | 2010年5月12日 (水) 12時48分

突然のコメント失礼します。
いつも楽しみに見させていただいてます。
また合同練習などでも、お世話になっているチームの一父兄です。
福井の大会の試合時間は何分だったのでしょうか?
もし3分だったならば、先生はどのような感想をお持ちになったのか気になってしまい思わずコメントしてしまいました。
次の記事の時にでも触れていただけたら嬉しいです。
勝手な内容ですいません。失礼いたします。

投稿: 素人父 | 2010年5月13日 (木) 23時31分

毎回楽しみに先生のブログを拝見させていただいてます。
なぜか試合の内容を見る前からドキドキしてしまいました。結果はあと一歩でしたが(個人的には挑戦者でい続けてるほうが楽しいかも) 画像を見るかぎり素人の自分から見た感じは最高です!寝技では何が何でも抑える気迫が感じ、
立ち技では下半身がしっかりしてますね(素人の感想ですいません)
子供もNさんの背負いの画像にはくいいって見てました
「立ったまま膝がピンと伸びてる」と目を輝かせて言ってました。
子供も試合が近いので良い刺激になったようです。これからもいろいろと参考にさせてください。ありがとうございました。

投稿: 他県のパパ | 2010年5月14日 (金) 11時34分

素人父さんコメントありがとうございます。
いつも見ていただいているとのこと誠にありがとうございます。
福井県では全国大会に合わせてこの学年別の試合は3分にて行いました。
この試合時間に関しては自分は良い部分と不安な部分があります。
また今回のルール改正で色々感じたところもありますので次の日記にでも綴らせていただきたいと思います。
合同練習等で一緒に練習していただいた事があるとのこと今後とも宜しくお願い致します。

投稿: 赤ペン先生 | 2010年5月14日 (金) 12時27分

他県のパパさんコメントありがとうございます。
いつも子供達に対して暖かいコメントをいただき本当にありがとうございます。
今回の試合は指導者として試合を見ていてとても熱くさせてくれる内容の試合を行なってくれたと感じています。残念ながら結果が出ませんでしたが、子供達は自分が思っている以上の頑張りを見せてくれたと思います。頑張っている子達なのでそろそろ結果を出さしてあげたいところですが、まだまだ指導者の力不足で子供達にはかわいそうな思いをさせている次第でありますcoldsweats01
子供さんの試合がせまっているとのこと。ケガに気をつけて、自分の力を出しきれる試合ができることをお祈りしております。
頑張ってください。

投稿: 赤ペン先生 | 2010年5月14日 (金) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/34613984

この記事へのトラックバック一覧です: 大会をおえて:

« 福井県柔道連盟公式ホームページ | トップページ | 新ルールで審判してみて »