« 丸岡町鏡開き | トップページ | 道場内連絡 »

2010年1月13日 (水)

挑戦する心を育てる

昨日の火曜日は、月曜日が祝日で練習が休みだった為練習日を設けた。

その練習での事、回転運動をしている時に、いつも後転が出来なかった幼児の子が、いつもより積極的に動いていた。いつもは、後転ができないため、高学年の手助けを待っていたのだが、この日は自分でなんとかやろうとする動きがあった。いつものように手助けをしようとしていた高学年の子を止め、自分の力でやらせてみると昨日初めて自分の力で後転ができるようになった。

1回出来るようになると不思議なもので、次から今まで出来なかった事がうそのように綺麗な後転が出来るようになっていた。

この出来事を非常に嬉しく見ていたのだが、このような事をみていて、子供達の指導について少し反省しなくてはいけないことがあった。

どうしても指導をしていて熱くなっていると、子供達が出来ない事に対して非常に厳しい言葉を浴びせてしまう。こちらが一生懸命になればなるほど厳しい言葉が自分の意識より先に出ているように思う。
しかし子供の成長というものはその子その子でペースがあり、出来ない動きというのはどうしてもある。しかし、練習を続けることにより、ある日突然この幼児の子のように、今まで出来なかった事がうそのように出来るようになることがある。

自分は指導者として、できないことに直面している子に対して、前向きに出来ない事をできるようにしようと挑戦する気持ちを育てていかなくては行かないとその子の動きを見て改めて感じた。

もちろん、気持ちの浮き沈みやできるのにやらない場面では厳しく叱咤激励する必要があるとおもうが、出来ない事に直面している子のサポートが出来る指導を心がけて行きたい。

このような気持ちにさせてくれた、その幼児の子に感謝したいhappy01

|

« 丸岡町鏡開き | トップページ | 道場内連絡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

事情は多少違いますが、私も同じ様な思いをし、深く反省し、今後の指導に活かしたいと思っています。

投稿: ガツ | 2010年1月18日 (月) 08時47分

ガツ先生コメントありがとうございます。
どうしても指導に熱が入ってしまうと、ついつい言わなくてもいいことまで言ってしまいよく自己嫌悪に陥っていますcoldsweats01
出来ない事をできるようにしたいと思う心をしっかりと育てて行きたいですね。

投稿: 赤ペン | 2010年1月18日 (月) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187942/32969647

この記事へのトラックバック一覧です: 挑戦する心を育てる:

« 丸岡町鏡開き | トップページ | 道場内連絡 »