« 講道館試合審判規定改正 | トップページ | 柔道ルネッサンス講習会 »

2010年3月27日 (土)

新チームの出発

卒業生を祝う会も終わり、今週から新チームでの練習がスタートした。

今年のチームはY雅をキャプテンとしどのような成長を見せてくれるのかとても楽しみである。

今日の練習では中学生と小学生・幼児達で道場がいっぱいになっていた。はじめの体操からとても元気がよく、今まで先輩達が作り上げた雰囲気をしっかり引き継ぎとてもよい練習が出来ていた。

最近では寝技の反復を幼児の子でも一生懸命できるようになってきた。幼児の子というのは発育の関係上落ち着きがなく団体行動をとることが難しいものなのであるが、各自の自由練習を行っていてもしっかり反復練習が出来るようになってきていた。本当にお利口さん達ばかりである。

高学年の子達も自然と声を出してきて、なかなか良い感じであった。その声だしを促したのは新キャプテン。マイペースなところがあり心配していましたが、キャプテンとしての自覚を持って練習に望んでいるようでした。ですが・・・・まだ動きのほうは今ひとつdowncoldsweats01
まだ自分の動きをコントロール出来ていないようです。これから皆が自然とついて行く魅力的なキャプテンになれるようたくさんの壁を乗り越えて行ってもらいたいです。

その後寝技の乱取りを行いましたが、お互い手の内を知っているからか、今ひとつ競り合った練習が出来ていませんでした。しかしそれでは理想の寝技にはほど遠い・・・・

相手が寝技を知らないから決まるといった寝技では限界があると思います。相手が警戒していても決まる本物の寝技を求めて練習してほしいです。そのためには相手の懐に潜り込む勇気が必要になってきます。相手の懐に潜り込みそこから返して押さえ込む勇気ある練習をしてもらいたいと思い、一度練習をストップさせ意識付けをしてから再度練習開始。多少は動きが変わってきました。特に3年生の子は最近とても良い練習が出来ています。決して上手いわけではありませんが、いい意味で我武者羅で、どんどん相手の下にもぐりこんで行きます。そして自爆してしまいますが、そこから逃げる動きも全力で行っています。この練習が今後きっと力をつけることになっていくでしょう。自爆することを恐れて安全に攻めている練習よりもこのような危険を恐れないギリギリの攻めを展開する練習に最近非常に魅力を感じています。

寝技の練習の後は、打ち込みを行いその後元立ち練習を行いました。幼児の子達も元気いっぱい練習していました。幼児の練習は、投げたり投げられたりしながらも相手に元気よく飛び掛っているので見ていてもとても楽しい練習です。今日はいつも8時までの子も初めて9時までの長い練習に参加。最初は戸惑っていましたが最後のほうはガンガン練習していました。

立ち技のほうはまだまだ一本をとる投げ技が出来る子が少なく、技に入るところまでで力を使い果たしてしまっている子がほとんどです。技に入る前から力が入りすぎてしまっているのだと思います。一生懸命やっているのは伝わってくるのですが、大事なのは技に入ってからの出力。技力を磨いていってもらいたいです。そのためには潰れない気持ちと体力作り。

時間がかかることではありますがそのことを意識してがんばりたいです。

最後にトレーニングをして練習終了。

しかし、子供達は春休みに入っているので、10時までの一般練習に残ることを許可しています。今日もたくさんの子が練習に残っていました。この練習で一人の子が劇的に動きが変わりました。本当に何かスイッチが入ったようにガンガン攻める柔道を出来るようになっていました。少年柔道を見ていてときたまこのような変化を目にすることが出来ます。いったい何でこの『ヤル気スイッチ』が入ったのかは謎ですが、このような変化をどんどん起こして行きたいですねwink

さてこうして新チームになってからの一週間が過ぎようとしています。まだこれから前途多難ではありますが、魅力ある才能がちらほら見え隠れしてきています。この才能をどのように伸ばしていくことが出来るか・・・・・・

これからの新チームに期待したいです。

|

« 講道館試合審判規定改正 | トップページ | 柔道ルネッサンス講習会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/33949543

この記事へのトラックバック一覧です: 新チームの出発:

« 講道館試合審判規定改正 | トップページ | 柔道ルネッサンス講習会 »